このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection

パンチング原理

Stanzprozess

パンチングは1ストロークでシートに穴を加工します。たとえば、丸穴のような単発穴加工や連続ストロークすることで複雑な形状を切断します。

パンチ加工機は紙用の穴開けパンチと同じ仕組みです。紙をパンチとサポート台にはさみ、パンチ先端をサポート台の穴に押し込むことで紙に穴を形成します。打ち抜かれたカスはスクラップボックスにたまります。

パンチ加工も全く同じです:
加工材料はパンチとダイの間に位置決めされます。パンチはダイ方向へ下降していき、最終的にダイの中へ挿入されます。被加工材はパンチとダイの刃先が交差することにより分断されます。

Vierstufiger Stanzprozess

さらに詳しくみると、パンチ工程は図のように4つのステップで構成されています。
パンチが材料に接触すると、まず材料は変形し、やがて材料上部のせん断が開始します。さらにパンチを押しこむと次にダイ形状に沿って材料下部のせん断が始まり、やがて内部応力が限界に達すると破断が起きます。
打ち抜かれたパンチカスは、ダイの内部に押し出されます。パンチを引き抜くとき、材料も同時に上方向に引き上げようとしますが、これはストリッパープレートで材料を抑えることでパンチから引き離されます。


パンチとダイのクリアランスが小さいほど切断面のせん断面比率が大きくなります。より高精度の穴にするには、はじめに予備穴(小さいサイズ)でプリパンチし、次に本加工を小さなクリアランスのダイで加工します。すると切断面のせん断部割合が100%近くにすることが可能となります。

お客様向け情報

Contact
販売 (工作機械)
Fax: +81 45-931-5714
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.