このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。

パンチング原理

Stanzprozess

パンチングは1ストロークでシートに穴を加工します。たとえば、丸穴のような単発穴加工や連続ストロークすることで複雑な形状を切断します。

パンチ加工機は紙用の穴開けパンチと同じ仕組みです。紙をパンチとサポート台にはさみ、パンチ先端をサポート台の穴に押し込むことで紙に穴を形成します。打ち抜かれたカスはスクラップボックスにたまります。

パンチ加工も全く同じです:
加工材料はパンチとダイの間に位置決めされます。パンチはダイ方向へ下降していき、最終的にダイの中へ挿入されます。被加工材はパンチとダイの刃先が交差することにより分断されます。

Vierstufiger Stanzprozess

さらに詳しくみると、パンチ工程は図のように4つのステップで構成されています。
パンチが材料に接触すると、まず材料は変形し、やがて材料上部のせん断が開始します。さらにパンチを押しこむと次にダイ形状に沿って材料下部のせん断が始まり、やがて内部応力が限界に達すると破断が起きます。
打ち抜かれたパンチカスは、ダイの内部に押し出されます。パンチを引き抜くとき、材料も同時に上方向に引き上げようとしますが、これはストリッパープレートで材料を抑えることでパンチから引き離されます。


パンチとダイのクリアランスが小さいほど切断面のせん断面比率が大きくなります。より高精度の穴にするには、はじめに予備穴(小さいサイズ)でプリパンチし、次に本加工を小さなクリアランスのダイで加工します。すると切断面のせん断部割合が100%近くにすることが可能となります。

Nibbler von TRUMPF

ニブリング

ニブリングはパンチをオーバーラップさせながら加工します。あらゆる形の穴や外形を加工することが可能です。
ニブリングは大きい丸穴や特殊な形状に使用されます。形状は数回のストロークで作られ、パンチとパンチの継ぎ目は少し残ります。
継ぎ目は切断面に指を滑らすことで感じることができます。
オーバーラップ量を増やすことで、切断の継ぎ目はより滑らかになります。但し、その場合より多くのストローク数でニブリング加工する必要があります。

お客様向け情報

Stanzen, Technologiebild
パンチングマシン

TRUMPFのパンチングマシンでは、様々なパーツのフレキシブルな加工、板金部品の成形、タッピングなどを全て一台の機械で実現します。

パンチレーザ複合加工機

パンチングとレーザ加工の長所を兼ね備えたTRUMPFのパンチレーザ複合加工機では、幅広い加工部品ラインナップの少量または大量生産が可能です。

Technologiebild-TRUMPF-Nibbler
ニブラー

コイル切断やコンテナ/タンク作業などの加工内容を問わず、TRUMPFのニブラーでは常に推力なしで作業可能であり、歪みも火花も生じません。

問い合わせ

販売 (工作機械)
Fax: +81 45-931-5714
Eメール
サービス & お問い合わせ