このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
レーザ溶接によるディファレンシャルギア
レーザ溶接によるディファレンシャルギア

プラズマ処理

プラズマの使用で実現する妥協のない純度

工業生産では、プラズマコーティングとプラズマエッチング以外の用途領域でもプラズマ技術が使用されています。そこでは加工品の表面が剥離又はコーティングされることはなく、変化されるにとどまります。 クリーニング:
以前金属加工では、HCFCで加工品の精密洗浄を行っていました。この方法の代わりに、プラズマで励起された気体の極めて高い反応性を表面クリーニングに使用することができます。例えば酸素を使用して、有機性残留物を完全に除去することができます。 表面活性化:
プラズマ処理では加工品の不活性表面を化学的に変化させて、特殊な下塗りなしで塗料が付着するようにすることができます。この方法は、プラスチック部品を様々な形に造形する上で特に重要になります。 プラズマ拡散浸透:
鋼製加工品の表面は多くの場合、硬化するか腐食防止処理を施さなければなりません。プラズマを使用すれば、これが窒化、表面硬化又は浸炭で簡単に実現します。

問い合わせ
Dr. Daniel Krausse
プラズマRF
Eメール
問い合わせ
Dr. Jan Peter Engelstädter
プラズマMF
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.