このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
Mikrobearbeitung mit TRUMPF Produkten

マイクロ加工

固体レーザによるストラクチャリングとアブレーションは長い間ほとんど知られていませんでした。しかしマイクロ加工というキーワードが流布し始めてから、このプロセスに対する関心は高まり続けています。なぜならば、レーザストラクチャリングとレーザアブレーションでは、製品の小領域と微小領域に加工が施されるからです。

プロセスを技術的に見ると、ストラクチャリングとアブレーションは極めて類似しています。極めて高いパルス出力を持つ短レーザパルスが高密度のエネルギーを生み出すため、材料はほぼ直接気化 (昇華) します。この工程では溶融物がごくわずかしか発生しません。レーザパルス毎に小さな窪みが発生します。この窪みの寸法は通常直径が数10マイクロメートルであり、深さはわずか数マイクロメートルです。

Mikrobearbeitung in der Photovoltaikbranche

ストラクチャリング

ストラクチャリングとは、表面に規則正しく配列された形状を形成して、表面の技術的特性を狙い通りに変えることを意味します。そのような構造の個々の要素のサイズは、多くの場合わずか数マイクロメートルです。

Lackabtrag mit Lasern der TruMicro Serie 7000

レーザアブレーション

アブレーションは多くの場合、ダイ/モールド製造、エレクトロニクスや半導体技術で使用されます。例えば射出成形用金型では、レーザによって生み出された3次元の細かい窪みの形状が、後で射出成形した際にプラスチック部品に反映されます。またレーザは抵抗のトリミングやマーキングなどで、薄い膜を選択的に剥離することもできます。

Laserbohren einer Leiterplatte mit einem Laser der TruMicro Serie 5000.

穴開け

穴開けにはパーカッション、トレパニング、螺旋という異なる方法があります。パーカッションでは定点にレーザの焦点を当て続けます。トレパニングでは複数回のレーザパルスで開始穴を開け、その後レーザの焦点をその穴の中で円状に移動させて穴を拡大します。螺旋穴開けでは、多数のレーザパルスが螺旋階段のように円状に移動しながら穴を開けていきます。

特殊アプリケーション

お客様向け情報

Contact

販売 (レーザ技術)
Fax: +81 45-931-7534
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan . Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.