このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。

積層造形

積層造形では粉末とレーザ光のみで部品を製造します。3Dモデルに基づいて、レーザは一層毎に部品を作り上げます。つまり積層造形は、これまでの工業生産で一般的であった削剥/成形プロセスとは大きく異なっています。積層造形へのパラダイムシフトには大きな期待がかかっています。なぜならば積層造形では金型なしで、従来のプロセスでは不可能であった形状が複雑な物体を作り出すことができるからです。ここでの大きな利点は形状を自由にデザインできることです。

積層造形の主要要素はレーザです。レーザは金属粉末を溶かして凝固させ、高品質な製品に仕上げます。金属の積層造形には、粉末床レーザ溶融 (レーザメタルフュージョン) とレーザ肉盛溶接 (レーザメタルデポジション) という異なる方法があります。粉末床レーザ溶融では、レーザが粉末から新しい製品を一層毎に作り上げます。この工法はこれまで特に試作品と唯一品の製造並びに少量生産でその威力を発揮してきました。レーザ肉盛溶接ではレーザによって部品表面に形成された溶融池に、粉末状の金属補助材が継続的に供給されて溶かされます。こうして互いに溶接されたビードが形成されることで、既存の母材又は部品全体の表面に構造が築かれます。このプロセスはコーティングと修理にも使用可能です。

レーザメタルフュージョン (LMF)

粉末床レーザ溶融では、金属粉末を順々に溶かすことで部品を製造します。その設計図はCADモデルに基づいています。

Technologiebild generatives Laserauftragschweißen
レーザメタルデポジション (LMD)

レーザによって部品上に形成された溶融池に金属粉末が継続的に供給されて溶かされます。

 

お客様向け情報

3Dプリントシステム

粉末とレーザ光のみで部品を製造します。金属の積層造形における当社製品をぜひお試しください。

TruLaser Cell 3000, Einzigartig universell
TruLaser Cell 3000

コンパクトで極めて高精度の5軸レーザ加工機TruLaser Cell 3000を使用して、2次元/3次元のカッティングと溶接を行うことができます。

TruLaser Cell Series 7000, Immer optimal ausgerüstet
TruLaser Cell 7000シリーズ

モジュール式のレーザ装置TruLaser Cell 7000シリーズは、2次元/3次元の部品又はパイプを自由自在に加工したいとお考えの方に理想的です。

問い合わせ

販売 (レーザ技術)
Fax: +81 45-931-7534
Eメール
サービス & お問い合わせ