このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

積層造形法としてのLMD

レーザ肉盛溶接は英語のレーザメタルデポジション (略称LMD)、ダイレクトエナジーデポジション又はレーザクラッディングという名称でも知られています。このプロセスを簡単に説明すると、まずはレーザによって部品表面に溶融池が形成されます。そしてノズルを通して金属粉末が自動的に供給されます。互いに溶接されたビードが形成されることで、既存の母材又は部品全体の表面に構造が築かれます。

レーザー肉盛溶接技術のイメージ

レーザ肉盛溶接の利点

積層造形法としてのレーザ肉盛溶接では、修理用のレーザ肉盛溶接から得られた長年の経験を活用することができます。他の積層造形法と比較して造形速度が速いため、プロセス速度が高まります。このプロセスでは複数のパウダーコンテナを有効にできるため、必要に応じて独自の合金を開発することが可能です。複数の異なる材料を組み合わせることで、サンドイッチ構造が出来上がります。粉末状の材料を幅広い種類の中から選択することができ、それには鋼、ニッケル (Ni) / コバルト (Co) / アルミニウム (Al) / 銅 (Cu) / チタン (Ti) からなる基本合金、金属製ダイに埋め込まれた炭化タングステンや炭化チタンなどが含まれます。粉体レーザ肉盛溶接は航空産業、エネルギー、石油化学、自動車や医療技術などの分野で使用されています。

Mittels Auftragschweißen erstellte Förderschnecke.

使用領域

レーザ肉盛溶接はコーティングと修理、部品全体の製造並びにギャップのブリッジなどの接合プロセスに使用します。それ以外にも、積層造形分野での部品全体の製造や異なる製法の組み合わせに適しています。例えば従来の製法で鋳造又は成形された母材に積層造形を施して、多様なバリエーションを経済的に提供することができます。LMD技術はレーザ溶接/カッティングと組み合わせることも可能です。

製品

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.