このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

レーザメタルフュージョン (LMF)

頻繁に金属3Dプリント、パウダーベッドフュージョン又は選択的レーザ溶融とも呼ばれるレーザメタルフュージョンでは、レーザが粉末床から加工品を一層毎に作り上げます。その設計図はCADモデルに基づいており、金型は必要ありません。粉末が製造プラットフォームに敷き詰められ、レーザ光線が粉末をCADデータに従って正確に溶融し、指定された箇所をその下にある層と結合します。レーザはこの工程を金属部品が完成するまで何度も繰り返します。製品は粉末として使用された材料の特性を帯びます。鋼、アルミニウムやチタンなど、多くの種類の金属材料を粉末にして使用することができます。

Bauteilgenerierung mittels Laser Metal Fusion

粉末床レーザ溶融の利点

従来の製法を補完する工法としてのLMF技術には一連の利点があります。デザインの自由度の面で制限はほとんどありません。そのため、手間のかかる形状やカスタマイズした部品を迅速かつ自由自在に、しかも低費用で実現することができます。LMFは従来の製法では限界となっていた領域にソリューションを提供し、ロット数が極めて少ない場合でも経済的な生産を可能にします。

Turboradialgebläse mit TruPrint 3000 aufgebaut (LMF)

使用領域

このプロセスで製造される部品は、難度の高い加工作業での極めて高い材料要件を満たしています。安定性と軽量性が得られるこのプロセスは、航空産業、自動車製造や医療技術分野などで使用される軽量構造や生体的構造にとって特に有益です。

製品

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.