You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

アレクサンダー・シュティッヒの歩んだキャリア | TRUMPF
アレクサンダー・シュティッヒの歩んだキャリア

TRUMPF Lasersystems for Semiconductor Manufacturing社のメカトロニクスエンジニアであるアレクサンダー・シュティッヒは、同社の最もエキサイティングである同時に最もハードルの高い未来領域の一つで働いています。

現在22歳のアレクサンダー・シュティッヒは学校卒業後、ぜひとも技術系に進んで、機械を器用に扱う能力を更に伸ばしたいと考えていました。そのため進路探しはすぐに終わり、「TRUMPFでメカトロニクスエンジニアの職業訓練を受ける」ことを決断しました。そして職業訓練後の2017年に、TRUMPF Lasersystems for Semiconductor Manufacturing (TLSM) 社に社員として採用されました。彼のDNAには顧客志向の行動が既に受け継がれており、それは課題がいかに困難であっても変わることはありません。次の目標として、機械工学技術者の資格を取得して、これまでより重い責任を担うことを目指しています。TRUMPFはアレクサンダー・シュティッヒのこの目標を、休職期間の付与と再雇用の保証という形で支援しています。

Karrieregeschichte Alexander Stich

チップ産業の未来形成に参画

アレクサンダー・シュティッヒはメカトロニクスエンジニアとして、未来型半導体の露光に使用される高出力レーザーシステムのコンポーネント取付けと調整に従事しています。その際には、インダストリー4.0の一環として社内の他部門とネットワークで結ばれているデジタルパーツリストと図面に従って作業しています。上司からは、必要な品質をいつでも提供することができると信頼されています。「コンポーネントの進捗状況を日々観察することができ、完璧な機能性に対して個人的に責任を負っていることを誇りに思っています」とアレクサンダー・シュティッヒは述べています。そして、会社側から大きな信頼が寄せられていることは、お客様の社内見学や新入社員研修を任されている点にも現れている、続けています。

アレクサンダー・シュティッヒの歩んだキャリア

非日常的な職場

「お客様に最高品質を保証できるように、当社では清潔と精度を極めて重視しています」とアレクサンダー・シュティッヒは語っています。いわゆるクリーンルームで、頭の天辺から足の爪先まで特殊な保護服を身にまとって、マスクを着用して作業することについては、 最初は戸惑ったが、すぐに慣れたと話しています。そして「クリーンルームとその条件なしでは仕事がしたくないと思うようになりました」と述べ、クリーンルームでは、注意を要する作業中に外部から気をそらされることや邪魔されることが最小限に抑えられると付け加えています。そして、生産性の向上に著しく貢献している、とのことです。

Karrieregeschichte Alexander Stich

課題に向き合って成長

アレクサンダー・シュティッヒは、どのメカトロニクスエンジニアも時間の経過とともに経験を積んで、注意すべき点が分かるようになると考えています。「時間が経つにつれて、とても大きな自信がつくようになりました。発生した問題はチームとして解決しています。そこでは、誰が問題を引き起こしたかは関係ありません。チームメンバー全員がお互いをカバーし合っています。」アレクサンダー・シュティッヒはこう述べ、協力しなければ、高い品質を一定に保てる解決策を見つけることはできないと続けています。それは複数のチームをまたぐ場合でも同様であり、お客様に適した最高の解決策を素早く簡単に見つけるには、多くの状況において、特に開発部門との密接な関係が有益であると締め括っています。

当社をご紹介します

問い合わせ
TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ