国/地域/言語選択
積層造形法としてのLMD

レーザ粉体肉盛り(Laser Metal Deposition)

最も汎用性の高いプロセスです:修理、コーティング、継目、3Dプリンターを実現。 –  - それも1つのプロセスで。

高速レーザ粉体肉盛り(HS-LMD)– もっと速く

短時間での表面コーティング - 非常に薄く効率的ながら、非常に高品質です。

レーザ粉体肉盛り– 様々な用途に使えるプロセス

レーザ粉体肉盛り は、金属 と金属セラミックの混合物の生成的な製造方法です。これで3D形状を 作成 あるいは 修正 できます。Auch 修理 あるいは コーティング も、この製造方法ではレーザで可能です。例えば、航空宇宙産業では、タービンブレードの修理に3Dプリンターが使われています。ツールや金型製造では、破損したり摩耗したエッジや形成機能面を修理したり、局所的な装甲を施したりします。エネルギー技術や石油化学産業では、摩耗や腐食から保護するために、ベアリング箇所、ローラー、油圧コンポーネントがコーティングされます。3Dプリンターは、自動車産業でも使用されています。ここでは、コンポーネントが大量に精製されます。

TRUMPFのお客様にとっての利点は、レーザとレーザ装置の幅広いラインナップです。当社には、レーザ技術における多くのアプリケーションに対して、長年にわたるプロセスノウハウとサービスがあります。3Dプリンターを、レーザ溶接/切断と組み合わせることも可能です。

レーザ粉体肉盛りは、国際的には多くの場合「レーザメタルデポジション」、略してLMDと呼ばれています。また、「ダイレクトメタルデポジション」(DMD) または「ダイレクトエナジーデポジション」(DED) または「Laser Cladding」と呼ばれることもあります。

レーザ肉盛溶接の利点とはなにか?

他の方法より高い造形速度

レーザ粉体肉盛りで、粗目で非常に繊細な構造を作り出すことができます。その際 3Dプリンターの他のメソッドに比べて、高い構造比率が得られます。

材料の多様性

プロセスでは、いくつかの粉末が同時に搬送され供給されます。これにより、独自の合金の開発や材料の切り替えが可能です。この方法で、サンドイッチ構造ができます。

フレキシビリティー

3Dパーツと不均等な表面で構造を簡単にオーダーできます。形状の変更も簡単に実施できます。

簡単な素材変更

レーザ肉盛溶接では、単一の作業プロセス内で複数の異なる素材間の切替を容易に行うことができます。

従来の工法

レーザ粉体肉盛りは、航空宇宙産業などで、ツールやコンポーネントの修理に使用されています。また、腐食防止や摩耗防止のための薄い層の塗布にも使用されています。

革新的な

巧みな技術により、最高速度は毎分数百メートルにまで達することができます。高速レーザ粉体肉盛りは、ブレーキディスクのコーティングなどで強みを発揮します。

様々なLMD用途におけるレーザ装置の違いはなにか?

レーザ粉体肉盛りと高速レーザ粉体肉盛りは、どのように機能するのか?

当社のお客様を感激されているのが何なのか、みていきましょう

"TRUMPFには、レーザーを自社開発しているため、レーザー媒質の取扱い方法を把握しているという明確な利点があります。それに加えて、自社機械に対して極めて高い要求水準を設定している同社は、当社にとって金属3Dプリントにおける完璧なパートナーです。"

クリストフ・ハウク
toolcraft社技術・販売担当取締役

レーザ粉体肉盛りは何に適しているのか?

稼働中のレーザ粉体肉盛りと高速レーザ粉体肉盛り

レーザ粉体肉盛りに適した製品とは何か?

お客様向け情報

問い合わせ
ご相談窓口(レーザ事業部)
Fax 045-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ