国/地域/言語選択

誘導コイルを接続プレートに溶接

このユースケースは、グリーンレーザ光による積層造形コンポーネントの溶接可能性を示しています。TRUMPFは「すべてをワンストップサービスで」提供しています。それは、グリーンレーザ装置はTruPrintマシンに接続できるからこそです。このサンプル部品は、溶接による接続のほか、グリーンレーザを使えばどんな表面でも最小限の加熱で造形し、高い再現性を発揮できることを示しています。浮上コイルを使えば、金属体を電磁界で浮上させ、溶かすことができます。   部品をシームレスに積層造形することにより、継目やはんだ付けした箇所を減らし、内部冷却回路からの漏れを防ぎます。板厚や造形に関する複雑な形状の要求にも対応します。


非常に高い再現性
加熱は最小限

当社の積層造形のエキスパートにお問い合わせください。

製品を積層造形で製造したいとお考えですか。あるいは、積層造形で得られるコスト削減やメリットについての詳細情報をお求めですか?でしたらぜひ、当社にお問い合わせください。当社エキスパートとのアポイントにて個別相談を承ります。

お問い合わせ先へ

サンプル部品の仕様情報

重量: 200 g

製造時間:  4.7時間 (TruPrint 1000 Green Editionを使った積層造形)

層数: 1883 à 30 µm

材料: 純銅

グリーンレーザを使えば、積層造形された銅製コンポーネントを従来の銅製部品にスパッターの発生を抑えて高い再現性で溶接可能です。これにより、3D機能パーツの分割やシステム環境への統合といった生産面の新たな設計可能性を広げられます。

博士 (Dr.) ギュンター・アンブロ―シー
TRUMPF Laser- und Systemtechnik

製品に関する詳細情報

TruPrint 5000 Green Edition

TruPrint 5000 Green Editionは、銅や貴金属といった反射材を加工するために使用する4x8仕様の積層造形システムです。これにより、3D プリンタは、大型部品や、パワーエレクトロニクス・オプトエレクトロニクス向けのような要求の厳しい冷却アプリケーション用コンポーネントまたは誘導コイルを積層造形製造する新たな方法を切り拓いています。

製品へ
サービス & お問い合わせ