このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
Werkzeug- und Formbau

ダイ/モールド製造

TRUMPFレーザはダイを精密に製造するだけでなく、その耐久性及び修理時の効率性も保証します。

TRUMPFはダイ/モールド製造において高く評価されており、未来志向の技術の先駆として知られています。例えば多くのメーカーがその顧客に耐久性を持ちシャープであると同時に低コストの最終製品を提供するため、多目的なレーザ用途に大きな価値を置いています。

製造

Lasergeschnittene Küchenmessen

2D/3Dレーザ切断機は異なる板厚をダイナミックかつ生産的にカッティングするため、工業用途及び園芸/家庭用のカッターの製造において将来投資となります。これは大量生産を柔軟にし、かつ委託製業者にとっても利点をもたらします。生成的なレーザ肉盛溶接 (レーザメタルポジション) を利用して、刃をコーティングしたり3D生成することができます。またレーザによる材料の切削もダイ/モールド製造ではよく使用されます。短パルスレーザ或いは超短パルスレーザでは、例えば射出成形金型の立体的で細かな凹部を作り、その形状を後の射出成形時にプラスチック部品に型取りすることができます。

修理

Reperatur von Werkzeugen mittels Laserauftragschweißen

レーザ肉盛溶接 (LMD) はこの分野のあらゆる場面、例えば射出成形金型の修理等、材料が摩耗や損傷により失われている場合に使用されます。その他にも、LMDで材料を表面に塗布して金型のデザインを適合させ、その変更された金型パーツが新しい形状で製造できるようにすることも可能です。この方法であれば、新しいダイやモールドを調達する場合と比較して、大幅にコストを抑えることができます。

機能膜

Funktionelle Beschichtung mittels additiver Fertigung

金型は常に高負荷に耐えなければなりません。TRUMPF HüttingerのDCジェネレータは、プラズマ利用のコーティング中に、適切なガス混合物の制御及び安定したプロセスを確保します。レーザ肉盛溶接で同様に、改良された機械的性質を持つ機能層を作ることができます。それによりダイ及びモールド用に安価な材料を使うことが可能になります。また金属粉末が刃先に溶接される粉体肉盛溶接は「カッター」製造の新標準となります。それにより極めて長寿命で永続的に鋭利な刃を得ることができます。

サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.