医療技術

医療技術

極めて精密でカスタマイズ可能: TRUMPFは最新の医療技術製品を可能にします。

レーザは多種多様なアプリケーションに使用でき、特別な性質を持っているため、医療技術製品の切断、溶接及びマーキングに理想的なツールである上、業界の高い要求を満たしています。インプラント、注射針や手術用器具などの精緻な部品ではどれにおいても、精密なレーザ加工と耐摩耗性を高めるハードコーティングが不可欠です。医療技術製品メーカーは、すでに何十年も前からTRUMPFの信頼性、専門知識と世界中のサービスネットワークに信頼を寄せています。

医療装置と手術用器具

レーザは文字通り外科手術並みの精度で医療装置と手術用器具を完全に非接触で加工します。そのためこのツールは、カテーテルや注射針の迅速な無菌製造に最適です。レーザ加工された表面に、衛生に悪影響を及ぼしかねない刻み目、ロール、バリや溝が発生することはありません。エンドスコープなどでシームをレーザ溶接した場合、その表面は滑らかで気泡がなく、母材と同様の生体適合性を有します。TRUMPF Hüttingerのパワーエレクトロニクスにより可能になる誘導加熱式はんだ付け、鍛造や加熱などの従来型のプロセスも、医療業界で使用されています。

インプラント

積層造形で個人に合わせて製造されたチタン製頭蓋骨インプラント

患者に合わせてカスタマイズする必要があるプロテーゼまたはインプラントは、TRUMPFレーザでフレキシブルに製造することができます。3Dプリントを使って例えば金属粉末から層状構造を持つ歯科用インプラントが作成されます。その際にインプラントの表面まで硬く堅牢になるよう、当分野ではTRUMPF Hüttingerの直流ジェネレータの安定したプロセスに頼ることになります。他にも電子ペースメーカーのような熱に敏感なインプラントをレーザ溶接を使って確実に閉じることができます。導入されたエネルギーをパルスレーザーで正確に制御することができるため、ペースメーカーが過剰に加熱されることなく密着した溶接シームを作ることができます。

医療製品のUDIに適合したマーキング

UDIコードを付けた医療器具、TRUMPFレーザーによるブラックマーキング

医療機器は明確なトレーサビリティを持つUDIコード (Unique Device Identification) でラベル付けされなければなりません。この目的のためTRUMPFは適合するマーキングレーザだけでなくソフトウェアソリューションも提供しています。これは製品データから正しいコードを生成して、それをインプラント上にマーキングし、最後にそのコードを品質チェックとして読み戻します。このステップは柔軟なインタフェースを介して顧客の生産チェーンに直接組み込まれます。また洗浄サイクルが頻繁であることから、レーザマーキングは腐食耐性における特別な要件を有します。極めて短いパルスを有するTRUMPFマーキングレーザは、金属部品のマーキングを可能にし、これはコントラストが強いため判読が容易なだけでなく、冷間加工プロセスによりこれまで得られなかったような腐食耐性を持ちます。

問い合わせ
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection
Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.