このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。

UDI準拠のラベル

位置について。用意。UDI。

米国で製造された、あるいは米国に輸出された医療製品は、明確なトレーサビリティを持つUDIコード (UDI = Unique Device Identification) でラベル付けされなければならなくなりました。EU及びその他の国においても今後数年間のうちに同様の規定が実施されることになっています。医療製品のラベル付けのためにTRUMPFは、正しいマーキングレーザだけでなく、製品データから適切なUDIコードを作成しそれを製品上に印字するソフトウェアソリューションも提供しています。

Mit Black Marking aufgebrachter UDI-Code

TRUMPFはあらゆるマーキング作業に正しいソリューションを提供

当社のマーキングレーザで、ステンレススチールからアルミニウム及びプラスチック、そして有機材料まで、ほぼすべての材料に印字することができます。またTRUMPFマーキングレーザは医療技術産業においても、高耐性・高品質のマークが確実に付けられなければならない場面で、長年使用されています。今回、TRUMPFマーキングレーザポートフォリオにTruMicro Mark 2000が追加されました。この超短パルスレーザで付けられたマークは、ステンレススチール上でも完璧な腐食耐性を持ち、若干の洗浄サイクルにも耐えることができます。

Mit Blackmarking beschriftetes medizinisches Instrument

ソフトウェアとマーキングレーザを一手に提供

医療製品のトレーサビリティを確実にするため、マークにはGS1、HIBC、そしてISBT 128といった三つの異なる規格が認定されています。TRUMPFではカスタマイズ可能なソフトウェアソリューションを提供しており、それを使ってお客様はご自分の会社及び製品のデータから正しいUDIコードを作成し、医療製品に付けることができます。データアシスタントからお客様の手元のデータの状態、そしてこれがどのUDI規格に変換されるべきかを定義します。オプションで、これらのデータをスキャンまたはデータベース接続を介してマーキングソフトウェアに転送し、印字されたコードを画像処理ソリューションで再度読み取り、データを書き戻すことが可能です。

問い合わせ

サービス & お問い合わせ