このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
Photovoltaic
Photovoltaic

太陽光発電

将来の持続可能な発電用のTRUMPFの効率的なソリューション。

過去数年、太陽エネルギーは設置された設備の出力で見ると、再生可能エネルギーの中で最大の伸び率を示しました。イニシアチブ「RE100」のもとに世界中の有力企業が結集して、再生可能エネルギーによる電力の需要と供給を100 %に高めることを目指しています。TRUMPFはこの未来志向の業界向けにカスタマイズしたソリューションを提供し、ソーラーセルメーカーと設備メーカーのために新たな可能性を拓いてます。TRUMPFレーザはソーラーモジュール上のセル構造を決定して相互接続し、膜を剥がして、モジュールの絶縁耐力を必要なレベルに引き上げています。TRUMPF Hüttingerは業界のリーダーとして、ソーラーセルのコーティングでの安定した精密なプロセス電力供給を実現しています。

エネルギー変換

Randentschichten und Kantenisolation von Dünnschichtsolarmodulen

薄膜ソーラーモジュールを外部要因から保護するために、短パルス/超短パルスレーザは縁の膜構造を約1センチメートルの幅にわたって除去し、フィルムでラミネート加工して覆います。結晶ソーラーセルの不動態膜を選択的に剥離する場合でも、レーザは卓越した性能を示します。レーザ出力は簡単に拡張可能であるため、生産での処理能力を高めることができ、高いビーム品質と超短パルスによりソーラーセルの効率が向上します。TRUMPFレーザは例えばシリコンの穴開けにおいて、非接触式に素早く機械的負荷なく作動するため、ソーラーセルの出力率を向上させることができます。

エネルギー貯蔵

Energiespeicherung in Batteriesysteme

ソーラー設備による発電は変動するため、蓄電システムを使用する必要があります。蓄電システムを電力網に接続するために、TRUMPF Hüttingerでは革新的な双方向インバータを開発・供給しています。このインバータによりバッテリーシステムの充電/放電が効率的に行われます。モジュール式アプローチを採用しているため、キロワットからメガワットに至るまで、様々な出力クラスの蓄電ソリューションに使用することができます。またTRUMPFレーザは電気接点の溶接にも使用されています。入熱は局所的に行われ、入熱量もわずかであるため、歪みのないシームが実現します。

コーティング

シリコンウェハー及び薄膜ソーラーセルの製造では、スパッタリングやプラズマ化学気相成長 (PECVD) などのプロセスを使用して、キャリア材料をコーティングします。成膜の品質が高まるに従って、最終的な効率も高まります。TRUMPF Hüttingerのハイテクジェネレータは、多種多様なソーラープラズマアプリケーション用に、極めて正確で安定したエネルギーを供給しています。太陽光発電市場特有の要件を満たすために、TRUMPF Hüttingerは幅広い範囲の出力と周波数を持つ全く新しいジェネレータ製品群を開発しました。その結果、TRUMPF Hüttingerの正確で安定したプロセス電力供給、アプリケーションサポートとサービスは、多数の著名なソーラー設備メーカーの信頼を獲得するに至っています。TRUMPF Hüttingerは無意味にソーラー分野の電力供給におけるマーケットリーダーとして認められているわけではありません。

問い合わせ

サービス & お問い合わせ