Photovoltaic

太陽光発電

将来の持続可能な発電用のTRUMPFの効率的なソリューション。

持続可能なエネルギー経済の実現に向け、太陽エネルギーは特に重要となります。過去数年、太陽エネルギーは再生可能エネルギーの中で最大の伸び率を示し、またその潜在的可能性にはまだ発掘の余地があります。TRUMPFはこの未来志向の業界向けにカスタマイズしたソリューションを提供し、ソーラーセルメーカーと設備メーカーのために新たな可能性を拓いてます。TRUMPFレーザはソーラーモジュール上のセル構造を決定して相互接続し、膜を剥がして、モジュールの絶縁耐力を必要なレベルに引き上げています。TRUMPF Hüttingerは業界のリーダーとして、ソーラーセルのコーティングでの安定した精密なプロセス電力供給を実現しています。

エネルギー変換

Randentschichten und Kantenisolation von Dünnschichtsolarmodulen

薄膜ソーラーモジュールを外部要因から保護するために、短パルス/超短パルスレーザはソーラーセルの縁の膜構造を約1センチメートルの幅にわたって除去し、その後フィルムでラミネート加工して覆うことができるようにします。結晶ソーラーセルの不動態膜を選択的に剥離したり、シリコンの正確な穴あけをする場合でも、レーザは卓越した性能を示します。本レーザは変換効率を向上させ、高い性能を実現します。

エネルギー貯蔵

Energiespeicherung in Batteriesysteme

ソーラー設備による発電は変動するため、蓄電システムを使用する必要があります。蓄電システムを電力網に接続するために、TRUMPF Hüttingerでは革新的な双方向インバータを開発・供給しています。このインバータによりバッテリーシステムの充電/放電が効率的に行われます。モジュール式アプローチを採用しているため、キロワットからメガワットに至るまで、様々な出力クラスの蓄電ソリューションに使用することができます。またTRUMPFレーザは電気接点の溶接にも使用されています。入熱は局所的に行われ、入熱量もわずかであるため、歪みのないシームが実現します。

コーティング

シリコンウェハ及び薄膜ソーラーセルの製造では、被膜層の品質が特に重要となります。被膜層の品質が良ければ、その分だけ最終的なモジュールの効率が向上することになります。TRUMPF Hüttingerのハイテクジェネレータは、太陽電池分野のコーティングプロセスでエネルギー入力を正確に制御することで、膜質の向上に重要な貢献を果たします。有名な設備メーカーが、ソーラー分野におけるジェネレータの市場リーダーによる正確で安定したプロセス電力供給に信頼を寄せています。

問い合わせ
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection
Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.