You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

学術界 | TRUMPF
学術界におけるTRUMPFの存在

学術界

TRUMPFはレーザ及びパワーエレクトロニクスの分野での研究のためのパートナーです。

高性能ディスクレーザから超短パルスレーザ、そしてレーザ切断機まで、TRUMPFレーザは世界中の大学及び研究機関において、基礎研究から応用研究にいたるプロジェクトで使用されています。またTRUMPF Hüttingerはレドックスフロー電池メーカーのパートナーであり、未来を担う分野であるエネルギー貯蔵の開発において学術界との提携を行っています。

材料加工の研究

材料加工の研究

TRUMPFのレーザ及びレーザ装置は、科学研究機関において特に工業向けの材料加工のための新プロセス開発に使用されています。TRUMPFレーザは一連の基礎研究のベースとなっています。例えばドイツで最も高所にある研究所、ツークシュピッツェ山のシュネーフェルンハウス環境調査ステーションでは、当社のレーザが天気・気候研究のための大気測定に使用されています。

高エネルギー超短パルスレーザ

科学用レーザー技術のイメージ

ミュンヘンにある子会社のTRUMPF Scientific Lasersでは、最高のパルスエネルギーを持つ学術用途の超短パルスレーザを開発・製造しています。この特殊レーザは例えば光パルスをアト秒の単位で生成するために使用されます。これはアト秒物理学において電子運動などの素過程を測定するために応用されます。

学術界向けの積層造形

積層造形での用途に合わせてTRUMPFエキスパートが行う個別のアプリケーションコンサルティング

TRUMPFは積層造形システム分野での先駆者であり、レーザーメタルフュージョン (粉末床レーザー溶融) とレーザーメタルデポジション (レーザー肉盛溶接) という2種類のレーザー工法を産業利用に適したレベルで提供しています。研究分野において、積層造形法は新種の加工品構造並びに高品質素材の開発と実現に最適であり、ビルドスペースサイズが変更可能であるため生産量が極めて少ない場合にも対応可能です。これに関してTRUMPF積層造形システムでは、高精度で焦点直径が小さく、確実な粉末ハンドリングと素早い材料交換が可能なことが極めて大きな魅力です。当社のアプリケーションエキスパートは、材料パラメータの開発に関して研究機関や研究プロジェクトを定期的に支援しています。TruPrintシステムでは、プロセス/材料認定も簡単に実現可能です。総じて見ると、TRUMPFは売上高に対して相当な割合の金額を基礎研究と新工法開発に投資しています。当社は世界初の企業として、2018年にレーザーメタルフュージョンアプリケーションで、純粋な銅及び貴金属から成る形状が効率的に高品質で積層造形可能なグリーンレーザーを発表しました。これは当社の研究者にとって画期的な出来事でした。

プラズマ物理学とプラズマ技術に関する研究

広い面積に及ぶコーティングに理想的

TRUMPF Hüttingerは、研究開発領域での多数のプラズマ用途に適した電力供給装置の開発と製造に特化しています。数多くの基礎研究領域並びに実用に近い開発の両方に適し、工業界で実証済みの電力供給装置が、直流/高周波励起用にVHF領域に至るまで用意されています。

将来のエネルギー市場

TRUMPF Hüttingerはフラウンホーファー研究所と共同で、太陽エネルギーシステム (ISE) のための、いわゆるレドックスフロー電池を製造するための双方向コンバータを開発しています。このモジュールは、電池のために電源の交流電流を直流電流に、そしてまたその逆方向に変換します。レドックスフロー電池はリチウムイオン電池に代わる有望な代替であり、再生可能なエネルギー源からのエネルギー供給を担う未来の蓄電技術と見なされています。

問い合わせ
サービス & お問い合わせ