このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
Automobilindustrie

自動車業界

TRUMPF製品により、業界のあらゆる領域で全く新しい製造方法が可能になります。

TRUMPFにとって、自動車製造は将来的に非常に有望な領域の一つです。この領域での技術革新は急ピッチで進んでいるため、当社にとっても技術と組織の両面で対応することは急務です。ボディやドライブトレーンの材料の多様性に加えて、勢力を増している車両の電動化が、多数の新しいアプリケーションが生まれている重要な分野です。予備開発での最初のアイディアからプロセスに適した部品設計、プロセス開発そして生産設備の構築に至るまで、TRUMPFは自動車業界のユーザーをパートナーとして支援しています。当社は幅広い業界知識を活用して、自動車メーカーとサプライヤーが新技術を理解し、自社製品の開発を促進できるようサポートしています。TRUMPFの電気ツールは、工作機械とレーザ技術を使用した大量生産以外でも、修理、チューニングやカスタマイズなどで重要な役割を果たしています。

エレクトロモビリティ

Nahtschweißen an einer Handybatterie

当社のレーザはエレクトロモビリティ領域で活動しているお客様のもとで、生産性と品質が高い製造方法の実現に貢献しています。レーザ加工は極めて省スペースであるため、熱による悪影響をごくわずかに抑えながら電気モータなどのコンパクトな構造を容易に実現することができます。また革新的な光学ユニット、新しい波長とプロセスにより、銅材料をわずかなスパッタで、場合によってはスパッタなしで溶接することが可能になります。最高のビーム品質を誇るハイエンドレーザシステムは、伝導性金属 (アルミニウム、銅、ニッケル) での新しい接合形状/溶接を実現します。センサーの精密加工やバッテリー用の伝導性金属の溶接なども、TRUMPFのレーザを使用すれば簡単に行うことができます。

軽量構造

Leichtbau eines Montagewinkels generiert mit einer TruPrint 1000

TRUMPFのレーザを使用することで、軽量構造素材の加工において全く新しい可能性が生み出されます。アルミニウムから高張力鋼、そして繊維強化素材に至るまで、軽量構造設計に使用されるあらゆる素材を成形することが可能になります。自動車業界のユーザーは、複数の異なる材料からなるハイブリッド部品をレーザで接合しています。従来は溶接の際に、追加素材を使用する必要がありました。また優れたレーザリモート技術により、フランジ幅を効果的に狭めることが可能になります。その結果、部品の小型化、軽量化と費用削減を達成できます。

ドライブトレーン

Lasergeschweißte Doppelkupplungseinheit

ドライブトレーンの生産では、特殊要件と冶金特性に関するTRUMPFの豊富な技術的ノウハウが業界に利益をもたらしています。お客様のアプリケーションの実現に際して、当社では広範囲に及ぶインテグレータネットワークと多数の参照事例に基づく専門知識を活用しています。TRUMPFは接合プロセスを継続的に開発して最適化することにより、お客様の部品品質の向上と不良品の削減に貢献しています。さらに、当社は将来どのような材料が普及し、それがお客様にどのようなチャンスとリスクをもたらすのかを常に見守っています。ドライブトレーン用製品の結合は、接合技術の限界に近い高難度であることが少なくありません。そのため業界の代表者は、信頼性の高いTRUMPFポートフォリオを頼りにしています。

インテリア

Verfärbung von Werkstücken mit der TruMark Serie 6000

インテリアでは、レーザを使用して個々の部品をカスタマイズすることができ、ディーラーでの購入時に直接処理することも可能です。TRUMPF製品はプラスチックからレザー、そしてガラスに至るまで、インテリアのほぼ全ての材質の加工に対応しており、デザイナーは極めて自由にデザインすることができるため、お客様にとっては本物の付加価値となります。マーキングの他にも、レザーのパーフォレーション、部品の隠し接合や装飾カバーの製造などに使用できます。また当社のレーザでは規定破断箇所も作成可能であるため、例えば計器盤へのエアバッグを取り付けるためにレザーカバーに罫書きすることができます。ドライバーが後でそれに気づくことはありません。

ボディ

Laserschneiden von verzinktem Stahlblech

TRUMPFではボディ製造のプロセスチェーン全体に沿ってソリューションを提供しています。当社製品により板金の裁断、テーラードブランクの製造、膜の剥離や部品の溶接とはんだ付けを行うことが可能です。TRUMPFはプロセス開発だけでなく、部品/コンポーネント開発でもお客様のパートナーとして、新しい設計の実現や製造に向けた部品の最適化を行っています。例えば新しいアルミニウム合金に適した接合方法が必要であれば、お客様と共同で開発します。なお、ここでは「高度な加工光学ヘッド」の重要性が日増しに高まっています。これには加工用の高度なパス計画、最適なプロセスガイド、センサー並びに機械のネットワーク化が含まれます。板金切断用のTRUMPF電気ツールに加えて、ボディ製造ではパワーファスナーも使用されます。このツールは表面品質、環境への優しさ (エミッションフリープロセス) と低い運転コストという決定的な長所を有しています。

誘導加熱加工

Induktive Wärmebehandlung in der Automobilbranche

ユーザーは誘導加熱加工により、溶接しにくい材料の予熱や熱間成形部品の局所的な軟化などを行うことができます。TRUMPF製品の利点は、高い出力密度によるコンパクトな電力供給です。またこの技術は既存の製造ラインに容易に統合することができます。TRUMPF Hüttingerの誘導電力供給の魅力は、効率が高く、必要な冷却水量が少なく、様々なアプリケーションに極めて柔軟に対応できるところにあります。

ガラスコーティング

自動車の様々なガラスは革新的なプラズマ技術の賜物です。材料の成膜と剥離を的確に行って初めて、ナノメートルレベルの薄い膜が必要条件であるハイテク製品が実現します。しかしプラズマジェネレータなしにプラズマ技術は成立しません。TRUMPF Hüttingerの直流/中周波ジェネレータでは、幅広い範囲の出力と周波数が提供されており、プラズマの確実な点火と安定した燃焼が保証されます。新世代の中周波装置により、自動車業界のユーザーは事業費を削減し、生産性を向上させることができます。

ハードコーティング

Hard Coating mit TRUMPF Hüttinger Plasmageneratoren

自動車業界の部品は常に比較的高い負荷に耐える必要があります。現在では機能膜により、この要件をほぼ完全に満たせるようになりました。機能膜を施すことで、製品の縁の硬度と固着摩擦が向上します。また熱/化学的安定性も高まります。一般的なコーティング方法はスパッタリング、プラズマ拡散とHIPIMSです。プラズマベースのプロセスの大きな利点は、場合によっては500 ℃を下回る低いコーティング温度です。このため、熱に弱い合金のコーティングも可能になります。TRUMPF Hüttingerの直流ジェネレータは、このプロセスにおいて適切な混合気の制御を担当し、確実で安定したプロセスを保証します。

問い合わせ

サービス & お問い合わせ