このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
Luft- und Raumfahrt Visual
Luft- und Raumfahrt Visual

航空宇宙産業

積層造形による部品の製造又は修理

TRUMPFは世界中の航空宇宙産業で好評を博しています。特に当社のレーザは様々な使用領域において、タービン/コンプレッサブレードやブリスクなどの部品の修理や製造で求められる高い品質要件を満たしています。3Dプリントシステムの精度と柔軟性はこれらの加工作業に打って付けであり、この業界での将来の製造に大きな影響を及ぼします。TRUMPFは積層造形にとって重要なあらゆるレーザ技術を一手に提供している世界で唯一のメーカーであり、粉体レーザ肉盛溶接 (レーザメタルデポジション) と粉末床レーザ溶融 (レーザメタルフュージョン) に対応しています。

部品の修理/製造

Laserauftragschweißen in der Luft- und Raumfahrt

航空宇宙産業に属するユーザーは、ブリスク (統合回転翼) やコンプレッサ/タービンブレードを修理して、費用を90 %以上削減しています。損傷した部品を新たに購入する代わりに、レーザ肉盛溶接 (LMD) によって新部品を精密に製造しています。様々なハウジングなどのその他の高価な部品も、この製法で形状調整、修理又は製造することができます。この製法ではレーザが溶融池を部品の表面に形成させ、供給された金属粉末を希望の形状に溶かします。また当社のレーザは、航空宇宙産業での切断、溶接、マーキング、穴開け並びに表面の構造加工にも使用されています。

電磁誘導検査と誘導加熱加工

Induktive Materialprüfung und Wärmebehandlung

航空宇宙産業では電磁誘導により、タービンブレードなどの重要な部品の非破壊検査を行っています。同業界のユーザーは誘導加熱により、アルミニウムパイプを簡単に成形することができます。また誘導加熱加工は、ボルトなどによる接合技術でも使用されています。TRUMPF製品がこの業界のユーザーにもたらす利点は、高い出力密度によるコンパクトな電力供給です。またこの技術は既存の製造ラインに容易に統合することができます。TRUMPF Hüttingerの誘導電力供給の魅力は、効率が高く、必要な冷却水量が少なく、様々なアプリケーションに極めて柔軟に対応できるところにあります。

サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.