You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

レーザクリーニング | TRUMPF
このレーザーを使ったレーザークリーニング

レーザクリーニング

清潔で、平らな表面 – これは溶接と接着の正しい取り付けおよび長期耐性を得るための基本条件です。しかしながら、部品は継ぎ作業の前にしばしば汚れていたり、酸化していたり、保護層が取り付けられていたりしています。そこでこのレーザーが役に立ちます: 非接触式ツールによって部品の汚れや酸化皮膜、機能皮膜をわずか数秒で取り除きます。さらに、例えば溶接箇所や保護層が必要ない場所のみにレーザーを当てることができます。機能の仕組み: 高いパルスピーク出力によるパルスが、部品に影響を与えることなく極めて薄い層を蒸発させます。そして溶接などの次のプロセスに迅速、スムーズに移行し、完全に計画を再現することができます。接続部はより清潔になり、寿命が延びます。さらに、データをインタフェースを介して転送するだけなので、光を使用した継ぎ作業の準備をスムーズに工場生産のラインに統合することができます。

レーザクリーニングの利点

非常に素材にやさしい

サンドブラストなどのレーザークリーニングの代替では、部品の表面を損傷させるおそれがあるのに対し、レーザーは非接触で残滓が出ません。

精密さと再現性

このレーザーでは、機能皮膜を精密にミリ単位で切削することができ、正確に再現することができます。

低コストで清潔

レーザークリーニングでは、購入や廃棄にお金がかかる追加の噴射剤や洗剤が不要です。取り除いた層は直接吸引されます。

高い加工速度

代替のクリーニング方法と比べ、レーザーは加工速度が速く、サイクル時間も短く済みます。

非研磨性

レーザークリーニングの機能原理

レーザクリーニングのアプリケーションスケッチ

レーザーを使った表面の清掃には、マーキングレーザーや超短パルスレーザーが使用されます。
機能原理は常に同じです。

  • フォーカスをあわせたレーザ光線がパルスごとに、継ぎ作業を妨げる汚れや酸化皮膜、機能皮膜を取り除きます。
  • 非常に高いパルスピーク出力を使い、レーザーで望ましくない層を非接触で非常にやさしく蒸発させます。
  • 清掃時に薄い層 (5 µm 塗装など) を残す CO2 レーザーと比べて、固体レーザーは表面をよりピンポイントで加工することができます。加工品の表面は適切な温度を使用することでレーザーパルスの影響を受けず、歪み、材料損傷や変質を起こしません。
  • 取り除いた物質は、オプションで装置に統合できるバキュームシステムで簡単に直接吸引することができます。
  • さらにレーザパラメータを的確に設定することで、レーザで部品表面に良好な接着、耐久性や形状を保つ接続を作ることができ、部品マーク (追跡のためのコードなど) を取り付けることができます。

レーザークリーニングの導入事例

レーザクリーニングに適したレーザ