You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

レーザストリッピング | TRUMPF

レーザストリッピング

清潔な表面 – 溶接と接着の正しい取付け及び長期耐性を得るための基本条件 しかしながら、部品は継ぎ作業の前にしばしば塗装層や機能層が取り付けられたりしています。そこでレーザが役に立ちます。非接触式ツールでは、部品の汚れ、酸化層や機能層が瞬時に取り除かれます。さらに、例えば溶接箇所や保護層が必要ない場所のみにレーザーを当てることができます。機能の仕組み: 高いパルスピーク出力によるパルスが、部品に影響を与えることなく極めて薄い層を蒸発させます。そして溶接などの次のプロセスに迅速、スムーズに移行し、完全に計画を再現することができます。接続部はより清潔になり、寿命が延びます。さらに、データをインタフェースを介して転送するだけなので、光を使用した継ぎ作業の準備をスムーズに工場生産のラインに統合することができます。TRUMPFでは、洗浄や塗装剥離用のレーザ機器をロボットシステムに簡単に統合するための特別なインテグレータパッケージを提供しています。

レーザストリッピングの利点とは?

環境にやさしい

レーザで層を剥がす際、購入や廃棄にお金がかかる追加の噴射剤や化学物質は不要です。

再現性と精密さ

レーザにより、マイクロメートル単位で正確な制御された層の剥離が可能となり、再現性が高く、高精度を実現します。

非接触方式

機械ツールの摩耗が発生しないレーザストリッピングは、摩耗がほとんどない技術の一例です。

材料にやさしい

サンドブラストなどの代替方法では、部品の表面を損傷させるおそれがあるのに対し、レーザは損傷させることなく絶対に残滓が出ません。

レーザストリッピングの仕組み

レーザストリッピングアプリケーションのプロセス概要

レーザストリッピング又はレーザアブレーションとは、レーザ光線 (通常はパルス) を用いて表面の機能層を選択的に除去するプロセスです。吸収体は、レーザエネルギーによって加熱され、気化または昇華されます。 

透明な材料は固体状態でアブレーションされます。幾何学的に定義された領域は、後続のプロセス (溶接、接着、ネジ止め、焼結、接触など) で利用できます。 

  1. レーザ光線が加工品の表面に当たります。&

  2. レーザー光線により吸収体が加熱されます。 

  3. コーティングは、急激な蒸発、昇華、アブレーションによって除去されます。 

  4. プロセス製品はバキュームシステムによって取り出されます。 

レーザストリッピングの代表的なアプリケーション

アプリケーション例

ロボットシステムの洗浄及び塗装剥離

洗浄や塗装剥離用のレーザ機器をロボットシステムに簡単に統合することができます。

バッテリーパック生産

バッテリーセルと電子機器を保護するカバープレート: バッテリーシステムの持続的で高性能な機能を保証するために、外部からの影響を遮断する必要があります。確実なシーリングと電気的接地を保証するために、表面を洗浄した上で、塗料を除去します。

TruPulse nanoによるレーザ塗装剥離

当社では、レーザ塗装剥離に適したレーザを多数ご用意しています。例えばTruPulse nanoはその一つです。

レーザストリッピングに最適なレーザ