You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

3Dプリントとアモルファス金属の夢の競演 | TRUMPF

この機械では連続生産においてもアモルファス印刷が可能

まさに夢の競演: 3Dプリントとアモルファス金属。TRUMPFのTruPrintシステムと、Heraeus AMLOY社の高純度で特別に最適化された粉体の夢の競演です。TruPrint 1000と2000は、特にアモルファス金属印刷に適しています。 小さなビーム径で最高の表面品質を実現します。これにより、アプリケーションの後処理が簡単になり、又は不要な場合さえあります。余った粉体は、次のビルドプロセスのために、不活性ガス下で「不活性」に処理することができます。これにより、金属ガラスと急速に反応する酸素などの有害な影響から材料を保護します。ビーム径55 µmのレーザは、小さな溶融槽を形成します。熱は素早く放散され、毎秒200ケルビンの臨界冷却速度が維持されます。これにより金属は結晶化できなくなります。TruPrint 2000では、2つの300 Wレーザでもビルドスペース全体を並行して露光することができます。従ってアモルファス部品を高品質かつ生産的に連続生産することができます。さらに、コンディションモニタリング、パウダーベッドモニタリング、メルトプールモニタリングにより、プロセスの不具合を早期に検知することができます。完璧に調和されたこの夢の競演をぜひご堪能下さい。

エキスパートにお尋ね下さい: 材料専門家クリスティアン・シャウアーがお答えします

クリスチャン・シャウアーが、新しい材料グループである金属ガラスとそのユニークな特性及びアプリケーションをご紹介します。

お客様向け情報

サービス & お問い合わせ