You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

当社のお客様Swiss m4m Centerのサクセスストーリー | TRUMPF

仕組みを知る - 3Dプリンタによる効率的な製造

Swiss m4m Centerは、医療用アプリケーション向けの積層造形センターであり、部品設計のサポートからパイロット生産まで、プロセスのノウハウの全てを認証された環境でバンドルしています。 この技術移転センターは、課題の一つとして、医療技術業界のお客様の3D技術への参入を容易にしています。Swiss m4m Centerは、積層造形法に関するトレーニング、教育、継続教育の可能性に重点を置き、積層造形法を用いた医療技術製品の製造のために、完全な製造プロセスをお客様に提供しています。経営責任者であるニコラス・ブドゥバン氏を中心に結成されたチームは、自社の専門知識だけに頼っているのではありません: 産業・科学分野の45社のパートナーが、医療技術の機器やインプラントの3Dプリントに関するあらゆるテーマ領域を形成しています。 そのうちの一社がTRUMPFです。Swiss m4m Centerに設置し、認定されたTruPrint 2000は、複雑な部品であっても3Dプリントを使っていかに便利に、柔軟かつ迅速に製造できるかをお客様に分かりやすく示しています。 

Swiss m4m Center

www.swissm4m.ch

スイスのベットラッハにあるSwiss m4m Centerは、医療アプリケーション向けの積層造形センターです。同時に、同社は技術移転センターとして、医療技術業界のお客様の積層造形への参入を容易にしています。 2020年の終わりに、経済・教育・研究の連邦政府機関 (SERI) は、Swiss m4m Centerを「国家的に重要な研究機関」と位置づけました。  

業界

医療技術

従業員数

6

事業拠点

ベットラッハ (スイス)

さらに表示
TRUMPF製品
  • TruPrint 2000 工業用部品/粉末マネジメント TruMark
アプリケーション
  • 積層造形 レーザマーキング

課題

2019年、スイスのMedTech業界は約180億スイスフラン相当の製品とサービスを販売しました。積層造形は、国内の約1,400社の企業に大きなチャンスをもたらしています。 しかし、多くの人が依然としてこの技術への参入にはリスクがあると考えています: 機械への高い投資コストや、すでに部品設計時に再考し、どの部品が3Dプリントで効率的に製造できるかを認識できる有資格の従業員への投資コストが足かせとなっています。Swiss m4m Centerは、課題の一つとして、3Dプリントに関するあらゆるトピックをお客様に紹介しています。 また、経営責任者であるニコラス・ブドゥバン氏を中心に結成されたチームは、積層造形を使用した医療技術製品の製造のために、個別に設定された完全なプロセスを提供しています。 

ユーザーは、3Dプリンタに加えて、経済的な運用に必要な専門知識と、迅速でクオリティの高い生産スタートの確実性を必要としています。

ニコラス・ブドゥバン
ニコラス・ブドゥバン、Swiss m4m Centerの経営責任者

解決策

Swiss m4m Centerでは、積層造形に関するトレーニングや継続教育の機会に加えて、非常に実用的な適用例を紹介しています。同社は、そのためにTruPrint 2000にも投資しています。 Swiss m4m Centerでは、ISO 13485準拠の認定された生産環境で、ステンレススチール1.4542 / 17-4PH製の部品をこのマシンで製造しています。 ニコラス・ブドゥバン氏は言います。「この機械は非常にフレキシブルです。これにより、単一部品でも、少量から中規模生産でも、経済的にプリントすることができます。」TruPrint 2000のビルドスペースは比較的広いため、200 x 200 mmのビルド容積が可能です。ビーム径55マイクロメートルの300 Wファイバレーザは、複雑で精緻な部品であっても優れたプリント結果と表面品質を保証します。 TruPrint 2000では、マルチレーザオプションにより生産性を拡大することができます。フルフィールドマルチレーザは、300 Wのファイバレーザを2体装備し、ビルドスペース全体を同時に照射します。マルチレーザスキャンフィールドの相互の完全自動キャリブレーションにより、最高の精度を実現しています。 

実行

Swiss m4m Centerでは、医療用グリッパをデモンストレーション目的のために特別にデザインしました。精緻で複雑な構造及び形状は、お客様に3Dプリンタが持つ可能性を示しています。「TruPrint 2000は、ステンレススチール1.4542/17-4PH製の手術器具を数時間以内に7回プリントしました」とブドゥバン氏は語り、続けて説明します。「この例は、積層造形法を使っていかに簡単にプロトタイプ製造ができるかをお客様に示しています。しかし、TruPrint 2000は、少量生産の特別製品を迅速かつ経済的に生産できる可能性も提供しています。」機械操作が簡単で部品や粉末処理が容易であることから、この装置は、彼にとって理想的なエントリーモデルです。「TruPrint 2000は、ユーザーに過度な負担をかけることはありませんが、容量の限界にすぐに達することのないように、十分な可能性を提供しています。」

展望

Swiss m4mのサービスには大きな関心が寄せられています。また、ニコラス・ブドゥバン氏は自信を持って語っています。「MedTech業界における3Dプリントの可能性は大きく、この技術の導入を検討している企業はますます増えています。当社はスタート支援を行います。機械メーカーは、どのアプリケーションにどのパラメータを選択しなければならないか、またレーザがどのようにコンポーネントを制御する必要があるかを一番よく知っています。TRUMPFは、このノウハウを当社や当社のお客様と共有してくれようとしています。これは、当社がお客様に納得していただく交渉をしていく上で、一つの大切な前提条件です。」 

当社製品に関する詳細情報