You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

歯科 | TRUMPF

歯科技術分野での3Dプリント

明るい未来をプリント

インプラント支持の補綴物は、歯科業界で世界的に急速に成長している分野です。そのため歯科技工所にとっては、生産性の高い3Dを使用してこの将来性ある分野に参入し、業界におけるコスト競争力をつけることが、ますます急務となります。このページでは、金属3Dプリントを活用した将来のビジネスにおける利点についての概要をご紹介します。また、具体的にどのような3Dプリンタ、ソフトウェアソリューション、およびサービスを利用すればよいのかを知ることができます。

歯科用の金属3Dプリントとは何であって、それにはどのようなプロセスがあるのでしょうか?

鋳造、切削、3Dプリントまで、金属加工の発展の歴史は歯科技術にも反映されています。かつて鋳造法で作られていた金属製補綴物は、今日では3Dプリンタで作られています。このプロセスは切削技術よりもより安価かつ高速です。歯科業界では、補綴物の積層造形のためにさまざまな金属3Dプリントプロセスが使用されています。レーザメタルフュージョン (LMF) では、レーザが粉末から層状に新しい加工品を作り上げます。このプロセスは選択的レーザ溶融方式 (SLM) またはパウダーベッドフュージョン方式 (PBD) と呼ばれ、例えばインプラント支持の補綴物の高精度製造などに使用されます。総じてこのプロセスでは、多数の個別の形状を簡単に加工することができます。またポンティックの分離やカッター半径の補正も不要です。その利点は、重要なオブジェクト領域でより多くのスペースを確保できることです。また樹脂製のラミネートベニアやアンダーカットのリテンションも問題なく加工できます。

歯科用金属3Dプリントの利点は何ですか?

ハイブリッドなプロセスチェーンにより、より速く、より安く、新しい歯科用技工物が可能になります。積層造形への投資は、歯科技工所に多くのメリットをもたらします。

個別の補綴物を連続生産

レーザメタルフュージョン (LMF) では、多くの個別の形状を簡単かつ生産的に加工することができます。マルチレーザやマルチプレートなどの機能により、個々の歯科用コンポーネントの生産的な製造が保証されます。

成功への近道

歯科用3Dプリンタでは、従来の方法や切削技術よりもはるかに高速で補綴物を製作することができます。しかも金属3Dプリントは、生産面で多くの利点があるだけでなく、作業準備の面でもデジタルプロセスチェーンにより高速化されます。そのため歯科技工士は、リアルタイムで歯科技工所に送信されるデジタルデータレコードを用いて作業することができます。デジタル化された鋳造では、石膏模型やシリコン印象材が不要になります。

様々な補綴物に対応

歯科用3Dプリントを使用すれば、多数の歯科用技工物を、材料を節約しながら精密に作成することができます。TruPrint装置をミリングマシンにデジタル接続することで、インプラント支持のクラウンやブリッジ、テレスコープクラウン、二次部材といった技工物を、ハイブリッドなプロセスでコスト効率よく製作できます。ここでも、個々のシングルアバットメントをチタンやコバルトクロム製の特殊なベース部品(プリフォーム)に直接プリントする利点が発揮されます。

少ない材料でより高い品質

3Dプリンタは実際に必要な分だけの金属粉末を処理するため、ユーザーは材料とコストを節約することができます。同時に、コバルトクロムのような材料を持続可能な方法で使用することで、環境にも配慮します。余った粉体はプリント後に簡単に再利用できます。 3Dプリンタでは、コーナーやエッジといった複雑な形状を、場所をとらず最適に加工することができます。その結果、歯科技工士は完成パーツの品質を大幅に向上させることができます。

ハイブリッドなプロセスによるでコスト効率の高い製造

オープンインターフェースを採用しているため、既存のCAD/CAMプロセスチェーンに3Dプリンタを最適に組み込むことができます。歯科技工所は、システム全体を変更する必要はありません。このハイブリッドワークフローには、加工時間の短縮、コストの削減といった利点があります。

歯科用金属3Dプリントに関するQ&A

1つのビルドプレート (Ø 100 mm) にいくつの歯科用部品が収まりますか?

形状にもよりますが、標準プレート(直径約100 mm)で最大100個のクラウンを収めることができます。

クラウンやブリッジがフルに付けられたビルドプレート (Ø 100 mm) をプリントするには、どのくらい時間がかかりますか?

クラウンが100個程度付いたビルドプレートであれば、ダブルレーザを使って約3時間でプリントできます。シングルレーザでは約5時間かかります。

どういったアプリケーションを金属3Dプリンタで実現できますか?

積層造形が可能なのは、クラウン、ブリッジ、バー、上部構造のほか、シングルアバットメント、テレスコープクラウン、一次および二次部材、歯科矯正部品、キャストクラスプ、部分床義歯などのすべてのインプラント支持用オブジェクトです。

補綴物の3Dプリントに使われる材料は何ですか?

コバルトクロムやチタンは、3Dプリンタで簡単に加工できます。一般的には、オープンシステムアーキテクチャにより、使用される材料に制限はありません。また多くの粉体に対応したプラグアンドプレイソリューションにより、簡単かつ迅速に作業を開始することができます。

ラボに3Dプリンタを設置するには、どのくらいのスペースが必要ですか?

3Dプリンタは、非常に簡単に歯科技工所に設置でき、標準サイズのドアを通してエレベーターにも乗せることができます。圧縮空気は不要で、通常の電気 (230V) で動作します。マシンの重量は650 kを含む)です。

3Dプリンタの動作にはガス接続が必要ですか?

TruPrint 1000とTruPrint 2000はガスボンベで動作します。

ハイブリッドワークフロー

ハイブリッドワークフロー:歯科生産を未来に向けて装備する

歯科技工で自動化された連続生産を実現するためには、ミリングマシンとの接続が重要になります。

詳しくはこちら

ハイブリッドワークフロー:歯科補綴物の製造を未来に向けて準備

補綴物がますます自動的に大量生産される傾向は明確です。したがって、できるだけ多くの部品を高品質かつ競争力のある形で生産するため、一貫してデジタル化されたワークフロー、そして3Dプリントと切削技術のインテリジェントな組み合わせが、歯科技工所にとってますます重要になっています。このハイブリッドプロセスチェーンは、オープンなITインターフェースとパートナーとの協力関係を基盤としており、これにより生産時間の短縮とコストの削減という2つの大きなメリットが得られます。

デジタルプロセスチェーンに統合

歯科技工で自動化された大量生産を実現するためには、ミリングマシンとのデジタル接続が重要になります。この目的のため、当社エキスパートは積層造形システムのITインターフェースを拡張しました。ハイブリッドワークフローにより、インプラント支持の補綴物やテレスコープ部品をプリントした後に、それを切削技術で再加工することが可能になりました。高精度の仕上がりにより、インプラントや補綴物を確実にねじ込むことができます。

ハイブリッドワークフローの実際の様子

積層造形の未来を拓くマシン

TruPrint 1000とTruPrint 2000

TRUMPFの積層造形システムTruPrint 1000およびTruPrint 2000を使用すれば、生産性を向上させ、材料を節約しながら、様々な歯科用補綴物を高精度でプリントすることができます。

詳しくはこちら

TruPrint装置とマルチレーザのオプションでワンランク上を目指す

マルチレーザ機能が搭載されたTruPrint 1000とTruPrint 2000は、金属製の歯科用部品のための最も生産性の高い3Dプリンタです。それによりTRUMPFの3Dプリンタでは、従来の加工プロセスやミリングマシンよりはるかに効率的に生産することができます。しかしそれだけではありません。さらなるハイライトに、両方のマシンをミリングユニットに接続できることが挙げられてます。これにより歯科用3Dプリンタの応用範囲が大幅に広がります。

これらがTRUMPFの3Dプリンタの利点です。

歯科医療における適用例

TruPrint 1000で組み立てた歯科製品

義歯床

積層造形が持つ多くのメリットは歯科業界にももたらされています。生体適合材料を使用して、あらゆる複雑な形状を一層毎に極めて精密に記録的な速度で造形することができます。図の基板プレート上のユニットは、約1,200の層を重ねて約3時間で製造されました。

TruPrint 2000でプリントした部分床義歯 (RPD)

局部床義歯 (RPD)

TruPrint 2000ではレーザのビーム径がわずか55 µmであるため、歯科技工で重要となる極めて高い表面品質と細部の精度が得られます。また表面粗度が小さいため、手作業による後処理の時間も節約できます。

TruPrint 1000で製造した部分床義歯

部分床義歯

積層造形では、部分床義歯の精緻な構造を、TruPrint 1000で極めて高い設計自由度で製造することができます。

プリフォーム上の個別のシングルアバットメント

1つのプリフォームに最大64個のカスタマイズ型シングルアバットメントをプリントして、プレートから簡単に取り出すことができます。その際、患者固有の部分のみがプリントされます。

お客様向け情報

問い合わせ
ダウンロード
サービス & お問い合わせ