You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

ハイブリッドワークフロー | TRUMPF

ハイブリッドワークフロー:歯科補綴物の製造を未来に向けて準備

補綴物がますます自動的に大量生産される傾向は明確です。したがって、できるだけ多くの部品を高品質かつ競争力のある形で生産するため、一貫してデジタル化されたワークフロー、そして3Dプリントと切削技術のインテリジェントな組み合わせが、歯科技工所にとってますます重要になっています。このハイブリッドプロセスチェーンは、オープンなITインターフェースとパートナーとの協力関係を基盤としており、これにより生産時間の短縮とコストの削減という2つの大きなメリットが得られます。

デジタルプロセスチェーンに統合

歯科技工で自動化された大量生産を実現するためには、ミリングマシンとのデジタル接続が重要になります。この目的のため、当社エキスパートは積層造形システムのITインターフェースを拡張しました。ハイブリッドワークフローにより、インプラント支持の補綴物やテレスコープ部品をプリントした後に、それを切削技術で再加工することが可能になりました。高精度の仕上がりにより、インプラントや補綴物を確実にねじ込むことができます。

ハイブリッドワークフローの実際の様子

積層造形の未来を拓くマシン

TruPrint 1000とTruPrint 2000

TRUMPFの積層造形システムTruPrint 1000およびTruPrint 2000を使用すれば、生産性を向上させ、材料を節約しながら、様々な歯科用補綴物を高精度でプリントすることができます。

詳しくはこちら
サービス & お問い合わせ