You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

歯科技術分野における金属3Dプリンタ | TRUMPF

歯科用の金属3Dプリントとは何であって、それにはどのようなプロセスがあるのでしょうか?

鋳造、切削、3Dプリントまで、金属加工の発展の歴史は歯科技術にも反映されています。かつて鋳造法で作られていた金属製補綴物は、今日では3Dプリンタで作られています。このプロセスは切削技術よりもより安価かつ高速です。歯科業界では、補綴物の積層造形のためにさまざまな金属3Dプリントプロセスが使用されています。レーザメタルフュージョン (LMF) では、レーザが粉末から層状に新しい加工品を作り上げます。このプロセスは選択的レーザ溶融方式 (SLM) またはパウダーベッドフュージョン方式 (PBD) と呼ばれ、例えばインプラント支持の補綴物の高精度製造などに使用されます。総じてこのプロセスでは、多数の個別の形状を簡単に加工することができます。またポンティックの分離やカッター半径の補正も不要です。その利点は、重要なオブジェクト領域でより多くのスペースを確保できることです。また樹脂製のラミネートベニアやアンダーカットのリテンションも問題なく加工できます。

歯科用金属3Dプリントの利点は何ですか?

ハイブリッドなプロセスチェーンにより、より速く、より安く、新しい歯科用技工物が可能になります。積層造形への投資は、歯科技工所に多くのメリットをもたらします。

個別の補綴物を連続生産

レーザメタルフュージョン (LMF) では、多くの個別の形状を簡単かつ生産的に加工することができます。マルチレーザやマルチプレートなどの機能により、個々の歯科用コンポーネントの生産的な製造が保証されます。

成功への近道

歯科用3Dプリンタでは、従来の方法や切削技術よりもはるかに高速で補綴物を製作することができます。しかも金属3Dプリントは、生産面で多くの利点があるだけでなく、作業準備の面でもデジタルプロセスチェーンにより高速化されます。そのため歯科技工士は、リアルタイムで歯科技工所に送信されるデジタルデータレコードを用いて作業することができます。デジタル化された鋳造では、石膏模型やシリコン印象材が不要になります。

様々な補綴物に対応

歯科用3Dプリントを使用すれば、多数の歯科用技工物を、材料を節約しながら精密に作成することができます。TruPrint装置をミリングマシンにデジタル接続することで、インプラント支持のクラウンやブリッジ、テレスコープクラウン、二次部材といった技工物を、ハイブリッドなプロセスでコスト効率よく製作できます。ここでも、個々のシングルアバットメントをチタンやコバルトクロム製の特殊なベース部品(プリフォーム)に直接プリントする利点が発揮されます。

少ない材料でより高い品質

3Dプリンタは実際に必要な分だけの金属粉末を処理するため、ユーザーは材料とコストを節約することができます。同時に、コバルトクロムのような材料を持続可能な方法で使用することで、環境にも配慮します。余った粉体はプリント後に簡単に再利用できます。 3Dプリンタでは、コーナーやエッジといった複雑な形状を、場所をとらず最適に加工することができます。その結果、歯科技工士は完成パーツの品質を大幅に向上させることができます。

ハイブリッドなプロセスによるでコスト効率の高い製造

オープンインターフェースを採用しているため、既存のCAD/CAMプロセスチェーンに3Dプリンタを最適に組み込むことができます。歯科技工所は、システム全体を変更する必要はありません。このハイブリッドワークフローには、加工時間の短縮、コストの削減といった利点があります。

歯科用金属3Dプリントに関するQ&A

1つのビルドプレート (Ø 100 mm) にいくつの歯科用部品が収まりますか?

形状にもよりますが、標準プレート(直径約100 mm)で最大100個のクラウンを収めることができます。

クラウンやブリッジがフルに付けられたビルドプレート (Ø 100 mm) をプリントするには、どのくらい時間がかかりますか?

クラウンが100個程度付いたビルドプレートであれば、ダブルレーザを使って約3時間でプリントできます。シングルレーザでは約5時間かかります。

どういったアプリケーションを金属3Dプリンタで実現できますか?

積層造形が可能なのは、クラウン、ブリッジ、バー、上部構造のほか、シングルアバットメント、テレスコープクラウン、一次および二次部材、歯科矯正部品、キャストクラスプ、部分床義歯などのすべてのインプラント支持用オブジェクトです。

補綴物の3Dプリントに使われる材料は何ですか?

コバルトクロムやチタンは、3Dプリンタで簡単に加工できます。一般的には、オープンシステムアーキテクチャにより、使用される材料に制限はありません。また多くの粉体に対応したプラグアンドプレイソリューションにより、簡単かつ迅速に作業を開始することができます。

ラボに3Dプリンタを設置するには、どのくらいのスペースが必要ですか?

3Dプリンタは、非常に簡単に歯科技工所に設置でき、標準サイズのドアを通してエレベーターにも乗せることができます。圧縮空気は不要で、通常の電気 (230V) で動作します。マシンの重量は650 kを含む)です。

3Dプリンタの動作にはガス接続が必要ですか?

TruPrint 1000とTruPrint 2000はガスボンベで動作します。

ハイブリッドワークフロー

ハイブリッドワークフロー:歯科生産を未来に向けて装備する

歯科技工で自動化された連続生産を実現するためには、ミリングマシンとの接続が重要になります。

詳しくはこちら
サービス & お問い合わせ