You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

歯科用3Dプリントのためのマシン | TRUMPF

TruPrint装置とマルチレーザのオプションでワンランク上を目指す

マルチレーザ機能が搭載されたTruPrint 1000とTruPrint 2000は、金属製の歯科用部品のための最も生産性の高い3Dプリンタです。それによりTRUMPFの3Dプリンタでは、従来の加工プロセスやミリングマシンよりはるかに効率的に生産することができます。しかしそれだけではありません。さらなるハイライトに、両方のマシンをミリングユニットに接続できることが挙げられてます。これにより歯科用3Dプリンタの応用範囲が大幅に広がります。

これらがTRUMPFの3Dプリンタの利点です。

歯科医療における適用例

TruPrint 1000で組み立てた歯科製品

義歯床

積層造形が持つ多くのメリットは歯科業界にももたらされています。生体適合材料を使用して、あらゆる複雑な形状を一層毎に極めて精密に記録的な速度で造形することができます。図の基板プレート上のユニットは、約1,200の層を重ねて約3時間で製造されました。

TruPrint 2000でプリントした部分床義歯 (RPD)

局部床義歯 (RPD)

TruPrint 2000ではレーザのビーム径がわずか55 µmであるため、歯科技工で重要となる極めて高い表面品質と細部の精度が得られます。また表面粗度が小さいため、手作業による後処理の時間も節約できます。

TruPrint 1000で製造した部分床義歯

部分床義歯

積層造形では、部分床義歯の精緻な構造を、TruPrint 1000で極めて高い設計自由度で製造することができます。

プリフォーム上の個別のシングルアバットメント

1つのプリフォームに最大64個のカスタマイズ型シングルアバットメントをプリントして、プレートから簡単に取り出すことができます。その際、患者固有の部分のみがプリントされます。

お客様向け情報

サービス & お問い合わせ