You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Eモビリティ分野のパワートレイン / Eドライブのレーザー溶接 | TRUMPF
TRUMPF powertrain application stator

エレクトロモビリティ向けの駆動部品のレーザー溶接

ドライブの中心となるコンポーネントの一つは電気モーターです。このために、高度に統合されたスケーラブルな当社の銅溶接プロセスは、すでに業界標準となっており、接点の品質に決定的な役割を果たし、出来得る限りの最大の航続距離を実現しています。 電化ドライブは、トルクがほぼ即座に利用できるという利点がありますが、これには駆動コンポーネントが高度な動的要件に耐えられることも必要になります。このような理由から、高強度材料のレーザー加工は、製造において絶対不可欠です。 TRUMPFは、あらゆる駆動コンポーネントに考案されたアプリケーションについてお客様からのご相談をお受けし、具体的なアプリケーション事例を精査しています。当社のレーザーは、大量生産であっても、そのために必要な精度と生産性を提供しています。ディファレンシャル、ヘアピン、導体棒、ローターシャフト、ギアホイール、ステータ、またはそのハウジングなど、どのようなコンポーネントであっても、レーザー加工で、電気ドライブのよりコンパクトな設計が可能になります。

コンサルティングをリクエスト

パワートレイン分野のアプリケーション

高強度鋼の加工


従来のドライブと比べて、電化されたパワートレインは、非常に異なる運転条件にさらされています。こうして、Eドライブの高いトルクにより、直接の負荷がかかり、部品にストレスを与えることになります。レーザーを使用して初めて、ひび割れに強い継ぎ目の高強度鋼の溶接が可能になります。この際、変調レーザー溶接により、全く新しいアプリケーション分野が切り開かれ、さらなる軽量構造の可能性を高めることが可能になります。

銅ヘアピン溶接

ヘアピン溶接の準備として、当社のお客様はTRUMPFの短パルスレーザーを使用して、絶縁塗膜を剥離しています。その際、塗膜の下にある銅が損傷することはありません。しかもこの工法では、機械的な塗膜剥離プロセスの場合よりも正確な仕上がりが得られ、ヘアピンの溶接では、正確な継目と最高の品質が高度なセンサーによって保証されます。レーザー溶接プロセスは再現性が高いため、当社のお客様の製造現場では、一定して強度が高く、優れた電気伝導率を有する接合部が大量生産で実現しています。

ディファレンシャルギアの接合

TRUMPFレーザーは、クラウンギアが付いた差動装置のハウジングを、安全かつ柔軟に非接触で溶接しています。そこでは、軽量構造を目的としたハイブリッド素材結合が可能です。その中で最も広く普及しているのは、鋳鉄と肌焼鋼の組み合わせです。また、レーザーによる高精度接合技術は、ディファレンシャルギアの運転時の騒音の大幅な低減にも貢献しています。

レーザ硬化

TRUMPFレーザーは、高負荷部品を部分的に硬化することができます。従来の焼入れ (炉内など) に比べて、レーザーによる焼入れはエネルギー効率が非常に高いのが特徴です。レーザーによるエネルギー入力が局所的に制限されているため、部品全体の歪みがより少なくなります。これにより、不良品を減らし、生産を最適化します。

EHLAによるブレーキディスクのコーティング

新しいEHLAプロセス (超高速レーザー肉盛溶接) により、TRUMPFは定評のあるレーザー肉盛溶接を大幅に加速させます。こうして、ブレーキディスクなどの大面積部品を毎分250 cm²以上でコーティングすることも可能になります。このコーティングにより、粒子状物質の摩耗やブレーキディスクの消耗が低減されます。これにより、製品寿命が延びると同時に、ブレーキディスクを腐食から保護します。電気自動車ではブレーキの効きが悪く、ブレーキディスクのサビが発生しやすいため、このことは特に重要です。

パワートレイン向けのTRUMPFトータルソリューション

TRUMPFの利点の概要

パワートレイン分野の特定のアプリケーション向けにカスタマイズされた製品ポートフォリオ

電気鉄版の溶接でもアルミダイキャストの溶接でも、当社のTruDiskレーザーは、その高いビーム品質と独自のディスクレーザー特性により、ほぼ全てのパワートレインアプリケーションに極めて柔軟に使用することができます。再現性のあるプロセス結果と高いスループットタイムを実現します。TRUMPFのTruMicro短パルスレーザーと超短パルスレーザーは、ステータハウジングの密封面のレーザークリーニングにも使用されています。具体的なレーザー装置や特定のアプリケーションとはまったく関係なく、TRUMPFでは、コンサルティングから、アプリケーション開発、完全なレーザー設備、サービスに至るまで、常に単一のソースからすべてを提供しています。

レーザーに最適化された設計とプランニング

TRUMPFは、数え切れないほどのギアやEドライブのアプリケーションとプロジェクトから得たこれまでの豊富な経験を活かしています。そのため、すでに設計段階にある場合でも、既存の製品に対しても、レーザー適合設計と最適化の分野で、総合的なコンサルティングを提供します。また、正しい素材の選択、歪み、サイクルタイム、公差などのあらゆる製造固有の仕様を含めた完璧なプロセスの開発をサポートします。

技術革新を保証する企業TRUMPF

当社は、お客様のアプリケーションコンサルタントであると共に、新しい製造の可能性を実現するイネーブラーであると自負しています。業界に関する深い知識とレーザーパイオニアとしての数十年の経験をぜひご活用ください。

グローバル展開し、地域に根ざした事業

当社のエキスパートによるコンサルティングと世界各地の研究所及びサービスネットワークをぜひご利用ください。必要とされているものがサービスであってもアプリケーション開発であっても、当社は常にお客様の側でサポートいたします。

ホワイトペーパー: ヘアピンのレーザー溶接

エレクトロモビリティ向けの高出力電気モーターの製造で、ヘアピンは不可欠な部品です。当社のホワイトペーパーには、レーザーが生産と加工に役立つ様子が詳しく記載されています。 以下のフォームに記入するだけで、背景についての独占情報と詳細が記載されたホワイトペーパーが手に入ります。 

ホワイトペーパーのダウンロード



ディッツィンゲンのTRUMPF Laser Application Center

TRUMPF laser application centre Ditzingen

価値ある訪問に

ディッツィンゲンにあるTRUMPFレーザーアプリケーションセンターは、4,000 m²以上の広さを誇る世界でも最大規模のレーザーアプリケーションセンターです。当社のアプリケーションエンジニアと業界エキスパートが、多様なレザー処理システムの広範囲なポートフォリオにより、お客様の実際のコンポーネントに基づいて、アプリケーションの開発と最適化をサポートしています。

お客様向け情報

問い合わせ
サービス & お問い合わせ