You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

ロット数1 | TRUMPF
キービジュアル ロット数1

低下傾向にあるロット数: 時によっては1の場合も

一つとして同じ生産現場はありませんが、ロット数の低下という点ではどこも一致しています。同時に、納期の短縮化も進んでいます。そのため当社の専門家は生産工程を直接現場で分析して最適化し、ロット数が1の場合でも経済的な生産が再び可能になるようにします。

可能性を活用して大幅な節約を実現!

計画 & 管理

インテリジェントな生産制御により、計画の効率だけでなく、ジョブの処理におけるスピードと自動化の度合いが向上します。

イントラロジスティクス & セットアップ

機械の自動セットアップと、倉庫及びツールのデジタル管理が実現します。

オペレータの自己管理

電子的リアルタイム分析を有効活用し、あらゆる生産関連情報を常に把握することができます。

全体を見据えることが重要

当社は経験上、オーダーステータス、キャパシティ、利用状況に関して透明性を欠いている板金加工メーカーが多いことを知っています。同時に、手動による調整・照合作業の労力は大きく、エラーが発生しやすくなります。より経済的に作業し、スループットタイムを削減するためには、間接工程も最適化する必要があります。見積もりからパーツの発送まで、柔軟で一貫したシステム全体をお客様と一緒に作り上げていきます。

ロバート・ヘロルド氏の肖像写真

お客様と共に、プロセスを持続的に最適化するためのソリューションを開発し、お客様独自のスマートファクトリーを段階的に実現していきます。

ロバート・ヘロルド
スマートファクトリーコンサルタント

ロット数の大小を問わず、どのジョブでも経済的な生産を実現

Warum vernetzt fertigen?

1時間の加工時間に対して、約4時間の間接作業があります。その結果、ロット数が減少し続けると、間接工程にかかる労力が増えていくことになります。なぜなら全工程の約80%を占めることになるからです。そして、これこそが生産をネットワーク化するチャンスとなります。間接工程の労力を減少するロットサイズに合わせることができれば、ロットサイズ1でも再び価値あるものになります。

レーザが完璧なツール4.0である理由

切断プロセスでのレーザー

迅速、ダイレクトでフレキシブル: デジタル化には、それと同様の性質を持った機器が必要

スマートファクトリーでは加工品にDataMatrixコードなどが付けられ、システムはこのコードを使用して、生産設備内での部品の移動経路と加工方法を呼び出すことができます。そして搬送システムと加工ステーションがその指定通りに稼働します。これが機能するには、極めてフレキシブルで簡単に制御可能なツール、すなわちレーザーが生産現場で必要になります。コード自体もマーキングレーザーによるものであり、マーキングプロセスではカメラベースの画像処理を活用しながら、どのような表面であっても明確に読み取り可能なコードが印字されます。コードには、後続工程で加工を完全に行い、トレーサビリティを確保するために必要な情報がすべて含まれています。

お客様向け情報

問い合わせ
Uwe Cichowicz
スマートファクトリーコンサルタント
Eメール

Benjamin Neumann
TruConnect製品管理
Eメール
サービス & お問い合わせ