国/地域/言語選択

TRUMPFスマートファクトリー

当社のスマートファクトリー哲学

生産工程に同じものがないのと同様、開発過程もそれぞれ異なります。また顧客が事業を展開する市場も様々です。だからこそ、顧客のいるヨーロッパ、アメリカ、アジアといった三つの大陸にスマートファクトリーを設置し、ネットワーク化された生産が実際にどのように機能するかを体験してもらうことに意味があります。TRUMPFのスマートファクトリーでは、従業員、マシン、オートメーション、ソフトウェアが完全にネットワーク化され、完璧に連携しています。スマートファクトリーを訪れる顧客がまだスタートの段階にいる場合でも、あるいは段階的に拡大して完全なネットワーク化を計画している場合であっても、私たちは顧客の現在の状況に合った的確なアドバイスを提供します。「お客様の成功はTRUMPFの成功でもある」というモットーにしたがい、当社のスマートファクトリーコンサルタントはそれぞれの顧客のプロセスチェーンを分析し、それを基に製造現場のあらゆるプロセスを最適化します。

当社スマートファクトリーの所在地

シカゴ(米国)

シカゴはスマートファクトリーにとって打って付けの拠点です。というのも、米国の板金加工業者の約40パーセントが、直接隣接している州に所在しているからです。ここで米国の顧客は、仕分けから完全自動の生産まで、スマートファクトリーがどのようにサポートしているかを実体験することができます。そこでのハイライトは、組み込まれたカッティングセルとベンディングセルです。またスカイウォークと呼ばれる渡り廊下によって、生産設備、材料の流れと情報の流れをシステム全体で把握することができます。

詳しくはこちら

ディッツィンゲン(ドイツ)

様々なプロセスステップでネットワーク化された30台のマシン、手動および自動の材料供給が可能な5,000 m²の工場など、TRUMPF本社の所在地であるディツィンゲンのスマートファクトリーは、多くの期待にお応えします。ここではスマートファクトリーの専門家がシートのプロセスチェーン全体のソリューションをどのように構築しているのか、お客様がご自分の目で確かめることができます。また完全に統合されたサードパーティ製マシンと無人搬送システムの連携も、このスマートファクトリーで具体的に体験することができます。

詳しくはこちら

太倉(中国)

中国の顧客は明日の製造業を、太倉にある生産工場で体験することができます。レーザカッティング、ベンディング、パンチング、そしてレーザ溶接にいたるまで、シートのプロセスチェーン全体を具体的に示し、お客様に合わせた個別のネットワーキングソリューションを提案します。2017年には、完全自動型の生産ライン、そして生産管理システムであるTruTops Fabが太倉に導入されました。デジタルかつインテリジェントなアップグレードが行われたことで、生産がレベルアップし、現場の透明性が確保されました。

詳しくはこちら

ぜひお越しください!

問い合わせ
Benjamin Neumann
TruConnect製品管理
Fax +49 7156 303932291
Eメール
サービス & お問い合わせ