You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

2Dレーザ切断機の利点 | TRUMPF

TRUMPFレーザー切断機の利点

スマートな機能を活用して、機械のレーザー出力を完全に利用

TRUMPFの2Dレーザー切断機: 当社はフラットベッドレーザーマシンの開発で、お客様の要件を重視しています。そのため、純粋な切断時間以外の要素にも着目しています。そして、お客様のシステムが持つ能力を最大限に引き出すお手伝いをしています。お客様がどのTRUMPFレーザー切断機を購入するにせよ、最終的には、機械、固体レーザーもしくはCO2レーザー、オートメーションとソフトウェアから成る調和の取れた総合パッケージが一手に提供されます。

1. セットアップ

セットアップ時間が短縮され、機械が持つ能力が継続的に成果物として現れるようになります。TRUMPFのインテリジェントな機能を利用すれば、レンズの汚れや材料の誤調整などの典型的なレーザー切断での問題によるプロセス障害が過去のものとなります。こちらに例がいくつか紹介されています:

詳しくはこちら

2. 生産

予備知識があまりない場合でも、レーザー切断機で部品を素早く切断して、最高の品質を得ることができます。スマートな技術が備わっているため、レーザー光線の利点をこれまで以上に享受できるようになります。

詳しくはこちら

3. ソート

切断後に行われるソーティングは、手間のかかる煩わしい作業工程であることが少なくありません。TRUMPFのレーザー切断機ではスマートな機能を利用することで、ソーティングが最大限の速度で完了します。

詳しくはこちら

4. 後続プロセス開始

既に切断の時点で次のプロセスステップについて考えを巡らせることで、レーザー切断機が持つ能力を最大限に引き出すことができます。それに役立つ調整済み機能が備わっています。

詳しくはこちら

CoolLine
CoolLine

CoolLine機能を使用すれば、切断中に加工品が常に低温に維持されるため、厚い軟鋼をレーザー切断して、精緻な部品や細かい輪郭を生み出すことができます。

衝突防止
Smart Collision Prevention

衝突防止機能ではレーザー切断機が衝突による影響から保護され、カッティングヘッドが安全に守られます。更にSmart Collision Preventionを利用すれば、衝突自体の発生が防止されます。

シングルカッティングヘッド方式

シングルカッティングヘッド方式ではどの板厚も同じカッティングヘッドで加工できるため、セットアップ時間が大幅に節約されます。

PierceLine
TruLaserTube 5000、PierceLineによるピアッシングプロセス制御

ピアシング位置が高く盛り上がるという問題は、 PierceLineを利用すれば過去のものとなります。正確なピアス穴が最低限の盛り上がりで、しかも極めて短時間で実現します。PierceLineではピアシングでの深さが必要最低限に抑えられるため、部品品質の向上と加工時間の短縮というメリットが得られます。

スマートビームコントロール
アシストシステム: Smart Beam Control

Smart Beam Controlでは、焦点位置を簡単に短時間で調整することができます。この機能は焦点位置を必要に応じて再調整します。

AdjustLine

切断パラメータが材料品質に合わせて自動調整されるAdjustLineを利用すれば、どのような材料品質であっても確実な切断が実現し、不良品と材料費が削減します。

Smart Collision Prevention
アシストシステム: BrightLine fiber

Smart Collision Preventionを利用すれば、レーザー切断機での衝突とマイクロジョイントがスマートに確実に防止されます。この機能では、部品と内面形状の加工順序を巧みに計算することで、倒れる危険のある部品をレーザーが迂回するようにします。

BrigthLine fiber
BrightLine fiberサンプルパーツ

精緻な輪郭や極小のピアス穴の加工での盛り上がりをごくわずかに抑える方法があります。BrightLine fiberと固体レーザーマシンを組み合わせれば、卓越したエッジ品質がどのような板厚であっても確実に得られます。




高速化と自動化: 常に進化し続けるTruLaserマシン

レーザーカッティング分野をリードするサプライヤーとして、当社は機械とレーザーカッティング技術の改良に常に取り組んでいます。その取り組みでは、機械の速度だけでなく、切断に関連するプロセスの向上も目指しています。様々なソリューションのうち、ソート速度アップと 待機時間の短縮という 2つの例がこちらで紹介されています:

TruLaser Center 7030 - 全自動レーザー

TruLaser Centerは図面作成からパーツのソーティングに至るまで、プロセス全体を受け持ちます。小型部品並びに比較的大型の部品のソーティングが全自動で、しかも主要工程と並行して行われます。生産性とプロセス安定性が両立するため、両方の狭間で悩む必要はありません。

Active Speed Control: 自動レーザーカッティングの実現に向けた画期的な一歩

未来のレーザー切断機では、作業者が制御装置のところに立ち、機械がほぼ自動で作業することになります。その将来像に向けた最初の一歩がActive Speed Controlです。このシステムは切断プロセスを監視し、送り速度を自動で制御します。その結果、1枚の板金内で板厚が変化する場合でも、材料上に塗装が残っているか錆がある場合でも、切断と品質が常に一定に保たれます。

(ほぼ) 無限の可能性を秘めたTRUMPFマシンでのレーザー加工

当社のレーザーポートフォリオは、2Dレーザー加工の枠を大幅に超えています。色々な材料のマーキング、レーザー溶接や3Dプリントなど、ツールとしてのレーザーで実現可能な様々な加工には枚挙にいとまがありません。特に魅力的な機械には、当社の3Dレーザー切断機も含まれます。こちらの例をご覧ください。TRUMPFレーザーを使用することで、切れ味の極めて鋭い包丁が出来上がります。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (工作機械)
Fax 045-931-5714
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ