このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。

文化と社会

社会貢献は、家族経営企業である当社の企業文化の一つです。当社は社会における将来のテーマをパートナーとして共に具現化し、文化的・芸術的プロジェクトを支援することで、革新のアイディアが生まれやすい総合環境を作り出したいと考えています。経済的支援のほか、メンバー制度、アイデア、知識、時間を与えることで支援を実践しています。

文化

TRUMPF employees talking in front of a piece of painting

TRUMPFは、事業展開している地域で選ばれた文化機関や文化人を奨励しています。こうした活動を通して現地の従業員や世間一般な人々の関心を集めることにより、事業拠点の魅力を強化し、次世代のために文化財を保有するよう社会貢献活動を行っています。

展示会・博物館

当社では、自社テーマに関する展示品を出展することにより、ミュンヘンのドイツ博物館の行う技術伝承を支援しています。さらに、ヴュルテンベルク歴史博物館、シュトゥットガルトのリンデン博物館及びシュトゥットガルトの州立美術館を賛助しています。

Ars Electronica (アルス・エレクトロニカ)

Ars Electronica (アルス・エレクトロニカ) は、芸術、技術、社会を結ぶフェスティバルで、毎年オーバーエスターライヒ州のリンツで開催されます。TRUMPFのパッシング事業所は、この取り組みの後援者でもあります。ここでは、オートメーションと制御技術の産業的発展が見事に展示され、幅広い客層の目を惹いています。

詳しくはこちら
彫刻公園「Bad RagARTz」

2016年5月、ヨーロッパ最大の彫刻公園「Bad RagARTz」は6回目の開幕を迎えました。スイスのバートラガッツ (Bad Ragaz) 周辺には、13か国の90人のアーティストによる芸術作品が展示されました。TRUMPFのグリュッシュ事業所は、このイベントのスポンサーになり、従業員を展覧会にガイド付きで招待しました。

詳しくはこちら

社会貢献

TRUMPF employees with disabilities working together

当社の社会的プロジェクトに対する取り組みは、TRUMPFが事業展開している各地の社会的要請に基づいています。当社では従業員に対して社会的な取り組みへの参加を積極的に奨励しており、各自が社会貢献できるための環境条件を整えています。各地の現地法人の従業員は、それぞれの事業拠点での重要案件に力を注いでいます。その他にもTRUMPFは、障害者用施設やその他の社会福祉団体ともパートナーとして協力し合っています。

難民支援

当社の従業員は、難民が新たな故郷で第一歩を踏み出すことができるよう、積極的に支援しています。当社のドイツ国内事業拠点では、アフガニスタン、イラク、シリアからの難民が、職場や研修場所を得ることができました。また2016年TRUMPFは、若い難民のためにさらなる研修者枠を提供しました。

Inclusion Factory

中国太倉市の「Inclusion Factory」は、障害者向けの工場で、ドイツのライフサポートコンセプトに類似しています。TRUMPF Chinaは、この非営利団体と協力し、従業員に作業服や安全靴を提供しています。

詳しくはこちら
非営利団体支援

2016年TRUMPFとDKMS (旧ドイツ骨髄ドナーセンター) は、ディツィンゲンにて白血病患者への幹細胞ドナーを見つけるために採血を行う白血病タイピングキャンペーンを共同で実施しました。可能性のあるドナーの登録費用はTRUMPFが負担しました。

詳しくはこちら
災害被害者支援

私たちは、TRUMPFの事業所や従業員が災害による被害を受けた場所を援助します。例えば寄付、災害対策として従業員の休職許可、無料の装置や工具の提供などにより、地域の慈善団体をサポートしています。

詳しくはこちら

a group of TRUMPF employees are talking
従業員

当社従業員のノウハウ及び貢献は、企業の成功にとって決定的に重要な役割を果たしています。そのため当社では、この業績を実現するための基本的条件を設けています。ここには従業員の持続的な資格取得、ポジティブな労働環境並びに適切な報酬などが含まれています。

教育

ハイテク企業であるTRUMPFには、斬新なアイディアと刺激が欠かせません。その意味で質の高い教育は、革新的な思考の基礎であり、社会的・経済的進歩の促進剤です。

社会と政策

真空の中で活動する企業はありません。家族経営企業である当社はまさに社会の一部であるため、企業は活気に溢れた共通の価値体系を積極的に構築する責任を担わなければならない、という確固とした信念に基づいて行動しています。

問い合わせ

TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ