このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
TRUMPF employee Michele Turrisi

ミケーレ・トゥリシ、TRUMPFディツィンゲンのプロジェクトマネージャー

あなたはどのようにTRUMPFでのキャリアをスタートさせ、またこれまでどの部門を通ってきましたか?あなたの現在のポジションは何ですか?

私は1995年にイタリアのTRUMPFで2Dレーザ機械のサービスエンジニアとしてスタートし、2003年に部門のチームリーダーに昇格しました。その5年後にはサービスリーダーになり、2013年からはさらにアフターセールス部門全体の責任を負う立場になりました。現在は、TRUMPF工作機械のプロジェクトマネージャーとしてディツィンゲン本社に勤務しています。

TRUMPFへの入社を決意したのはなぜですか?

以前に携わっていた仕事を通じてTRUMPFと関わる機会がありました。当時から機械に非常に興味があったのです。レーザテクノロジとCNC制御、この二つに対する興味が応募の動機でした。

ご自分の仕事で一番お好きなところは何ですか?

自分の仕事で気に入っているのは、端的に言えば人との係わり合いです。お客様は特定の問題の解決や、ある要件を満たすことを求めています。私は、こうしたソリューションをニーズや要望に合わせてカスタマイズして「助ける」ことができます。最終的にお客様に満足していただくことで、一番素晴らしい成功体験を得ることができます。今現在のプロジェクトマネージャーという立場では、部門を超えて協力し合ったり、多くの異なる職種の同僚たちとネットワークを築いたりすることが面白いと思います。

あなたがこれまで関わってきたプロジェクトやテーマの内、最も興味深かったものは何ですか?

これまでで一番興味深く先駆的であったプロジェクトは、インダストリー4.0に関連した当社の製品及びソリューションである「TruConnect」の中央営業部門を設立したことです。

個人的なハイライトは何でしたか?

非常に重要なお客様から苦情が来たことがありました。必要なスペアパーツのお届けについて不満があったのです。私は同僚と一緒に緊急問題の解決に取り組む一方で、この種の問題を将来的に回避するため、プロセスを全般的に改善することにも取り組みました。我々の仕事は大成功に終わりました。最終的にはお客様に満足して頂けただけではなく、新型機械の注文を受けることにも成功したのです。これはもちろん営業社員にとって、将来にまで強い印象を残す素晴らしい思い出です。

TRUMPFの雇用者としての利点を教えてください。

TRUMPFは従業員の能力を引き出してくれます。我々の努力や業績は確実に報われます。


当社をご紹介します

問い合わせ
TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.