このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
アマンダ・リールの歩んだキャリア

TRUMPF USAの溶接工チームリーダーとして、アマンダ・リールは機械部品の高品質加工を担当しており、自分自身とチームのために勇敢に自分の意志を貫いています。

アマンダ・リールは溶接工チームリーダーとして、全溶接部品の生産性、納期遵守と一定の高品質を実現させています。生産現場で問題が発生すれば原因を探り、従業員教育などの適切な措置を見つけ出します。自分自身が溶接工としてキャリアをスタートさせた叩き上げのリーダーであるため、チームメンバーの立場をよく理解することができます。「TRUMPFでは限界はない。ここでは何でも達成できる」と確信しています。

Karrieregeschichte Amanda Reel

男性の領域に勇敢に進出

約5年前、アマンダ・リールは職業訓練直後にファーミントン (コネチカット州) にあるTRUMPFの米国現地法人に入社しました。彼女は同社初の女性溶接工でした。シフト制での勤務中に、それと並行して社会人向けの能力開発プログラムに参加しました。そして早くも3年後に、自分を支援し、管理職になるように勧めてくれたチームリーダーの跡を継ぐことになりました。

Karrieregeschichte Amanda Reel

特別なキャリアチャンス

アマンダ・リールにとって、若い女性として溶接工チームのチームリーダーに応募するには、相当な勇気と自信が必要であったのは言うまでもありません。なぜならば、シフト制での溶接工としてそれまで工場で長年親密に一緒に働いてきた同僚たちに、上司として指示を与えなければならなくなるためです。勇気を奮った甲斐があり、アマンダ・リールはチームリーダーになり、それ以来大きな熱意をもってその役割を果たしてきています。「自分の新しい義務と責任に自分自身とチームを慣れさせる必要がありましたが、これはこれまでのキャリアの中で最も困難な課題でした」と述べています。

Karrieregeschichte Amanda Reel

初日から全幅の信頼

入社したての若い溶接工であったときから、アマンダ・リールは当時の上司に職業能力開発に励み、目標を出来る限り高く設定するように勧められました。日々の仕事でこの上司から多くを学び取ったことが、信頼及び尊敬できるチームリーダーになる上で非常に役立ったとのことです。そして、「良いリーダーは良いリーダーを輩出する人物でもあります」と総括しています。

当社をご紹介します

問い合わせ
TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.