このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
シュテファン・オーバーリーダーの歩んだキャリア

TRUMPFのディッツィンゲン拠点でITコンサルタントとして働いているシュテファン・オーバーリーダーは、TRUMPFでのデジタル転換の具現化に勇敢に参画しています。

経験豊富なITコンサルタントであるシュテファン・オーバーリーダーは、入社以来TRUMPFの様々なプロジェクトに携わっています。デジタル世界に魅了されており、方法を徹底的に検証することに大きなやりがいを感じています。ある専門部署でITベースのツール又はソリューションが必要になった場合には、当該専門部署とTRUMPFのIT部門間の橋渡し役として活躍しており、 各ソリューションを選択して実行に移す際に、同僚をサポートしています。そこでは、両部門間の相互理解を確立して、要件を専門部署の利益に沿って満たすことが重要になります。

Karrieregeschichte Alexander Oberrieder

慣習を破って新しい道を進む

TRUMPFのフライブルク拠点で職業訓練を修了し、シュトゥットガルト・メディア大学で経営情報学とデジタルメディアを専攻した後、TRUMPFへの再入社に至った決定的な要因は、とりわけ同社従業員の人間性と素晴らしい協力関係でした。シュテファン・オーバーリーダーは、課題が発生すれば直ちに共同で解決し、いつでも同僚からの援助と支援が確実に得られる職場であると述べています。そして日々の仕事で特に気に入っている点として、新しいアイディアが常に歓迎されることと、TRUMPFでは新しい道を進むように奨励されていることを挙げています。

シュテファン・オーバーリーダーの歩んだキャリア

デジタル転換に対する自分なりの貢献: 技術トレンドに命を吹き込む

「TRUMPFでの仕事で最もワクワクする点は多様性です」とシュテファン・オーバーリーダーは述べています。そして、毎日新しいプロジェクトが舞い込み、未来の技術に関わる仕事を様々な人たちと行えるため、変化に富んだ楽しい日々を送っている、と続けています。また、自主的に決断を下すことができ、上司が常にその決断を後押ししてくれる点に、会社側からの信頼が現れていると説明しています。シュテファン・オーバーリーダーは将来に向けた希望は、との質問に対して、 「デジタル化の実現者」から「デジタル化の加速者」になって、デジタル化プロジェクトの発案をこれまで以上に積極的に行っていきたい、と答えています。

当社をご紹介します

問い合わせ
TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.