このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

時代の先取り: TRUMPF、史上最高の年度業績を発表

光の主 – それは、フォトニクスの時代におけるTRUMPFを指す言葉

人工知能、自動運転と工場のネットワーク化 – これらの技術ではどれにおいても光が基盤となっています。しかし、ここに至るまでの道のりは長いものでした。まずは、光は粒子でも波でもなく、何らかの別のものであるとの発見が開始点となりました。それに基づいて量子電気力学界では20世紀半ばに、光はエネルギー量子、すなわち光子から構成されているとの推論が立てられました。人類はこの理論の背景にある数学により、光を制御して成形する手段を手に入れたことになりました。そのことを示すように、今日ではレーザ光線が多種多様な素材をオペレータの希望通りに切断並びに溶接しています。また、3Dプリントで部品を積層造形する際にもレーザ光線が使用されています。更に超短パルスレーザにより、光を最高で1000兆分の1秒、つまりフェムト秒の時間次元で制御することも可能になっています。高出力レーザでは毎秒50,000個の錫液滴に光を当てて、ウェーハ露光用の極端紫外線を生み出していますが、これは自動運転車、スマートフォンや人類の生活を変えるその他の多数の製品で使用される高性能チップの基盤となっています。TRUMPFはこれらの例全てに最前線で関わっており、フォトニクスの時代を形成する代表的なテクノロジー企業として活躍しています。

ダウンロード

プレス連絡先

Dr. Andreas Möller, Leiter Unternehmenskommunikation und Politik, TRUMPF
Dr. Andreas Möller
企業広報/ポリシー責任者
Marleen Kledig
企業広報/ポリシーアシスタント
Fax +49 7156 303930408

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.