You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

米国50周年記念 – 2018/19年度の業績 | TRUMPF

TRUMPF、2018/19年度の業績を発表

2019年はTRUMPFと米国にとって特別な年です。今日にまで至る当社と米国の密接で、実り多く、刺激的な関係の基盤が築かれてから、今年で50年になります。1969年、TRUMPFはコネチカット州ファーミントンで産業用建物を借りて、米国現地法人を設立しました。50年が経過した今日、TRUMPF米国現地法人は200,000平方メートルの敷地を有するに至っています。北米でのTRUMPFの存在感は、過去50年間にわたって常に増してきており、新しい建物の定礎式や起工式が何回も開催されました。技術、企業家精神、そして無限の可能性を秘めた国である米国のお客様との密接な関係にまつわる歴史に浸ってください。

The TRUMPF business figures for 2018/19 in brief – presented by Andreas Möller, Head of Corporate Communications and Policy at TRUMPF

3,784

売上高
(百万ユーロ)

3,680

注文受領
(単位:100 万 €)

105

研究開発費の割合

349

税引前利益
(百万ユーロ)

14,490

上の従業員 2019年6月30日
(人数)

技術、企業家精神、そしてお客様との密接な関係にまつわる歴史

北米は当社にとってドイツに次ぐ第2の市場です。そこまで成長できたのは、勇敢であると同時に先を見越した経営上の意思決定の賜物ですが、もちろん、成功に不可欠な幸運にも恵まれていました。

当時から変わらず今日においても、米国はTRUMPFの発展、成功と未来にとって極めて重要な意味を持っています。当社は常に米国からの技術革新に刺激を受けてきました。その例はパンチングマシンの数値制御や工作機械へのレーザーの統合など、枚挙にいとまがありません。2000年前後にTRUMPFはプリンストン近郊でダイオード製造を開始して、新規事業分野への進出を成功させています。また、TRUMPFで急成長している事業分野であるEUVリソグラフィも、米国企業と当社の米国内外の拠点との関係に基づいて開始されたものです。その分野では、TRUMPFレーザーを主要コンポーネントとする設備が、自動運転、都市のネットワーク化や高性能化が進むスマートフォン向けの最新コンピューターチップの製造に使用されています。

TRUMPF USA設立50周年 – 世界とTRUMPFでの出来事

1965 – 生活様式に沿った戦略で米国市場を獲得

1960年代半ばのヒッピー時代に合ったVWブリーが、お客様を訪問する外回り営業での移動時だけでなく、クリーブランドなどでの様々な米国での展示会で注目の的となりました。

1969 – 2人のアメリカ人が初めて月に着陸

1969年7月21日3時56分 (CET)、「アポロ11号」ミッションの一環として、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが人類初の月面着陸に成功しました。オルドリンとアームストロングの月面滞在時間は、合計で21時間36分となっています。世界中で5億人を超える視聴者が、月面着陸の様子をテレビで見守りました。

1970 – アンディ・ウォーホルが米国の芸術界に旋風を巻き起こす

ピッツバーグ生まれのアンディ・ウォーホルは、ポップアートを代表する最も重要な人物の一人です。最も有名な作品としては、「大きなキャンベルスープの缶」と「マリリン・モンロー」が挙げられます。1970年代、ウォーホルは無数の人物の肖像画を報酬ベースで描き、BMWやMercedes Benzなどの車をペイントし、多数のビデオ/テレビ作品に出演しました。

1974 – 米国での生産開始

1970年代半ば、TRUMPFは米国でパンチ金型の小規模生産を開始しました。数値軌道制御による初の板金加工機であるTRUMATIC 202も、米国の展示会で大きな関心を集めました。

1977 –「スターウォーズ」が米国で大ヒット

1977年、「スターウォーズ」シリーズの最初の映画が公開されました。ジョージ・ルーカス監督のこの作品は、20世紀のSFジャンルの中で最も成功した映画だと言えるでしょう。この映画は予想に反して様々な記録を破り、それまで史上最高であった「ジョーズ」(1975年) を超える興行収入を上げました。1980年代、同シリーズの成功は続き、続編「帝国の逆襲」と「ジェダイの帰還」も大ヒットしました。

1979 – ファーミントンで最初のパンチングマシンを製造

TRUMPFの米国拠点設立10周年となる1979年、「TRUMPF America Inc.」が最初のパンチングマシンTruMatic 180を ファーミントンで製造しました。早くもその2年後には、TruMatic 180の出荷台数は100台に到達しています。

1990 – ドイツ再統一

1989年11月9日 (木) から10日 (金) にかけての夜に、28年間存在したベルリンの壁が崩壊しました。旧東ドイツの平和革命が発端となって、1989年と1990年に政治的なプロセスが進行した結果、最終的にドイツは1990年10月3日に再統一を果たしました。ロナルド・レーガン米国大統領が、 1987年6月12日に行った演説の中で「ゴルバチョフ書記長、この壁を壊しなさい!」と発した言葉は、今日に至るまで最も重要な出来事の一つとして捉えられています。

1999 – 新しい建物と拠点

新世紀を迎える少し前に、「TRUMPF Customer and Technology Center」がファーミントンに開設されました。この建物の設計は、ベルリンのバルコウ・ライビンガー建築事務所が手掛けたものです。同年、シリコンバレーのお膝元にあるカリフォルニア州フリーモントで、「TRUMPF West Coast Technology Center」の竣工式が行われました。

2001 – Appleが初代iPodで音楽界に旋風を巻き起こす

2001年10月23日、当時のApple社長であったスティーブ・ジョブズ氏が初代iPodを発表して、音楽業界に革命を起こしました。その後、iPodは販売台数最多の携帯型音楽プレイヤーに成長し、2007年以降のiPhoneや2010年以降のiPadなどの多数の特徴的な「モバイルデバイス」が登場する原動力になりました。

2013 – TRUMPFマシンで製造した製品が有名な場所で使用される

TRUMPFマシンとレーザーを使用して米国で製造された製品のハイライトは多数ありますが、最も象徴的なものは、2001年9月11日に倒壊したツインタワーの後継としてニューヨーク市に建設されたワンワールドトレードセンターの先端にそびえている、高さ40メートルのステンレススチール製の尖塔でしょう。これは、TRUMPFのお客様でブルックリンに拠点を置くKammetal社が、2013年にレーザー切断機を使用して製造したものです。

2017 – 超巨大イベント・スーパーボウルがあらゆる記録を破る

アメリカンフットボールリーグNFLの決勝戦であるスーパーボウルは、世界最大の単一スポーツイベントの一つであり、米国では毎年テレビで年間最高視聴率を記録しています。2017年2月5日にテキサス州ヒューストンのNRGスタジアムで開催されたスーパーボウルでは、ニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック、トム・ブレイディがチームを何と6度目となる優勝に導きました。

1999 – TRUMPF USA設立30周年

TRUMPFの米国初の拠点であるファーミントン事業所が設立30周年を迎えました。1990年代、この現地法人の敷地には段階的に新しい建物が追加され、第二生産棟などが建設されました。

ニコラ・ライビンガー=カミュラー博士の肖像写真

"米国市場はTRUMPFにとって極めて重要な外国市場であり、売上高で見るとドイツに次いで2位に位置しています。ただし米国はTRUMPFにとって単なる「市場」ではなく、個人的な思い入れも極めて強い存在です。今日では自由貿易並びに米国と欧州の関係に対する批判が頻繁に聞かれているからこそ、当社では米国のパートナー及び友人との協力関係をこれまで以上に大切にしていきたいと考えています!"

ニコラ・ライビンガー=カミュラー博士
TRUMPFグループCEO

TRUMPFは米国と北米に複数の拠点を有していますが、その中心地はファーミントンです。同地では900人を超える従業員が、生産棟、開発実験室、デモンストレーションセンター、管理事務所と技術サービス部で働いています。プリンストンのダイオード工場では300人弱が、メキシコのモンテレイにある機械フレーム工場では100人が生産に従事しています。米国現地法人の全拠点を合計すると、現在の従業員数は1,500人を超えるに至っています。全員が機械、レーザーとツールの開発と生産に携わり、米国の多種多様な業界に製品を供給しています。その業界の幅は、伝統的な農業から変化の激しい自動車/航空業界、そして革新的な消費者向けエレクトロニクス業界にまで至ります。

シカゴのスマートファクトリーのサプライヤー用入口

ダウンロード

プレス連絡先

Dr. Andreas Möller, Leiter Unternehmenskommunikation und Politik, TRUMPF
Dr. Andreas Möller
企業広報/ポリシー責任者
Marleen Kledig
企業広報/ポリシーアシスタント
Fax +49 7156 303930408