このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
historical picture of a booth of TRUMPF at a trade show in Hanover Germany

設置型機械の定着

1950-1959
historical picture of the TAS 4 machine of TRUMPF

1950

一躍売上王に

従業員数145名、一躍売上王に。調整可能なストロークを搭載した最初のTRUMPFニブラーであるTAS 4を製造。設置型機械により企業は拡大し、グローバル化を展開。ベルトルト・ライビンガーは、1950年8月に彼の後援育成者であるクリスティアン・トルンプの会社でトレーニングを受ける。研修生としての報酬は月額65ドイツマルクであった。

historical picture of a TRUMPF booth at an internationl trade show

1953

国際化

TRUMPFは国際見本市に出展し、顧客層獲得のために外国拠点の構築を開始。ニブラーは世界的に成功を収め、二番目の生産拠点の必要性が生まれる。フーゴ・シュヴァルツがパートナーそして営業部長になる。1978年までこの役職に従事。

historical picture showing Berthold Leibinger and Hugo Schwarz

フーゴ・シュヴァルツがパートナーそして営業部長になる。1978年までこの役職に従事。

historical picture of the company building of TRUMPF in Hettingen Germany

1955

TRUMPFがシュヴァーベンジュラ山脈のヘッティンゲンに工場を開設。

今日約460人の従業員が勤務するヘッティンゲンは、TRUMPFグループの製造ネットワークの重要な中心点であり、高性能パンチングマシンのコンピタンスセンターになっている。また同地では、レーザ機械及びレーザ機械向けパーツ/コンポーネントも製造。

historical picture of Berthold Leibinger

1956

ニブラーの切断プロセスの向上

1956年、ベルトルト・ライビンガーがTRUMPFで実験的な論文に取り掛かり、ニブラーの切断プロセスの向上について執筆。1957年、シュトゥットガルト大学を卒業 (ディプロム取得) 後、TRUMPFに勤務。1958年、当時世界でも最大の工作機械メーカーであったアメリカのオハイオ州シンシナティのCincinnati Milling Machine Companyに勤務。

historical picture of a copy punching machine from TRUMPF

1957

NCコントローラ

TRUMPFが板金の座標ガイドを発表する: これがNCコントローラの出発点となり、その後まもなく全ての工作機械で使用されるようになる。この技術的発展により、機械のオペレータによる手動での板金ガイドを克服し、ミリメータ単位の精度による切り欠き及びコンタのニブル (高度なパンチング) が可能になる。座標ガイドは数値制御の送り運動の第一ステップである。

historical advertising leaflet of the hand guided machines from TRUMPF
1934-1949

シンプルな板金加工向け手動操縦機械

historical picture showing a worker with a deburrer
1960-1967

新プロセス

問い合わせ

TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ