このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
historical picture showing a worker with a deburrer

新プロセス

1960-1966
historical picture showing a mobile show room

1960

各地の地元でのカスタマーサービス

60年代の「移動型デモストレーションセンター」を利用してニブラーをオンサイトで顧客に紹介する。

historical advertisting picture with a nibbling head

1960

「ニブリング王」としての勲章

TRUMPFが専門雑誌で「ニブリング王」と呼ばれる。これはこの分野での活動と成功を反映するものである。ニブルは当初板金加工の方法としてあまり採用されていなかった。TRUMPFは板金加工用にこの分離プロセスの利点を認識し、設置されている機械及びエレクトロツールと圧縮空気ツールに採用。

historical picture showing Berthold Leibinger explaning an engineering drawing

1961

ベルトルト・ライビンガーが設計部門部長に就任

従業員数325名、売上高1,100万ドイツマルクを達成。ベルトルト・ライビンガーがアメリカ滞在後設計部門部長に就任。同部門の当時の従業員数は7名。職場はヴァイリムドルフの会社敷地内にある仮小屋。

historical building of the company building of TRUMPF in Farmington USA

1963

一貫した国際展開の幕開け

1963年にスイスのツークに初の外国現地法人を設立。その後早くも1969年に米国ファーミントンに現地法人を設立。あらゆる重要な工業市場での包括的な国際展開の幕開けとなる。顧客に出来る限り近いところで事業活動を行うことを目的とし、極めて早い時点からヨーロッパ、アメリカとアジアに事業拠点を設置。その一部は生産拠点であり、例えば1982年にはスイスのグラウビュンデン州グリュッシュに工場を設立し、電気ツールの全製造を同地に移転。今日同地では2Dレーザ加工機とマーキングレーザも生産。

historical picture of the first beveller TKF 100 from TRUMPF

1963

最初のTRUMPFベベラー

最初のTRUMPFべべラーTKF 100を製造。携帯可能な圧縮空気ツールであるTKFは扱いやすく、小パーツにも、嵩張った重い製品にも使用可能。TKFにより溶接前の板金のべべリング加工を初めて簡素化。これが大きな成功を収め、開発への多額投資が可能になる。

historical picture showing watch springs processed with laser technology

1964

レーザを使用した初のアプリケーション

HAAS社とフランクフルトのBattelle Institutが時計用スプリング製造時のレーザアプリケーションを研究。レーザを使用して溶接エネルギーを非接触で取付けることにより、高度な部品品質及び時計の機械式ムーブメントの精度を実現。TRUMPFは後に (1992年) HAAS-LASERの経営権を取得。

- / -
Contact
TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.