このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
historical picture of the first sheet metal fabrication machine with a numerical control system from TRUMPF

数値制御が成功を収める

1967-1977
historical picture of the TruMatic 20 from TRUMPF

1967

TRUMATIC 20がパリでセンセーションを巻き起こす

TRUMPFは、数値制御を搭載した最初の板金加工機械TRUMATIC 20を発表する。これはツール交換を完全自動で行うワークプロセスを初めて実現。製品を加工するために必要な全情報は、穿孔テープに保存可能。TRUMATIC 20は、1968年にパリで開かれた第11回ヨーロッパ工作機械展でセンセーションを巻き起こす。

historical picture of the first solid-state laser by Haas company

1971

固体レーザの開発の構築

1960年末よりカール・ハースはレーザ技術に従事。1971年パウル・ザイラーが入社し、固体レーザの独自開発を構築。

historical picture of the headquarters building of TRUMPF in Ditzingen Germany

1972

TRUMPFは拠点をディツィンゲンに移転

TRUMPFは拠点をディッツィンゲンに移転する。シュトゥットガルトのヴァイリムドルフにおける生産条件と交通技術インフラストラクチャがもはや適切ではなくなる。ベルトルト・ライビンガーとフーゴ・シュヴァルツは、クリスチャン・トルンプの株式を買収し、TRUMPFの単独株主になる。

TRUMPFでは800名の従業員が従事。売上高7,300万ドイツマルクを達成し、特許登録件数が100に達する。生産のほぼ3分の2が100ヶ国以上に輸出される。

historical picture showing the company building of TRUMPF in Japan

1977

横浜の現地法人

TRUMPFの新しい代表取締役社長であるベルトルト・ライビンガーが、アメリカでの情報収集の旅から1つの特別な手荷物としてCO2レーザを持ち帰る。同年にTRUMPFは日本の横浜に現地法人を設立する。

historical picture showing a worker with a deburrer
1960-1967

新プロセス

historical picture showing a combined punching and laser-cutting machine of TRUMPF
1978-1984

既存のものと新しいものを複合: レーザ搭載のパンチングマシン

問い合わせ

TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ