このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
historical picture showing a combined punching and laser-cutting machine of TRUMPF

既存のものと新しいものを複合: レーザ搭載のパンチングマシン

1978-1984
historical picture showing a combined punching and laser-cutting machine of TRUMPF

1979

最初のパンチレーザ複合加工機

TRUMPFはレーザ技術に参入。最初のパンチレーザ複合加工機TRUMATIC 180 LASERPRESSを紹介する。アメリカ製の500及び700ワットの出力を持つCO2レーザがレーザ装置として使用される。

historical picture of a TRUMPF machine Plasmapress

1980

更なる新製品: プラズマ切断

さらなる新製品: シカゴ国際工作機械見本市にてプラズマ切断装置TRUMATIC Plasmapress 300を初公開。プラズマプレスはパンチング、ニブリングとプラズマ切断を統合。レーザ出力が大幅に向上したため、現在プラズマ切断の意義はほぼ失われている。

historical picture of the first sheet metal fabrication machine with a numerical control system from TRUMPF
1967-1977

数値制御が成功を収める

historical picture showing laser development in the 1980s at TRUMPF
1985-1995

TRUMPFがレーザの世界を征服

問い合わせ

TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ