You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TRUMPF創立95周年 | TRUMPF

まだ切りのいい数字ではなくても、祝うに値するTRUMPF創立95周年

今日しっかりと根付いた企業理念となっているお客様第一主義と技術革新の保証という価値観が、TRUMPFの95年の歴史を通して赤い糸のように伸びています。1920年代の機械工場としても、売上高が数十億ユーロに上るグローバルなハイテク企業としても、クリスティアン・トルンプとライビンガー家の成功の公式は共通しています。その公式とは、迷うことなく自分の信念をもって突き進み、適切な場所で適切なタイミングで周囲を納得させなければならない、という信条です。

困難な課題をチャンスとして捉える

TRUMPF取締役会メンバー、ニコラ・ライビンガー=カミュラー哲学博士の肖像写真

「形作り、改良し、予期せぬことを実行に移す – TRUMPFではこれを既に1世紀近く実践しています。それに際して、はっきりしていることがあります。有能な従業員なしでは成り立たない、という事実です。変化と進歩に喜びを見出し、そして何よりも諦めない従業員が不可欠です。また、困難な課題をチャンスとして捉え、新しいことを受け入れる姿勢のある従業員も必要です。これは私にとって、TRUMPF創立95周年を象徴する文言でもあります。当社がこの点に関して1923年以降成功を収めてきたことを明確に示す画期的な事例のいくつかを、このウェブスペシャルで分かりやすくまとめました。ぜひ楽しみながらお読みください!」 ニコラ・ライビンガー=カミュラー、TRUMPFグループCEO

100まであと5: この数字は、100周年までの残り年数を示しているだけではありません。

それに加えて、約1世紀に及ぶサクセスストーリーを支える5本の柱、つまり製品、従業員、専門展示会、モビリティと国際化のことも指します。独自の技術革新で周囲を繰り返し驚かせることを目的として、クリスティアン・トルンプもベルトルト・ライビンガーも、早くから国際専門展示会を積極的に活用しました。また、自由に移動できるカスタマーサービスや外回り業務担当者、並びに重要な世界市場に配置されている支社も、成功の重要な要因となっています。

製品:「ニブリング王」からレーザのパイオニアへ

幕開けとなったフレキシブルシャフト

最初の製品はフレキシブルシャフト。これは当初歯科医師や印刷所の需要に応じてのみ製造。モータ駆動の開発により、金属及び木材の加工などの産業目的にも製造するようになる。

「ニブリング王」

若きベルトルト・ライビンガーが発明魂を活かして、高度経済成長期のTRUMPFの成功に極めて大きく貢献。量産型ニブリングマシンを開発し、板金加工用に革新的で収益性の高い機械を市場に提供。その結果、TRUMPFの別名として「ニブリング王」の名称が頻繁に登場。

電気ツールでのブレイクスルー

1963年、ベルトルト・ライビンガーが電気ツール領域で更なる技術革新に成功し、ハンディータイプの新型べべラーTKFを開発。これにより、それまでの方法とは全く逆の手順で、板金を少しずつ加工しながらべべリング加工を行うことが可能に。大きな成功を収め、更なる投資が可能になる。

米国で得たひらめきに基づいた製品開発

ベルトルト・ライビンガーは米国で数値制御の工作機械に触れた後、1960年代の半ばに自分でも数値制御の量産型パンチングマシンを開発することを決意。この勇気は実を結び、TRUMATIC 20は、1968年にパリで開かれたヨーロッパ工作機械展でセンセーションを巻き起こす。

レーザ革命の始まり: 実績を疑問視

量産型ニブリングマシンが成功を収め続けていたにもかかわらず、ライビンガーはこれまでの実績を疑問視し、1978年の米国出張中に、その当時話題を呼んでいたCO2レーザが板金切断に使用可能であるか否かを自分自身で調査。早くも1年後、レーザ装置を備えた米国製の初のパンチ/レーザ複合加工機を発表。

TRUMPFと同社のレーザが板金加工を改革

1985年、TRUMPFは初の自社開発/生産CO2レーザTRUMPF LASER TLF 1000の発売を開始し、業界でセンセーションを巻き起こす。4年後、TRUMPF初の「折り込まれた」レーザが市場に登場。同機は今日に至るまで、販売台数が世界最大のマルチキロワットレーザ。

技術革新が急ピッチで進行

1987年、TRUMPFはレーザ分野で更なる新製品を発表。空中移動式光学ユニットを備えたフラットベッド型レーザ切断機TRUMATIC L 3000のハイライトは、加工品が動くのではなく加工ヘッドがシート上を「飛ぶ」ように移動する点。

- / -

1923年以降

設立年

クリスティアン・トルンプが、フレキシブルシャフトで有名なシュトゥットガルトのJulius Geiger GmbHの機械工場を買収。

15,000

量産型二ブリングマシン

この製品は1950年代と1960年代にTRUMPFの圧倒的なヒット製品となり、それ以降の投資への道を開く。

5,000

単一特許

TRUMPFが設立以来申請した特許の概数。同社の株式を段階的に取得したベルトルト・ライビンガー自身も、自分の特許を販売して出資金の一部を調達。

従業員: 成功を保証する手工業技術とやり抜く精神

4分で紹介する95年間のサクセスストーリー

専門展示会: サプライズ効果を発揮する新製品

モビリティ: 車に乗って、常にお客様の近くへ移動

「そちらに伺います」: 製品を直接お客様のところで紹介

早くも1960年代にTRUMPFの営業部門は「移動型デモストレーションセンター」を利用してドイツ中を駆け回り、直接車両からお客様に新しい切り抜き用のシャーを現地で徹底的にテストする機会を提供。

電気ツールを積んで日本中を回る

1960年代終盤、TRUMPFの電気ツールを積んだトヨペットクラウンが東京中を走り回る。クリスティアン・トルンプは現地の貿易/販売パートナーと手を結び、同業者に日本語での製品紹介を委託。

エッフェル塔へ、そして更にその先へ

当時パリの販売代理店であったTECHNOM特製のデモンストレーションカーのおかげで、1960年以降はフランスの板金加工者も、最新電気ツールと板金切断機のプレゼンテーションを直に受けることが可能になる。

成功を推し進めた迅速なカスタマーサービス

TRUMPFマシンの信頼性だけでなく、技術カスタマーサービスの利便性も、1970年代のヨーロッパでの成功を加速。スペインのお客様も、個別に受けられるTRUMPF技術サービスを高評価。

XXLサイズでの移動型製品ツアー

2011年、レーザトラックが「デモンストレーションセンター」として4週間かけてドイツ中を走り回り、「The Power of Choice」のモットーのもとで、レーザコンポーネント分野でのTRUMPFの豊富なラインナップをお客様に紹介。

- / -

"口だけでは不十分である。有言実行が不可欠であり、それが評価の基準となる。"

ニコラ・ライビンガー=カミュラー博士
TRUMPFグループCEO

"期限内に80 %を得ることの方が、期限後に100 %を得ることよりも好ましい。"

ベルトルト・ライビンガー教授
TRUMPF取締役
Historical portrait of the company founder of TRUMPF Christian Trumpf

"上側で注ぎ込んだエネルギーは、下側から出てくることができる。"

クリスティアン・トルンプ
創業者
- / -

国際化: 機械工場からスマートファクトリーへ

スタート地点となった機械工場

1923年にクリスティアン・トルンプが、シュトゥットガルトのJulius Geiger GmbHの機械工場を買収。ところがわずか10年後には、同工場では小さすぎて、フレキシブルシャフトの工業生産に適さなくなってしまったため、1933年にヴァイリムドルフ所在のより大きな工場に移転。

ヴァイリムドルフ時代に売上百万マルクを初めて突破

1950年頃の高度経済成長期に、TRUMPFの売上高が11百万ドイツマルクを記録し、従業員数が約300人に到達。ヴァイリムドルフ拠点にて、近隣出身で、クリスティアン・トルンプを代父として持つベルトルト・ライビンガーが職業訓練を開始。

世界規模での成功により必要になった第二工場

1950年代半ば、切り抜き用のシャーの販売が国際的にも成功を収める。生産能力を拡大するため、TRUMPFは1955年に初の第二拠点をシュヴァーベンジュラ山脈のヘッティンゲンに開設。

大西洋を渡る

当時、工作機械の世界市場は主に米国企業によって占められていたため、早期に米国でTRUMPFの地位を確立することを目的として、TRUMPF初の外国生産拠点をヨーロッパではなく、米国コネティカット州ファーミントンに設立。1969年には同地に販売会社TRUMPF America Inc.を設立。

スイスの魅力に惹かれて

1963年、TRUMPFはスイスのツークに初の外国現地法人を設立。1980年以降、ライビンガーは全電気ツールの開発、生産及び販売を、グラウビュンデン州所在のTRUMPF Grüsch AGに段階的に移転。労働費が中程度であり、生産性が高いグリュッシュは、1985年以降、工作機械の生産にとっても魅力的な拠点となる。

ディッツィンゲンが新たな重要中央拠点となる

1972年、TRUMPFは拠点をヴァイリムドルフから隣のディッツィンゲンに移転し、交通/生産条件を改善。

受賞歴のある建築物

今日においても、中枢管理機能は依然として同じ建物に置かれており、同棟では2013年に全面的な改築工事を実施。バルコウ・ライビンガー建築事務所の手により魅力的な労働環境が生み出され、その中でも社員食堂「ブラウトップフ (青い湖)」やレーザ切断による正面門は建築表彰を受賞。

- / -

問い合わせ
TRUMPF Japan
Eメール
サービス & お問い合わせ