You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

20/21年度決算 - ウーヴェ・ボンク | TRUMPF

ウーヴェ・ボンク

販売

外勤開始時期: 2006年

勤務地: ドイツ

年間走行距離: 約40,000 km

年間顧客訪問数: 約150

とても強い逆風が吹いていました。相手をなだめながらこちらの意見を主張し、時にはお世辞も混ぜて話しましたが、全く聞く耳を持ってくれませんでした。あくまで最善の解決策を提案したかっただけだったのですが。実は、ドイツのある有名な自動車メーカーが、ミドルクラスモデルのボディパーツを新しい改良型の鋼で製造することを断固として決定したのです。ただし、この鋼はあまりにも硬すぎて、これまでの製法ではどれでも加工できないことが問題になっていました。金型製造責任者は「私の」レーザ装置に全く興味を示さず、技術的にほぼ不可能だったにもかかわらず、これまでの製法を何とか改良しようと試みました。

ディッツィンゲンでレーザ装置を一度見るだけでも構いませんから、という私の言葉に理解を示してくれた方は一人しかいませんでしたが、それも数日間必死になって説得してからのことでした。 苦労の末、お客様の現場にテスト装置を設置することができました。しかし、高まっていた心臓の鼓動が突然止まってしまったような感覚に包まれてしまいました。休業日なしで24時間操業を続けた結果、当社の新しい装置は高強度鋼に対応できなくなり、プロジェクトが中止寸前の状態に陥ったためです。当社のアプリケーションエンジニアと開発担当者と共に残業しながら装置に改良を加え続け、最終的には連続生産の過酷な条件に対応できる状態に仕上げることができました。

当時は話し合いが無数にあり、そのことを明けても暮れても考え続けていたため、夜眠れなかったことも一度だけではありませんでした。今日当社では、件の装置を年間200台以上自動車業界に販売しています。

問い合わせ
企業広報担当者
Zu den Ansprechpartnern
サービス & お問い合わせ