このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

センサー

TRUMPFのセンサーはプロセスの品質を監視します。センサーは連続的にデータを取得し、ユーザーの要求に応じてプロセスを調整します。インテリジェントなプロセスセンサーは、プロセスのセットアップ時間を短縮したり加工の高速化を可能にすることで生産コストを削減しユーザーをサポートします。さらに不良品や不要なレーザの出力も生じません。TRUMPFのセンサーは光学ユニット、レーザ及びシステムに最適に統合することができます。トータルシステムサプライヤーとして、必要なものをすべて一手に提供しています。

TRUMPFの画像処理システム、プロセスの信頼性を高めます

画像処理システム

TRUMPFの画像処理システムVisionLineにより、プロセス能力を向上させることができます。同システムが部品の特徴を検出することで、位置の正しい溶接又はマーキングが保証されます。1D/2Dコードの検出と判定も可能です。

Einschweißtiefenregelung, TRUMPF Sensorik

溶接深さ監視

TRUMPFの溶接深さ監視は、プロセスが事前に設定した溶接深さから逸脱すると、ユーザーに警告を発します。これを利用して、プロセス限界に接近することが可能です。

Fügewegüberwachung, TRUMPF Sensorik

溶着経路監視システム

TRUMPFの溶着経路監視システムは、プラスチック部品のレーザ透過溶着時に材料が一定量溶融された時点でレーザのスイッチを切ります。これはプロセス制御を改善し、また製造公差を補正するために役立ちます。

TRUMPFのCalibrationLineによる簡単かつ確実なキャリブレーション

キャリブレーション

TRUMPFのCalibrationLineは、個別に定義可能な一定の間隔で、焦点位置及びレーザ出力が実際に規定値と一致しているかを点検します。キャリブレーションツールは必要に応じてX、Y、Z方向の焦点とレーザ出力を補正し、プログラムと実際値を再び一致させます。

シーム位置制御用TRUMPFセンサーSeamLine

継ぎ目位置制御システム

TRUMPFの継ぎ目位置制御システムは、溶接プロセス中に接合箇所を検出し、溶接位置を制御します。非接触プロセスにより速いフィード速度が可能になります。溶接済みの継ぎ目を追加監視することで、最高品質が保証されます。

温度調節

温度調節

TRUMPF温度調節は、部品表面における熱放射の強度を記録し、レーザ出力を目標温度に制御します。プラスチック溶着では、それにより、部品形状が複雑な場合でもあっても外観が均一な継ぎ目を生み出すことが可能になります。レーザー境界層硬化では、定義した硬化度を有する均一の硬化層深さが実現可能になります。

お客様向け情報

サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.