このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
TruDiode、優れたエネルギー効率のダイオードレーザ
TruDiode、優れたエネルギー効率のダイオードレーザ
ダイオードレーザ

TruDiode

優れたエネルギー効率のダイオードレーザ

経済的な溶接エキスパート

極めて優れたエネルギー効率を発揮するダイオードレーザTruDiodeは、最適な結果を低い運転コストで実現できることを特長としています。このレーザは、深溶け込み溶接、熱伝導溶接、レーザ肉盛溶接、半田付けやプラスチック溶接などを問わず、マルチキロワット領域まで伸びるレーザ出力で、卓越したシーム品質を生み出します。モジュール式の省スペース構造を特長とするこのTruDiodeは、生産システムに簡単に統合することができます。レーザネットワークでは、最大4つのワークステーションにフレキシブルに出力供給することができます。

100 %一定出力

アクティブレーザー出力制御が搭載されているため、安定した加工、再現性のある結果が実現します。

> 40 %の効率

TruDiodeは、高い効率と高度なエネルギー管理システムで資源を節約します。

フレキシブルに使用可能

溶接のエキスパートであるこの機械では、溶加材なしでプラスチックまたは金属を接合することができます。

極めてコンパクト

ダイレクトダイオード原理を採用したTruDiodeは、1m2を大幅に下回る据付面積を特長としています。

いつでも使用可能

パッシブ冷却式ダイオードモジュールにより長寿命

エネルギー効率の良いTruDiode光学ユニットの構造
驚異的な経済性

TruDiodeレーザには事実上消耗部品がありません。熱交換器が統合されたインテリジェントな冷却コンセプトにより、多くの場合外部クーラーは必要ありません。さらにダイオードの冷却水により、光学ユニットと光ファイバーも冷却されます。それとTruDiodeレーザの高いエネルギー効率が相まって、極めて低い投資/運転コストが実現します。

TruDiodeの光学ユニット
モジュール構造

TruDiodeレーザはモジュール式の省スペース構造であるため、既存の生産システムに簡単かつ迅速に統合することができます。更にTruDiodeでは、装備を簡単に後付けすることができます。要求が変われば、それに応じてレーザー出力または照射口数を現場で適合させることができます。

レーザ半田付けされた部品
様々な材料に対応

TruDiodeダイオードレーザは、金属及びプラスチックの加工に適しています。良好なビーム品質と150~6,000 Wの出力を誇るこのレーザは、溶接及び半田付けで完璧な結果を提供します。

TruDiodeによるプラスチック溶接

TruDiodeによるプラスチック溶接

ダイオードレーザTruDiodeにより、裏波溶接法を使用した熱可塑性プラスチックの非接触溶接が可能になります。この手法により、強度と密度が極めて高く、見た目にも美しい接合を得られます。裏波溶接法は、重ね継手のほぼあらゆる溶接ジオメトリに対応できます。精密な入熱により、熱負荷及び機械的負荷は最小に抑えられます。

熱伝導溶接された業務用調理容器

熱伝導溶接された業務用調理容器

熱伝導溶接では、TruDiodeが接合される材料同士を接合箇所に沿って溶かします。溶けた材料は互いに流れ込み、凝固して溶接シームとなります。この溶接シームは滑らかで角がない状態であるため、後加工は必要ありません。この手法はレイヤーエッジでのコーナーシームなど、厚さの薄いパーツを接合するために使用されます。

viewport test images /w Retina support

TruDiodeで硬化された曲げツール

レーザ硬化された曲げツール

TruDiodeはレーザ硬化プロセスに極めて適しています。入熱量が低いため部品のひずみもわずかであることから、後処理作業が軽減されるか、不要になります。さらにこのレーザは、不規則な3次元形状の製品を加工することもできます。

TruDiodeによるレーザ積層造形

レーザ積層造形で作成したスクリューフィーダー

レーザ積層造形 (Laser Metal Deposition、略してLMD) では、レーザは部品表面に溶融池を生成します。ノズルを通して金属粉末が自動的に供給されます。互いに溶接されたビードが形成されることで、既存の母材又は部品全体の表面に構造が築かれます。ここではLMDにより、パイプ上にスクリューフィーダーが一層ずつ形成されました。他の積層造形法と比較してLMDの造形速度は速く、つまりプロセス速度が高まります。

レーザ半田付けされた部品

はんだ付け

レーザによるはんだ付けでは、はんだにより接合される材料同士が最適に接合されます。はんだ材料の溶融温度は部品材料と比較して低いため、レーザ加工でははんだのみが溶けます。溶解したはんだは接合の割れ目に流れ込み、加工品の表面と接合されます (拡散接合)。

- / -
レーザーパラメータ                  
加工品のレーザ出力 150 W 300 W 600 W 900 W 2000 W 3000 W 4000 W 5000 W 6000 W
定格出力時の電源安定性タイプ ± 1 % ± 1 % ± 1 % ± 1 % ± 1 % ± 1 % ± 1 % ± 1 % ± 1 %
連続的に調整可能な出力範囲 3 W - 150 W 6 W - 300 W 12 W - 600 W 18 W - 900 W 40 W - 2000 W 60 W - 3000 W 80 W - 4000 W 100 W - 5000 W 120 W - 6000 W
Strahlqualität 8 mm▪mrad 8 mm▪mrad 16 mm▪mrad 16 mm▪mrad 30 mm▪mrad 30 / 50 mm▪mrad 30 / 50 mm▪mrad 50 mm▪mrad 50 mm▪mrad
Numerische Apertur 0.12 0.12 0.12 0.12 0.2 0.1 / 0.2 0.1 / 0.2 0.2 0.2
波長 920 nm - 970 nm 920 nm - 1050 nm 920 nm - 1050 nm 920 nm - 1050 nm 920 nm - 1040 nm 920 nm - 1040 nm 920 nm - 1040 nm 920 nm - 1040 nm 920 nm - 1040 nm
レーザ光ケーブル最小直径 150 μm 150 μm 300 μm 300 μm 600 μm 600 μm 600 μm 600 μm 600 μm
構成                  
寸法(幅 x 高 x 奥行) - - 1036 mm x 1250 mm x 709 mm 1036 mm x 1250 mm x 709 mm 870 mm x 1325 mm x 750 mm 870 mm x 1325 mm x 750 mm 870 mm x 1325 mm x 750 mm 870 mm x 1325 mm x 750 mm 870 mm x 1325 mm x 750 mm
寸法、バージョン 19" (幅 x 高 x 奥) 483 mm x 495 mm x 513 mm 483 mm x 495 mm x 513 mm - - - - - - -
最大レーザ光ケーブル数 2 2 4 4 2 2 2 2 2
設置状況                  
保護タイプ - - IP54 IP54 IP54 IP54 IP54 IP54 IP54
周辺温度 5 °C - 40 °C 5 °C - 40 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 10 °C - 50 °C 10 °C - 50 °C 10 °C - 50 °C 10 °C - 50 °C 10 °C - 50 °C
PDF <1MB
Technical data sheet

Download the technical data of all product variants.

TRUMPFでは、既存の固体レーザをお客様の設置状況や動作状況に柔軟に適合させることができます。これはあらゆるビームガイドコンポーネント及び制御で実施できます。冷却水供給でもいくつかのオプションがあります。様々な光学ユニット用のインタフェースは、すでに最初から装備されています。コストを削減するため、このレーザ装置は複数のワークステーションを同時に供給することもできます。TRUMPFリモートサービスは、場所や時間を問わず、お客様の設備稼働率を確保するためのサポートとなります。

Aktive Leistungsregelung der TRUMPF Festkörperlaser
アクティブレーザ出力制御

レーザ装置の年数や環境条件に左右されることなく、レーザ出力は規定値のまま一定して維持されます (通常の誤差 ±1 %)。これにより、レーザの寿命全体を通して再現性のあるプロセス結果が保証されます。

TruDiodeと併用可能な固定光学系
加工光学ヘッド/光ファイバーの冷却

加工光学ヘッド及び光ファイバーは、レーザの冷却水を介して簡単かつ快適に冷却することができます。そのため、別の冷却装置は必要ありません。

TRUMPFリモートサービス
リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、確実なリモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。殆どの場合、こうして異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。このため最大限の可用性を実現できます。

TRUMPF固体レーザの多様なインタフェース
豊富なインタフェースにより簡単に統合可能

TruDiodeレーザを機械または生産ラインに統合する際には、インタフェースが大きな役割を果たします。そのためTRUMPF固体レーザでは、あらゆる一般的なフィールドバスシステムに対応するインタフェースを提供しています。その他の入手可能な装備: リアルタイムインタフェース、パラレルデジタルI/O、プロセスセンサー用インタフェース、OPC UA ソフトウェアインタフェース、アナログ入力カード、CFOやPFOなどのインテリジェントなTRUMPF光学ユニット用インタフェース。

TruFiberには、PFO 20などのTRUMPF加工光学ヘッドとの接続用インタフェースが備わってます。
高度に制御された加工品

TruDiodeには、監視付き焦点合わせ光学ユニットCFOまたはスキャナー光学系PFOなど、高度なTRUMPF光学ユニットを制御するためのインタフェースが備わっています。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行うことができ、PCや制御装置を追加する必要はありません。算出されたデータと、警告及びエラーメッセージを含む限界値は、レーザ制御ユニットTruControlで視覚化することができます。

TruDiodeの光学ユニット
フレキシブルなビームガイド

レーザでのフレキシブルな設計ができるように、ビームガイドでは多数の方法や手段が用意されています。ビームガイドはコンパクトなハウジングに統合されています。プラグ&プレイにより、光ファイバーを様々なワークステーションに極めて簡単に接続することができます。その際には、最大2つまたは4つの光ファイバー接続口の数を選択します。モジュール構造になっているため、レーザ出力も照射口の数も現場で随時後付けすることができます。

TRUMPFレーザネットワーク
TRUMPFレーザネットワーク

レーザネットワークに、それぞれ最大2つあるいは4つのワークステーションを持つ単一または複数のTruDiodeレーザを結合することができます。その際レーザは出力を複数のステーションに分割するか、交互に各ステーションにフル出力を供給します。その結果、レーザの稼働率が向上して部品コストが低下するほか、異なるアプリケーションを組み合わせることも可能になります。

TruControlコントローラ

TruControl

TruControlは、迅速で簡単な操作を可能にするTRUMPF固体レーザ向けの制御ソフトウェアです。パルス波形を個々のアプリケーションに合わせてプログラミングすることができます。レーザ出力はリアルタイムで制御され、加工結果は極めて高い再現性が保証されます。オプションのデータ保管モジュールには、品質に関連する全データを記録するため、生産製品の重要な品質データを長年経過した後も追跡することができます。外部コントローラを使用している場合、TruControlは全ての一般的なインタフェースを介してこれらのコントローラと通信します。入力は操作パネルのタッチスクリーン又はパネルPCを介して行われます。イーサネットを介してレーザ装置をネットワークに組み込み、複数のPCを接続することが可能です。

TRUMPFセンサーにより、常に効率的かつ経済的に製造することができます。レーザ製造の全プロセスを監視し、プロセスの安全性を保つために重要な役割を果たすセンサー製品VisionLine、CalibrationLine、または統合されたパイロメーターにより、安定したプロセスを確保できます。測定時でも加工は引き続き行われ、中断される必要はありません。それにより貴重な生産時間が節約されます。

画像処理

TRUMPFの画像処理VisionLineは部品の特徴を検出し、常に正しい場所を溶接するよう保証します。

画像処理システム、VisionLine Basic
VisionLine Basic

レーザ焦点にレチクルが設けられているデジタルカメラ画像は、加工品の観察やティーチングの際のサポートとなります。

キャリブレーションツール

TRUMPFのキャリブレーションツールCalibrationLineは、部品の焦点位置とレーザ出力を個別に定義可能な一定の間隔で点検及び修正します。

CalibrationLine Focusは、加工品の焦点位置がまだ規定値と一致しているかを点検します。
CalibrationLine Focus

焦点位置の定期点検

温度調節

TRUMPFの温度調節は、プラスチック溶接で外観的にも高品質な結果を保証します。

Temperaturregelung
温度調節

TRUMPF温度調節は熱放射の強度を記録します

溶接経路監視

TRUMPFの溶接経路監視は、プラスチックのレーザ透過溶着時に部品が下降しないように制御します。

Fügewegüberwachung, TRUMPF Sensorik
溶着経路監視システム

材料が一定量溶融された時点でレーザが自動的にシャットダウン

レーザとレーザシステム – 完璧な組み合わせ レーザ装置は、TRUMPFレーザシステムの要件に合わせて最適に調整されています。多数のバリエーションやオプションの中からお選びいただけます。お客様のタスクに合わせて正確にカスタマイズされた設備を実現できます。もちろん、当社のレーザをお客様の生産ラインに直接統合することも可能です。

TruLaser Cell 3000、比類のない汎用性
TruLaser Cell 3000

比類のない汎用性

TruLaser Station 5005、レーザ溶接を簡単に運用開始
TruLaser Station 5000シリーズ

レーザ溶接の手頃なエントリーモデル

TRUMPFでは、レーザから加工品に至るまで、ビームガイドに必要となるあらゆるコンポーネントを提供しています。この他、様々な焦点合わせ光学ユニットも提供してしており、これらの光学部品の精度と信頼背は長年にわたり産業分野で実証されています。光学ユニットは、スタンドアロン型加工ステーションあるいは生産ライン全体のどちらでも簡単に統合可能です。TRUMPF加工光学ヘッドはTRUMPFレーザに合わせて完璧に調整されており、あらゆる波長に対応しています。

焦点合わせ光学ユニット

TRUMPFの堅牢な焦点合わせ光学ユニットにより、溶接、カッティング、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質のプロセス結果を確実に得ることができます!

固体レーザによる溶接用の焦点合わせ光学ユニットBEO D35
BEO D35

多種多様に使用可能 - 溶接、切断と穴開け

観察用カメラ、クロスジェットとリニアノズルを搭載した焦点合わせ光学ユニットBEO D70
BEO D70

長い作業距離と小さい焦点直径を両立

加工光学系CFO
CFO

溶接プロセス向けの賢い頭脳 - 固体レーザ用加工光学ヘッドCFO

スキャナー光学系

リモート加工に理想的な光学ユニット

スキャナー光学系PFO 1D
PFO 1D

PFO 1Dは個別に設定可能で、ウォブルでの最高の溶接シーム品質を保証します。

スキャナー光学系PFO 20
PFO 20

スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

その他のお客様向けトピック

Technologiebild TRUMPF Scheibenlaser
レーザ

切断、溶接、マーキング、表面加工など、多様な用途に柔軟かつ低価格で採用できるTRUMPFのレーザは魅力的なツールです。

Anwendungsvielfalt von TRUMPF
アプリケーション

ご自分のアプリケーションに合わせて完璧に調整されたTRUMPF製品が見つかります!

Optikaufbau TruDisk
ディスクレーザ

髪の毛ほどの微細な穴であるか、船舶用パネルの溶接であるかを問わず、TRUMPFのディスクレーザは最高の部品品質と極めて安定したレーザにより、世界中でも高い評価を得ています。

問い合わせ

販売 (レーザ技術)
Fax: +81 45-931-7534
Eメール

ダウンロード

レーザ装置カタログ
レーザ装置カタログ
pdf - 9 MB
サービス & お問い合わせ