このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
TruFiberファイバレーザ
TruFiberファイバレーザ
ファイバレーザ

TruFiber

精密加工に適した高精度レーザ

細径ファイバで構成されるTruFiberレーザの共振器
細径ファイバで構成されるTruFiberレーザの共振器
ファイバレーザ

TruFiber

細径ファイバで構成される共振器

TruFiber 1000
TruFiber 1000
ファイバレーザ

TruFiber

難度の高い材料のウォブル溶接に理想的。

- / -
精密加工に適した高精度レーザ

TruFiberファイバレーザは精緻なコンタを特に精密にカッティングし溶接します。高い品質と加工速度を両立させながら、幅の狭いカーフと細い溶接シームを生み出します。その基礎となっているのは卓越したビーム質です。ファイバリゾネータはシングルモードのビーム質で、集光強度の高いレーザ光を発生させます。TruFiberの典型的なアプリケーション範囲は、医療技術、精密加工、精密機械工学、電気工学及びエレクトロニクスです。

線幅< 50 μmの精密カッティング

ファイバはリゾネータとして、精密加工のためにシングルモードのビーム質で、集光強度の高いレーザ光を発生させます。

100 %一定出力

レーザ出力を制御することで、安定したプロセスと再現性を実現

難し場所の精密加工

CutAssistによるコーナーと急峻な曲線の最適な切断及び溶接

高度な制御機能を搭載

統合型コントローラTruControlにより、快適で迅速な運転が保証されます。

エレクトロ・モビリティ向けのレーザアプリケーション
スタンドアロンバージョンとしてのTruFiber
完全な機能性

TruFiber 500は19インチのハウジングに、スムーズで快適な運転に必要なコンポーネントがすべて含まれています。それに加えて、コンプレッサー冷却機を内蔵したスタンドアロンバリエーションも入手可能です。

TruFiber、様々な部品の精密加工
フレキシブルな精度

TruFiberが有するシングルモードの高いビーム質は、加工品に対する高い出力密度を誇ります。そのためシステムを適切に設計することで、高い加工速度が実現します。焦点直径が通常10 μm~100 μmのTruFiberを使用することで、極めて精緻なコンタのカッティング及び溶接が可能になります。ほぼあらゆるパルス波形及び最大50 kHzの変調周波数に対応しているため、材料加工での高いフレキシビリティーが得られます。

レーザカッティングによる圧着端子

バネ要素

銅、真鍮及びステンレススチール製の、レーザカッティングによるクリンプコンタクト及びバネ要素。特に少量生産時またはバリエーションが多数ある状況では、レーザ加工はパンチングなどの従来のプロセスより多くの場合経済的です。

レーザ溶接による超音波センサー

センサーハウジング

入熱量が設定可能なレーザ溶接によるセンサーハウジング。TruFiberによるレーザ溶接は、熱に弱い内部のエレクトロニクスに悪影響を及ぼしません。

レーザカッティングによる腕時計の針

レーザカッティングによる時計の針

CutAssistにより、加工中に方向及び速度が変化した際に、出力調整を正確に行うことができます。この機能により、腕時計の精巧な針を精密に切断するすることが可能になります。

レーザカッティングによるネックレス

精密にカットされたネックレス

TruFiberは薄い部品及び高精細な曲線でその威力を発揮します。30 μm未満のカーフが実現可能です。

レーザカッティングによるチタンインプラントシステム

インプラント

TruFiberは医療技術での部品精度に対する高い要件を満たします。レーザカッティングによるチタンインプラントシステムなどでは、カッティングでのコンタが精緻で滑らかであることが特に重要です。これにより後処理の必要性が最小限に抑えられます。

レーザ溶接によるバッテリーハウジング

バッテリーハウジング

TruFiberレーザでは、幅が100 μm未満と細く、バリのない溶接シームを実現します。

携帯電話バッテリーのシーム溶接

モバイル機器のバッテリー

TRUMPFのファイバレーザTruFiberでは、液体だけでなく気体も漏らさない溶接が可能です。生成された継ぎ目は密閉性に求められる極めて高い要件を満たします。これは、例えば携帯電話バッテリーでのCWモードによるシーム溶接などで実現されます。

- / -
TruFiber 500
TruFiber 1000
レーザーパラメータ    
加工品のレーザ出力 500 W 1000 W
定格出力時の電源安定性タイプ ± 1 % ± 1 %
連続的に調整可能な出力範囲 15 W - 500 W 30 W - 1000 W
ビーム品質 (M²) < 1.1 < 1.1
波長 1070 nm ± 10 nm 1070 nm ± 10 nm
レーザ光ケーブルの直径 11 μm 20 μm
レーザ光ケーブルの長さ 10 m 10 m
構成    
- 920 mm
高さ - 590 mm
深さ - 990 mm
寸法、バージョン 19" (幅 x 高 x 奥) 483 mm x 495 mm x 513 mm -
寸法、スタンドアロンバージョン (幅 x 高 x 奥) 600 mm x 1500 mm x 800 mm -
最大レーザ光ケーブル数 1 1
設置状況    
周辺温度 5 °C - 40 °C 5 °C - 40 °C
PDF <1MB
Technical data sheet

Download the technical data of all product variants.

TRUMPFでは、既存の固体レーザをお客様の設置状況や動作状況に柔軟に適合させることができます。これはあらゆるビームガイドコンポーネント及び制御で実施できます。レーザの冷却でもいくつかのオプションがあります。様々な光学ユニット用のインタフェースは、初めからすでに装備されています。TRUMPFリモートサービスは、場所や時間を問わず、お客様の設備稼働率を確保するためのサポートとなります。

スタンドアロンバージョンとしてのTruFiber
スタンドアロンモデル

スタンドアロンソリューションには、水冷・空冷コンプレッサー冷却装置が内蔵された、ターンキーキャビネット型レーザユニット一式が提供されます。装置全体の設置面積が小さいため、スタンドアロンバージョンはレーザ設備に簡単に統合できます。このバリエーションでは埃及び湿気に対する密閉性が19"バージョンより高くなっています。スタンドアロンバージョンはTruFiber 500向けに入手可能です。

快適でフレキシブルな制御

TruFiberにはほぼすべての一般的なフィールドバスとのインタフェースを制御用に装備することができます。その他の入手可能な装備: リアルタイムインタフェース、パラレルデジタルI/O、OPC UA ソフトウェアインタフェース並びにアナログ入力カード。

TruFiberには、PFO 20などのTRUMPF加工光学ヘッドとの接続用インタフェースが備わってます。
インテリジェントな光学ユニットとのインタフェース

独自のインタフェースを介して、インテリジェントな光学ユニットをレーザ装置と同期化し、焦点合わせ光学ユニットCFO又はスキャナー光学系PFOなどを、自分の目的に合わせて最適に利用することができます。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行えます。PC又はコントローラを追加する必要はありません。

リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、リモート接続を介して、レーザ装置を診断します。多くの場合、この方法で異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

CutAssist

精密切断及び溶接では、CutAssistがオペレータをサポートします。レーザパラメータがフィード速度に合わせて自動調整されるため、コーナーや急峻な曲線もパラメータを変更することなく精密に加工することができます。CutAssistは微細構造において、コーナーの焼減り及びバリを防止します。

TruControlコントローラによる直感的な操作

TruControl

TruControlはTRUMPF固体レーザ向けの迅速で操作しやすいコントローラです。レーザ出力をリアルタイムで制御し、再現性のある結果を実現します。追加モジュールはTruFiberの要求に沿った専用設計です。例えばCutAssistは、レーザパラメータをガイド装置の速度に合わせて自動調整します。製品のトレーサビリティを保証するために、データ保管モジュールに品質に関連する全データを記録します。

外部コントローラがある場合、TruControlはあらゆる一般的なインタフェースを介してそれらと通信します。入力は操作パネルのタッチスクリーン又はパネルPCを介して行われます。イーサネットを介してレーザ装置をネットワークに組み込み、複数のPCを接続することが可能です。

TRUMPFセンサーにより、常に効率的かつ経済的に製造することができます。レーザ製造の全プロセスを監視し、プロセスの安全性を保つために重要な役割を果たすセンサー製品VisionLine、CalibrationLine、または統合されたパイロメーターにより、安定したプロセスを確保できます。測定時でも加工は引き続き行われ、中断させる必要はありません。それにより貴重な生産時間が節約されます。

画像処理

TRUMPFの画像処理VisionLineは部品の特徴を検出し、常に正しい場所を溶接するよう保証します。

画像処理システム、VisionLine Basic
VisionLine Basic

レーザ焦点にレチクルが設けられているデジタルカメラ画像は、加工品の観察やティーチングの際のサポートとなります。

キャリブレーションツール

TRUMPFのキャリブレーションツールCalibrationLineは、部品の焦点位置とレーザ出力を個別に定義可能な一定の間隔で点検及び修正します。

CalibrationLine Focusは、加工品の焦点位置がまだ規定値と一致しているかを点検します。
CalibrationLine Focus

焦点位置の定期点検

レーザとレーザシステム – 完璧な組み合わせ レーザ装置は、TRUMPFレーザシステムの要件に合わせて最適に調整されています。多数のバリエーションやオプションの中からお選びいただけます。お客様のタスクに合わせて正確にカスタマイズされた設備を実現できます。もちろん、当社のレーザをお客様の生産ラインに直接統合することも可能です。

TRUMPFは、お客様がレーザから加工品に至るまで、光路に必要とするあらゆるコンポーネントを提供します。この他、長年にわたり産業分野においてその精度と信頼性が実証されている、様々な焦点合わせ光学ユニットも提供しています。光学ユニットは、スタンドアロン型加工ステーションあるいは生産ライン全体のどちらでも簡単に統合することができます。そのモジュール式構造により、光学ユニットはレーザタイプ及び様々な加工状況に適合させることができます。

焦点合わせ光学ユニット

TRUMPFの堅牢な焦点合わせ光学ユニットにより、溶接、カッティング、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質のプロセス結果を確実に得ることができます!

焦点合わせ光学ユニットBEO D25
BEO D25

出力が200 Wまでのレーザ向けのコンパクトな溶接用光学ユニット

固体レーザによる溶接用の焦点合わせ光学ユニットBEO D35
BEO D35

多種多様に使用可能 - 溶接、切断と穴開け

観察用カメラ、クロスジェットとリニアノズルを搭載した焦点合わせ光学ユニットBEO D70
BEO D70

長い作業距離と小さい焦点直径を両立

加工光学系CFO
CFO

溶接プロセス向けの賢い頭脳 - 固体レーザ用加工光学ヘッドCFO

スキャナー光学系

リモート加工に理想的な光学ユニット

スキャナー光学系PFO 1D
PFO 1D

PFO 1Dは個別に設定可能で、ウォブルでの最高の溶接シーム品質を保証します。

TruFiberには、PFO 20などのTRUMPF加工光学ヘッドとの接続用インタフェースが備わってます。
PFO 14

スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

スキャナー光学系PFO 20
PFO 20

スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

TRUMPF加工光学ヘッド
PFO 33

スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

Contact

販売 (レーザ技術)
Fax: +81 45-931-7534
Eメール

ダウンロード

レーザ装置カタログ
レーザ装置カタログ
pdf - 9 MB
サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.