このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
ワンボックスレーザ、コンパクトでコスト効果が高く鮮明
ワンボックスレーザ、コンパクトでコスト効果が高く鮮明
マーキングレーザ

ワンボックスレーザ

コンパクトでコスト効果が高く鮮明

オールインワンソリューション

ワンボックスレーザは、レーザマーキングを生産ラインまたは機械に統合するための、総合的なオールインワンパッケージです。そのわずかなスペースにはエレクトロニクス、スキャナー及びPCの他に、レーザ装置TruMark 5010またはTruMark 1110が含まれています。このためワンボックスレーザは幅広いアプリケーション範囲をカバーします。別個の電源ユニットは不要であるため、マーキングレーザは非常に省スペースで設置できます。幅広いインタフェースによりシステム全体へ容易に統合することができます。堅牢なコンポーネントは長期間にわたり極めて低メンテナンスです。ワンボックスレーザはその優れたコストパフォーマンスにより、レーザマーキング向けのエントリーモデルとして適しています。

コンパクトなデザイン

オールインワンソリューション – 別個の電源ユニットや追加ケーブルは不要。

低メンテナンス

汚れた環境でもフィルタインサートを交換し、保護ガラスを清掃するだけで充分です。

低い投資コスト

初めてあるいは補足として導入するどちらの場合でも、ワンボックスレーザは卓越したコストパフォーマンスを発揮します。

本格的なデスクトップソリューション

TruMark Station 1000または3000と併用すると、本格的なデスクトップソリューションが成立。

簡単な統合

あらゆるインタフェースを活用 – ProfiBus、PROFINETまたはEtherCAT。

TruMark 1110の堅牢な構造
産業用途専用の堅牢性

保護等級IP 54、最大40°Cの承認された周囲温度、さらに環境の影響に対するその他の保護措置を備えていることから、ワンボックスレーザは過酷な産業環境での使用にも適しています。

ワンボックスレーザTruMark 1110及びTruMark 5010によるアニーリング

アニーリング

局所的に加熱を行うことで加工品の表面が変色します。材質及び入熱に応じて、アニーリング色が変化します。表面は滑らかなままであるため、汚れが付着することはありません。

ワンボックスレーザTruMark 1110及びTruMark 5010によるレーザ彫刻

エングレービング

エングレービングでは、レーザ光線が基質の一部を除去することにより、くぼみが形成されます。これは急勾配なエッジに沿って、あるいは斜面に沿って施すことができます。

ワンボックスレーザによる材料の変色

変色

材料とレーザ波長が最適に調整されていれば、色素分子を意図的に変色または退色させることができます。表面は滑らかなままです。この方法により例えば口紅に名前をマーキングして、パーソナライズすることができます。

レーザアブレーション、ワンボックスレーザ

アブレーション

アブレーションでは、基質に塗布された色合いが強く異なる多層プラスチックの薄膜層が部分的に除去されます。このプロセスにより、特に自動車産業で使用されている「デイ&ナイトデザイン」が可能になります。

TRUMPFワンボックスレーザによるプラスチック発泡

発泡

発泡ではレーザがプラスチックを加熱し、これにより短い溶融プロセスが生じます。後続する冷却プロセス中に小さな気泡が生じ、これらの気泡が入射光を拡散的に反射します。このレーザマーキング方法では、気品のあるマークが生まれます。

- / -
TruMark 1110
TruMark 5010
レーザーパラメータ    
ビーム品質 (M²) < 1.5 < 1.6
波長 1064 nm 1062 nm ± 3 nm
パルス繰り返し周波数 CW、 15 kHz - 100 kHz 1 kHz - 200 kHz
最小焦点直径 50 μm 焦点距離が160 mmの場合 45 μm
最大内部焦点位置調節 ± 7 mm 焦点距離が160 mmの場合 ± 24 mm 焦点距離が254 mmの場合
最大レタリングフィールド 110 mm x 110 mm 焦点距離が160 mmの場合 170 mm x 170 mm 焦点距離が254 mmの場合
構成    
Abmessungen Laserkopf (B x H x T) 172 mm x 236 mm x 333 mm 250 mm x 175 mm x 430 mm
設置状況    
保護タイプ IP54 IP54
周辺温度 15 °C - 40 °C 15 °C - 40 °C
PDF <1MB
Technical data sheet

Download the technical data of all product variants.

ワンボックスレーザ向けに用意されているその他のオプションにより、生産プロセスの最適化が実現し、使いやすさが向上します。

パイロットレーザ

パイロットレーザでは、マーク内容をレーザダイオードを介して赤色可視光でシミュレートすることができます。これによりマーキングの完成像を見て、より簡単に部品をマーキングフィールドに配置することができるようになります。

フォーカスファインダ、TruMarkレーザ
フォーカスファインダ

フォーカスファインダは、各アプリケーションに合わせて正確な作業距離を手動設定する際の視覚的なサポートとなります。これは様々な結像光学系で使用可能です。

ワンボックスレーザTruMark 1110及びTruMark 5010のインタフェース
多種多様なインタフェースで簡単に統合

レーザの機械または生産ラインへ簡単に統合できるかどうかは、インタフェース次第であると言えます。ワンボックスレーザは、ProfiBus/PROFINET/EtherCATネットワークに接続し、それらを介して制御することができます。さらに外部装置の接続やお客様側の自動化技術の統合も可能です。

TRUMPFリモートサービス
リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、確実なリモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、こうして異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

結像光学系

ワンボックスレーザTruMark 5010には、異なる焦点距離を持つ結像光学系が提供されています。そのため、それぞれのアプリケーションに合わせて適切な焦点サイズを選択することができます。

フォーカスファインダ

フォーカスファインダは、各アプリケーションに合わせて正確な作業距離を手動設定する際の視覚的なサポートとなります。これはTruMarkステーションと組み合わせたワンボックスレーザで使用できます。

操作パッケージ

操作パッケージにはモニターとマウス付きキーボードが含まれます。これらはレーザマーキングの要件に合わせて最適に設計されています。

TruTops Mark

マーキング用ソフトウェアTruTops Markにより、TruMarkマーキングレーザでのマーキングを非常に簡単に行うことができます。TruTops Markのプログラムには、マーキング用ソフトウェア、CADエディタ、レーザパラメータとインタフェースの管理、QuickFlowによるシーケンスプログラミング及び診断ツールが含まれています。直観的なユーザインタフェースから全ての機能を操作することができます。CADエディタでは、図形要素を簡単に描画及び配置することができます。レーザパラメータのデータベースからは、最適なパラメータを繰り返し使用することができます。QuickFlowのシーケンスプログラミングで「ピック・アンド・ドロップ」プログラムを作成すれば、最初から最後までマーキングサイクル全体を制御することができます。診断ツールは、センサーにより検出されたアナログ測定値の可視化と分析を行います。

加工品サイズやアプリケーションの複雑さに応じて、ワークステーションポートフォリオから正しいバリエーションを選択することができます。その中には、非常に大型の部品用の小さくコンパクトなマーキングステーションや設備も含まれています。その他にも、自動化に関する様々なオプションを使用することができます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ

販売 (レーザ技術)
Fax: +81 45-931-7534
Eメール

ダウンロード

マーキングレーザカタログ
マーキングレーザカタログ
pdf - 3 MB
サービス & お問い合わせ