このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

加工光学ヘッド

TRUMPFの加工光学ヘッドは、溶接、カッティング、穴開け、アブレーションなど各タスクに合わせてレーザ光線の特性を最適に調整します。TRUMPFでは、48 mm~900 mmの標準焦点距離の幅広い光学系ポートフォリオを提供しています。このため10 µm未満の最小焦点直径も生成することができます。モジュラーシステム及びオプションのコンポーネントにより、様々な形状が実現可能になるため、加工光学ヘッドを多種多様な空間的及びアプリケーション固有の条件に合わせることができます。TRUMPFでは、ガラスやサファイヤのような透明材料の高速カッティング用の特殊加工光学ヘッドも提供しています。

レーザー溶接および切断のためのBEO、RFO、CFO光学系ラインのTRUMPF焦点合わせ光学ユニット

焦点合わせ光学ユニット

堅牢な固定光学系を使用することで、溶接、カッティング、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質の加工結果を確実に得ることができます。広範囲に及ぶモジュールキットから選択可能です。

TRUMPFリモートレーザー溶接用スキャナー光学系 (PFO)

スキャナー光学系

PFOシリーズのスキャナー光学系は、様々なアプリケーションに適しています。特に製品のリモート加工において、その威力を発揮します。

TOP Cleave光学ユニット、ガラスの高速レーザカッティング

TOP Cleave切断用光学ユニット

焦点合わせ光学ユニットTOP Cleaveは、ガラスやサファイヤなどの透明な材料の高速カッティング用加工光学ヘッドです。このプロセスでは、特許取得済みテクノロジにより他の方法よりも大幅に優れた効率及び精度を達成できます。

お客様向け情報

サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.