このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
TruFlow、信頼性が高く堅牢で様々な用途に使用可能
TruFlow、信頼性が高く堅牢で様々な用途に使用可能
CO2レーザ

TruFlow

信頼性が高く堅牢で様々な用途に使用可能

オールラウンドソリューション

TruFlowシリーズのTRUMPF CO2レーザは材料加工での汎用標準ツールとして、産業界で長年に亘り使用され続けています。高速軸流レーザーは2次元又は3次元製品の表面を、確実に低コストで溶接、切断、処理します。波長が10.6 μmであり、出力範囲が2~20 kWと幅広いため、材質及び板厚を自由に選択することができます。例えばTruFlowレーザでは、金属だけでなく有機物、複合材料及びガラスの加工も可能です。

安定した構造

スクエア構造になっているため、共振器は機械的に堅牢で耐熱性に優れています。

省エネルギー

優れた冷却コンセプトと高度なエネルギー管理システムを持つTruFlowレーザは、同種のレーザの中で最高のエネルギー効率を誇ります。

最小限の摩耗

ガス循環と高周波励起に関して消耗のないレーザ運転。

統合されたビームガイド

カプセル状に囲まれたビームガイドにより得られる最適形状のレーザ光

いつでも安心

温度及び汚れ度合いの連続監視。

共振器のスクエア基本構造
堅牢でコンパクト

CO2レーザでは、高いレーザ出力と良好なビーム質はリゾネータの長さに直接左右されます。特殊な構造のTruFlowでは、数メートルの長さを持つ放電管が正方形の回路に2階層にわたってまとめられています。この構造に加えて、クローズに準じたシステムを有しているTruFlowレーザは、産業における日常使用に適した、コンパクトで熱と機械的負荷に強いレーザ装置であると言えます。

TruFlow CO2レーザの共振器
高い耐性と多機能性

極めて過酷な条件下でも、TruFlowレーザーは高い稼働率と非常に低コストな運転が可能です。出力の範囲が2,000 Wから20,000 Wにまで及ぶため、このレーザーは幅広いアプリケーションをカバーします。

クリーンルームでのTruFlowレーザ共振器の組立
使用期間中維持される基本アライメント

TruFlowレーザー共振器はクリーンルームで組み立てられ、そこで基本アライメントが行われます。この基本アライメントは特許取得済みの反射ミラーアダプタの効果で、使用期間中維持されます。システムによりアライメントへの熱作用は完全に阻止されますが、これは共振器の機械的及び光学的部品のすべてが直接又は間接的に水冷されるためです。TruFlowシリーズ専用に開発された冷却機が冷却水の温度を+/- 0.5 °Cに一定に保つことで、最適なパラメータ安定性が保証されます。

Integrierte, gekapselte Strahlformung des TruFlow CO2-Lasers
カプセル状に囲まれたビーム成形器

移相器、円偏光器、直径調節ミラー又はテレスコープなどのビーム成形用の光学的器具を、直接レーザに省スペースで統合することができます。それにより、元のビームの個別調整が可能になります。カプセル状に囲まれた構造をしているため、光学的コンポーネントは清潔に保たれ、レーザ出力並びに焦点ジオメトリは完全に一定に維持されます。

TruFlow、消耗のないガス循環
消耗のないガス循環

ターボラジアルタービンは最大60,000 U/minの回転数で、比類のないガス流速を生み出します。これにより、電気的励起エネルギーをレーザー出力にエネルギー効率良く変換するための必要条件が整います。統合型ブロワーはマグネットベアリングで作動するため、リゾネータ内部と外界が接触することはなく、システムは磨耗なしで動作します。更にマグネット技術により、停電時又は非常停止時にタービンが損傷する可能性が完全に排除され、潤滑剤による異物混入も防止されます。これは機械的運転と比較して更なる利点です。

TruFlowによる薄板及び厚板アプリケーション

薄板と厚板に対応

TruFlowレーザは優れたビーム特性を持ち、出力の幅が広いため、薄板だけでなく厚板アプリケーションにも適しています。波長に起因する大きなプロセスウィンドウにより、板が厚くフィード速度が高い場合でも良好な加工品質が保証されます。

レーザ加工されたパイプとプロファイル

パイプとプロファイル

TRUMPFのTruFlow CO2レーザでは、パイプとプロファイルの搬送ローラーへのスラグの堆積なしにピットのないエンドレスシームを24時間生成することができます。これはTruFlowが持つ、連続運転での高い性能の証です。

レーザ溶接されたギア部品

アクスルディファレンシャルギア

厚板溶接にTruFlowを使用することで、非常に優れたアプリケーション結果を得ることができます。トラック用アクスルディファレンシャルギアなどの高負荷が掛かる継ぎ目に深い溶接を施すことができるTRUMPF CO2レーザは、産業界における様々な分野でこのような深い溶接を実現するために導入されています。

レーザカッティングによる炭素繊維強化プラスチック複合材 (CFRP)製部品

CFRP部品

TruFlowレーザにより、CFRPなどの繊維複合材料を機械的負荷なしで切断することができます。プラスチックの基礎構造は吸収率が高いため、その加工においてCO2レーザは威力を十分に発揮することができます。

TRUMPFのTruFlowレーザによる木材加工

木材加工

CO2レーザではその波長の効果で、有機材料において極めて高い吸収率が得られます。ごくわずかなレーザ出力だけで、良好な加工結果を生み出すことができます。TRUMPFのCO2レーザを使用することで、木材切断においてコンタを自由自在にカッティングし、精密なエッジを作成することが可能になります。

EUVアプリケーション向けのTruFlowレーザ増幅器

EUVアプリケーション

EUVアプリケーションでは、CO2レーザ光の焦点が真空チャンバー内で溶融錫の小さな液滴に合わせられます。そこで発生する高温のプラズマから、EUV光 (波長13.5 mm) が放射されます。この短い波長を使用することで、半導体のリソグラフィで極めて精密な構造を生み出すことができます。この画期的なテクノロジにより、半導体部品の小型化及び性能向上が可能になります。

造船での厚板溶接

CO2レーザの使用により、造船においても重量を削減し、積載重量を高めることができます。ひずみの少ないレーザ加工と高い自動化率により、製造費用が大幅に低下します。

TruFlowによるコイル接合

コイル接合

TruFlowは、極めて過酷な環境条件下にある世界中の製鉄所におけるコイル接合アプリケーションでもその耐久性を発揮しています。

-/-
レーザーパラメータ     
定格出力時の電源安定性タイプ ± 2 % ± 2 % ± 2 % ± 2 %
連続的に調整可能な出力範囲 500 W - 10000 W 600 W - 12000 W 750 W - 15000 W 1000 W - 20000 W
ビーム品質標準 (K / M²) 0.52 / 1,9
波長 10.6 μm 10.6 μm 10.6 μm 10.6 μm
調節可能なパルス時間 10 µs … CW 10 µs … CW 10 µs … CW 10 µs … CW
構成     
光源寸法 (幅 x 高 x 奥) 1185 mm x 615 mm x 1150 mm 1665 mm x 1100 mm x 1524 mm 1665 mm x 1100 mm x 1524 mm 1665 mm x 1100 mm x 1524 mm
RF発生器とコントローラの寸法 (幅 x 高 x 奥) 3000 mm x 2100 mm x 800 mm 3000 mm x 2100 mm x 800 mm 3000 mm x 2100 mm x 800 mm 5200 mm x 2100 mm x 800 mm
設置状況     
周辺温度標準 5 °C - 35 °C

TRUMPFは多数のオプションを活用することにより、TruFlowをニーズに合わせてカスタマイズすることができます。例えばビームガイドにパイロットレーザ、円偏光器や調整レーザなどの追加コンポーネントを装備することができます。TRUMPFは冷却水回路においても複数の手段を提供しています。アクティブレーザ出力制御により必要に応じてプロセスをさらに安定化させたり、移動型リゾネータで生産におけるフレキシビリティを強化させたりすることができます。

統合されたビームガイドコンポーネント

レーザ装置自体に加えて、光学コンポーネント及びその他のアクセサリーを、広範囲に及ぶラインナップから選択することができます。これらのビーム成形コンポーネントの多く、例えば円偏光器、調整レーザ、テレスコープ、パイロットレーザ又は直径調節ミラーなどは、レーザカバーの下に組み込むことが可能です。コンポーネントのベンチレーションに使用される空気を何重にもフィルターすることで、気体が外側から汚染されることを防止します。

共振器のスクエア基本構造
多種多様な冷却コンセプト

レーザの冷却には水‐水または水‐空気コンプレッサー冷却のどちらかを選択してください。既に独自の冷却回路が稼働している場合、プレート式熱交換器も使用することができます。

モバイル共振器でのTruFlowレーザ
モバイル共振器

TruFlowは機械的に安定しているため、モバイルシステムで使用することも可能です。その場合には2つの方法が考えられます。1つ目は共振器のみが移動し、フレキシブルなRFケーブルを介してエネルギー供給される方法です。もう1つはジェネレータが共振器と共に移動する方法です。

アクティブレーザ出力制御

アクティブレーザ出力制御がレーザ出力を誤差+/- 1 %の範囲内に安定させることで、プロセスは周辺環境の変化に影響されることなく一定に保たれます。

レーザとレーザシステム – 完璧な組み合わせ レーザ装置は、TRUMPFレーザシステムの要件に合わせて最適に調整されています。多数のバリエーションやオプションの中からお選びいただけます。お客様のタスクに合わせて正確にカスタマイズされた設備を実現できます。TruFlowレーザは2D/3Dレーザ切断機のどちらにも適しており、パンチレーザ複合加工機にも統合することができます。

TRUMPFでは、ビームガイドをそれぞれの要件に合わせて個別にカスタマイズする際に、お客様をサポートしています。既存のまたは新設計の生産設備に統合するために、TRUMPFの品質を誇る個々の光学コンポーネントを提供しています。例えばビームスプリッタや反射ミラー、あるいはテレスコープや円偏光器を外部のビームガイドに統合することができます。

TRUMPF反射ミラー

この90度方向転換可能なミラーユニットは、アパーチャ43 mm~80 mm、レーザ耐性最大20 kWの仕様で提供されています。熱機械安定性が高いため、距離の長い難度の高いビームガイドタスクも実現可能です。

TRUMPF 2方向ビームスイッチ

ビーム耐性の高い保護ハウジング製の2方向ビームスイッチには、安全応答システムが内蔵されています。精密リニアガイド上を空圧で移動する反射ミラーブロックには、クイックチェンジホルダー並びに電気的ミラー監視が装備されています。電気的インタフェースとしてASI-Boxを採用しています。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.