You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

温度調節 | TRUMPF
温度調節
温度調節
センサー

温度調節

TRUMPFプロセスセンサーにより信頼性の高いプロセスを実現。

常に適切な温度

TRUMPF温度調節は、部品表面における熱放射の強度を記録し、レーザ出力を設定された目標温度に制御します。それにより、レーザープラスチック溶着とレーザー境界層硬化において、部品形状が複雑な場合であっても一定の結果が得られます。スキャナーと共に使用する場合、温度コントローラはPFOスキャナー光学系のエレクトロニクスに直接組み込まれています。パイロメーターも光学系に直接取り付けられているため、外部ユニットは不要です。固定光学系では、コンパクトな制御ボックスが納入内容に含まれています。

最適な品質

設定可能な目標温度及び限界値パラメータにより、最適な品質を得ることができます。

完璧な統合

光学ユニットに直接結合されたパイロメーター、そしてTruControlを使用したパラメータ化。

完全な透明性

温度データの保存によるトレーサビリティの保証。

傾向を把握

傾向表示により、徐々に生じるプロセスの基準からの逸脱を早期に検出することができます。

パイロメーターを利用したレーザ樹脂溶着
ガソリン制御ユニット用のレーザ溶接されたコネクタストリップ

準同時溶着法によるレーザ樹脂溶着

TRUMPFの温度調節により、電子制御ユニット、センサー及びアクチュエータのプラスチック製筐体又はコネクタを高品質かつ気密に溶接することができます。不純物やレーザーを透過するグラスファイバーの含有率の高い上側の材料は、通常と異なる温度挙動により素早く検出されます。

TRUMPFレーザでの樹脂溶着

輪郭溶着法によるレーザ樹脂溶着

輪郭溶着では、部品が一定に設定されたレーザ光線の下を通り過ぎながら回転します。温度調節により、入熱の高さが接合箇所全体に沿って均一に保たれます。

TRUMPFレーザーによるレーザー境界層硬化

レーザー境界層硬化

レーザー境界層硬化用の温度調節は、レーザー出力を局所的に調節します。それにより、部品のエッジ、穴又はコーナーでの蓄熱が防止されます。

-/-
プラスチック溶着用の温度調節
レーザー境界層硬化用の温度調節
構成   
使用可能なレーザ TruDiode 151、TruDiode 301、他の機種はお問い合わせの上 TruDisk 6 kWまで
使用可能な焦点距離 200 / 250 mm (BEO D50)
200 / 280 mm 、その他は応相談 (PFO 20-2 レンズ後方)
560 mm 、その他は応相談 (PFO 20-2 レンズ後方)
使用可能な視準焦点距離 35 mm (BEO D50)
34.5 / 56 / 80 mm (PFO 20-2 レンズ後方)
80 mm (PFO 20-2 レンズ後方)
パラメータ   
パイロメーターの測定範囲 180 °C - 520 °C (放射率ε = 1にて) 650 °C - 1600 °C
パイロメーターのサンプリングレート 2 kHz (500 µs) 4 kHz (250 µs)
温度調節のクロックレート 12.5 kHz (80 µs) 12.5 kHz (80 µs)
タイプ 精度 3 % 250 ℃にて (毎年の校正が前提条件) 2 % 1000 ℃にて (毎年の校正が前提条件)
レーザープラスチック溶着用の温度調節

レーザープラスチック溶着用の温度調節

プラスチックのレーザー透過溶着用のTRUMPF温度調節は、接合部分の温度をパイロメーターで測定します。このシステムは指定の波長領域内で熱放射の強度を記録し、レーザー出力を
目標温度に制御します。典型的な用途は、スキャナー光学系による閉じたコンタの準同時溶着と、固定光学系による丸い部品のコンタ溶着です。

レーザー境界層硬化用の温度調節

レーザー境界層硬化用の温度調節

レーザー境界層硬化では、パイロメーターが
硬化プロセス中に表面温度を測定し、
レーザー出力を局所的に調節します。それにより、
部品のエッジ、穴又はコーナーでの蓄熱が防止され、
定義した硬化度を有する均一の硬化層深さが実現します。スキャナー
光学系を使用することで、多種多様な
形状を硬化することができます。振動するレーザー光線では、
トラック幅を変化させることも可能です。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
サービス & お問い合わせ