You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TruFiber P | TRUMPF
TruFiber P
.World Premiere
TruFiber P
ファイバレーザ

TruFiber P

ファイバレーザ製品群に新たに加わったTruFiber Pレーザ

TruFiber PとPFOスキャナー光学系
.World Premiere
TruFiber PとPFOスキャナー光学系
ファイバレーザ

TruFiber P

レーザ、光学系、センサーとサービスを相互に完璧に合わせて一手に提供

TruFiber P、製品群
.World Premiere
TruFiber P、製品群
ファイバレーザ

TruFiber P

NEW: 500 W~2 kW、そして3、4、6 kWのレーザ出力

TruFiber P - あらゆる溶接/切断プロセスに適した多才なファイバレーザ

TruFiber P製品群には多くの機能が備わっており、最大2 kWのシングルモードと6 kWのマルチモードを有するファイバレーザが提供されています。様々な種類のファイバ直径/長さから選択できるため、それぞれの用途に適したビーム品質が常に得られます。TRUMPF光学系/センサー製品と組み合わせることで、それぞれの用途に適した産業用コンプリートソリューションが完成します。

高いプロセス安定性

TruFiber Pは卓越したプロセス安定性を誇ります。安定したプロセス結果が年間を通していつでも得られます。

豊富な制御オプション

柔軟なソフトウェア/ハードウェアインターフェースを使用して、プロセスを常に完全に制御することができます。

信頼性の高いレーザ装置

何年にもわたって確実に動作するように開発されており、しかもそれがほぼメンテナンスフリーで実現します。

コンプリートソリューションを一手に提供

適切な光学系、センサーとサービスを組み合わせた最適なソリューションを一手に提供しています。

卓越したコストパフォーマンス

多くの利点が詰まった魅力的なコンプリートパッケージが、すぐに元が取れる価格で入手できます。

高い安全基準

安全と機械統合に関する厳格なEU/米国基準を満たしているため、インテグレータとオペレータは安心して作業することができます。

すべてを1つのメーカーで

各種コンポーネントを相互に完璧に合わせたコンプリートソリューションを活用すれば、プロセス結果が向上し、統合の手間が減少します。スキャナー加工用のスキャナー光学系、溶接と切断用の焦点合わせ光学ユニット並びにセンサーを、一連のラインナップの中から選択することが可能です。その結果、完璧に調和のとれたソリューションパッケージが得られ、これまで以上に信頼性の高いプロセスが実現します。世界をリードするレーザ/レーザ装置メーカーである当社のグローバルサービスと包括的なテクニカルサポートを利用すれば、安心感が更に高まります。

インダストリー4.0に対応可能

未来のネットワーク化に向けて大きな一歩を踏み出すことができます。レーザをOPC / UA経由で接続すれば、標準型の確実なソリューションが実現します。Factory Gateでは複数の装置をネットワークに統合することができ、拠点が複数にまたがっている場合でも問題ありません。また、Condition Monitoringを利用すれば、全レーザコンポーネントに関する完全な透明性がいつでも得られます。更に、Precision Time Protocolによって、全センサーの正確な調整が保証されます。そして、万が一想定外の事態に陥った場合には、当社のサービス係からリモートアクセスによるサポートをいつでも快適に得ることができます。

高品質のプロセス結果

要件の高い最新のアプリケーションでは、数時間だけでなく、何年にもわたって安定したプロセス結果が求められます。アクティブ出力制御機能を備えたTruFiber Pレーザでは、比類のないプロセス安定性が短期間だけでなく長期間にわたって得られます。

TruFiber P、TruControlプロセス制御
信頼性の高いプロセス制御

TruControlを使用すれば、レーザ性能をいつでも確実にフル活用することができます。統計に基づいて、レーザの活用状況を正確に分析して最適化することが可能です。また、レーザの状態に関する情報がセンサーから提供されます。そのため、プロセスが確実に長期間にわたって最適に進行していることを確認することができます。

PFOスキャナー光学系3Dによるスキャナー溶接

自動車産業でのスキャナー溶接

高出力ファイバレーザの卓越したビーム品質と、幅広いスキャン領域に対応可能な当社のスキャナー光学系を組み合わせることで、高い加工品質が得られるだけでなく、三次元パーツの溶接も簡単に実現します。

TRUMPFレーザー溶接用途 パワートレイン

トランスミッションの溶接

最大6 kWの出力、ファイバから得られる高いビーム品質と小さいコア直径が特長のTruFiber Pレーザは、深穴溶接に理想的です。最先端のトランスミッションでは更なる小型化と軽量化が求められていますが、出力低下は避けなければならず、パーツが異種金属製であることが少なくありません。ファイバレーザテクノロジーはこの状況に適したソリューションであり、正確で高強度の溶接シームを生み出して、出力に関連するパーツを経済的に生産することが可能になります。

TRUMPF 銅溶接 ヘアピン

電気モータ用ヘアピンの溶接

ユーザーは、電気伝導率が良好な高強度の接合を一定の品質で得ることができます。ヘアピンの溶接では、正確な継目と最高レベルの品質が高度なセンサーによって保証されます。このレーザ溶接プロセスは再現性が高いため、大量に連続生産する場合でもそれが実現します。

TRUMPFアプリケーション バッテリーセルのバスバー溶接

バッテリー技術での溶接

バスバー溶接では、バッテリー製造の工程内で個々のセルを接合してモジュールやパックにします。バスバーとは導体棒のことです。レーザを使用すれば、このプロセス内で様々な材料を組み合わせることができ、Al/AlやCu/Cuだけでなく、Al/Cuなどの異種材料も組み合わせ可能になります。ここでは高い再現性、わずかな入熱量、そして指定通りの溶接深さが重要な役割を果たしますが、TruFiber Pファイバレーザソリューションではこれらがすべて保証されます。

TRUMPF医療技術 レーザー溶接した内視鏡

医療技術用途向けの正確な溶接

医療技術ほど精度が重要な分野はありません。TruFiber Pを使用すれば、例えば内視鏡器具の製造などで、再現性の高い高品質の溶接シームが追加加工なしで得られます。

レーザーメタルフュージョンによる部品製造

レーザメタルフュージョン (3Dプリント)

レーザーメタルフュージョン (LMF) は積層造形法の一種であり、レーザが粉末床上にある金属を選択的に溶融することで、加工品が一層毎に造形されます。歯科、医療技術、航空宇宙産業や自動車産業などの業界では、設計自由度、材料の削減や軽量化などの利点が役立っています。TruFiber P製品群のシングルモードレーザは、金属3Dプリントに理想的なツールです。

TruLaser Cell 7000シリーズによるレーザ肉盛溶接

カスタマイズ型の表面加工とパーツ修復

積層造形法の一種であるレーザ肉盛溶接 (LMD) では、加工パーツのその後の用途に最適な特性を有する高品質のコーティングとカバーが生み出されます。また、損傷又は摩損した表面に構造を築いて、高品質コンポーネントを修復することも可能です。レーザが局所的で精密な熱源として機能することで、充填材 (粉末やワイヤ) が溶融され、パーツ表面に密着します。レーザ加工法は安定性と精度が高いため、表面の最終的な形状を得る上で機械による追加加工を施す必要が最低限に抑えられます。マルチモード高出力レーザTruFiber P、調整済みの焦点合わせヘッドと特殊LMDノズルの組み合わせが、多才なLMDシステムの基盤になっています。

レーザーパラメータ          
加工品のレーザ出力 3000 W 3000 W 3000 W 4000 W 4000 W 4000 W 6000 W 6000 W 6000 W
定格出力時の電源安定性タイプ ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 % ± 0.5 %
連続的に調整可能な出力範囲 60 W - 3000 W 60 W - 3000 W 60 W - 3000 W 80 W - 4000 W 80 W - 4000 W 80 W - 4000 W 120 W - 6000 W 120 W - 6000 W 120 W - 6000 W
ビーム品質 2.1 ± 0.3 mm▪mrad - 8 ± 1 mm▪mrad 2.1 ± 0.3 mm▪mrad - 8 ± 1 mm▪mrad 2.1 ± 0.3 mm▪mrad - 8 ± 1 mm▪mrad
シャフトの長さ範囲 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm 1069 nm - 1077 nm
レーザ光ケーブルの直径 50 μm 100 μm 200 μm 50 μm 100 μm 200 μm 50 μm 100 μm 200 μm
レーザ光ケーブルの長さ 20 m 20 m 20 m 20 m 20 m 20 m 20 m 20 m 20 m
構成          
600 mm 600 mm 600 mm 600 mm 600 mm 600 mm 600 mm 600 mm 600 mm
高さ 1000 mm 1000 mm 1000 mm 1000 mm 1000 mm 1000 mm 1000 mm 1000 mm 1000 mm
深さ 1146 mm 1146 mm 1146 mm 1146 mm 1146 mm 1146 mm 1146 mm 1146 mm 1146 mm
設置状況          
周辺温度 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C

TruControl

TruControlはTRUMPF固体レーザ向けの迅速で操作しやすいコントローラです。レーザ出力をリアルタイムで制御し、再現性のある結果を実現します。追加モジュールはTruFiberの要求に合わせた専用設計です。例えばCutAssistは、レーザパラメータをガイド装置の速度に合わせて自動調整します。製品のトレーサビリティを保証するために、データ保管モジュールに品質に関連する全データを記録します。
外部コントローラがある場合、TruControlは一般的なインタフェースを介してそれらと通信します。入力は操作パネルのタッチスクリーン又はパネルPCを介して行われます。イーサネットを介してレーザ装置をネットワークに組み込み、複数のPCを接続することが可能です。

SmartTeachアプリケーション

PFO SmartTeachアプリケーションにより、スキャナー光学系 (PFO) のレーザプログラムを素早く作成することができます。レーザ溶接、レーザカッティングやレーザクリーニングなどを問わず、直接部品で快適にティーチングすることができます。この際、PFOスキャナー光学系の内蔵カメラが、ライブ画像をアプリケーションに転送します。PFO SmartTeachを使用することにより、セットアップ時の貴重な時間を節約することができ、部品によっては従来のティーチングと比較して最大50 %まで時間を短縮できます。

レーザ出力制御

100 %安定したプロセス結果: 統合型レーザ出力制御が出力をリアルタイムで、+/- 1 %の精度で測定して制御します。これにより、常に同じプロセス結果が得られます。ここでのレーザ出力の制御は、環境条件に左右されることなく行われます。TruFiberは極めて堅牢なコンセプトで設計されているため、妨害要因や外側の負荷に対して極めて高い耐性を有しています。

VariMode des TruFiber P
VariModeによるビーム最適化

VariMode機能を利用すれば、ファイバレーザ (3 kW以上でファイバ100 μm) のビーム特性をそれぞれの用途に合わせて調整することができます。ビームパラメータ積 (BPP) だけでなく、ビームプロファイルと加工品上でのパワー密度も変更することが可能です。ビームプロファイルが動的に制御可能であるため、極めて大きなメリットがもたらされ、加工ステップの「オン・ザ・フライ」変更が実現し、生産速度を高め、コストを削減し、一連の切断/溶接用途でプロセス品質を向上することが可能になります。

高度に制御された加工品

独自のインタフェースを介して、高度な光学ユニットをレーザ装置と同期化することができます。それにより、スキャナー光学系PFOを用途に合わせて最適に利用することができます。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行うことができます。例えばウォブル形状を、直接軌道形状に重ね合わせることができます。コントローラを追加する必要はありません。

豊富なインタフェースにより簡単に統合可能

TruFiberレーザを機械または生産ラインに統合する際には、インタフェースが大きな役割を果たします。そのためTRUMPF固体レーザでは、あらゆる一般的なフィールドバスシステムに対応するインタフェースを提供しています。その他の入手可能な装備: リアルタイムインタフェース、パラレルデジタルI/O、プロセスセンサー用インタフェース、OPC UA ソフトウェアインタフェース、アナログ入力カード、インテリジェントなTRUMPF光学ユニット (CFO、PFO) 用インタフェース。

リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、リモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、この方法で異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

環境条件の拡張

レーザは環境から保護され (保護等級IP54)、制御盤の空調が内蔵されており、クーラント温度の仕様範囲が幅広いため、TRUMPFのTruFiber Pは様々な環境条件下で確実に使用することができます。

画像処理システム

TRUMPFの画像処理VisionLineは部品の特徴を検出し、確実に正しい場所を溶接するようにします。

画像処理システム、VisionLine Basic
VisionLine Basic

レーザの焦点にレチクルが設けられているデジタルカメラ画像は、加工品の観察やティーチングの際のサポートとなります。

VisionLine Detectによる特徴検出
VisionLine Detect

特徴認識により、画像処理プログラムを簡単に製造プロセスに統合できるようになります。

キャリブレーションツール

TRUMPFのキャリブレーションツールCalibrationLineは、部品の焦点位置とレーザ出力を個別に定義可能な一定の間隔で点検及び修正します。

画像処理システム、VisionLine Basic
VisionLine Basic

レーザの焦点にレチクルが設けられているデジタルカメラ画像は、加工品の観察やティーチングの際のサポートとなります。

VisionLine Detectによる特徴検出
VisionLine Detect

特徴認識により、画像処理プログラムを簡単に製造プロセスに統合できるようになります。

スキャナー光学系

スキャナー光学系によるスキャナー溶接/切断。TRUMPFの堅牢な焦点合わせ光学ユニットを使用すれば、高品質の加工結果を確実に得ることができます。

Programmierbare Fokussieroptik PFO 14
PFO 20

Schweißen und Bohren mit der programmierbaren Fokussieroptik PFO

PFO 33-2

PFOスキャナー光学系PFO 33-2によるスポット溶接やアーク溶接

焦点合わせ光学ユニット

TRUMPFの堅牢な焦点合わせ光学ユニットにより、溶接、切断、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質の加工結果を確実に得ることができます!

加工光学ヘッドBEO D50
BEO D50

頑丈でコンパクトな光学系

観察用カメラ、クロスジェットとリニアノズルを搭載した焦点合わせ光学ユニットBEO D70
BEO D70

長い作業距離と小さい焦点直径を両立

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

問い合わせ
ダウンロード
サービス & お問い合わせ