TruFiber 2000の製品イメージ
TruFiber 2000の製品イメージ
ファイバレーザ

TruFiber

シングルモードファイバレーザ

シングルモードファイバレーザ

TRUMPFのシングルモードファイバレーザTruFiberでは非常に高いビーム品質が得られます。そのため、極めてダイナミックな溶接/切断プロセスが実現します。しかもそれでありながら熱影響部が小さめであり、精緻な構造も加工可能です。またこのレーザは、光線振動 (ウォブル) を伴う溶接でも威力を発揮します。その際には深めの溶接深さが得られ、シーム幅も可変であり、加工品が最適な品質で仕上がります。TruFiberの使用分野例は、エレクトロモビリティ、電気工学、エレクトロニクス、精密加工と医療技術です。

包括的なソリューションを一手に提供

TRUMPFでは、レーザ、コントローラ、ビームガイド、加工光学ヘッドとセンサーが相互に合わせて最適に調整済みであり、それらを巧みに組み合わせることが可能です。

100 %安定したプロセス結果

TruFiberは極めて堅牢なコンセプトで設計されているため、妨害要因や外側の負荷に対して高い耐性を有しています。

ウォブルレーザ溶接

レーザ光線の振動により、溶接形状と溶接シーム品質に好影響がもたらされます。

高度な制御機能を搭載

TruFiberでは幅広い統合が可能であり、高度なコントローラTruControlが備わっています。

極めて高いレーザ安全性

機械/設備製造業者は、レーザ装置のオペレータの安全を確保する責任を負います。TruFiberの魅力は最高レベルの安全性です。

インダストリー4.0に向けて最適化

生産プロセスの分析と制御

TruFiber 2000とPFOスキャナー光学系
すべてを1つのメーカーで

リモート加工に適したスキャナー光学系をお探しですか?部品で検出する必要のある特徴に基づいたレーザプロセスの位置調整をお考えですか?レーザ出力が1万個目の部品でも確実に安定していることを確認したいとお考えですか?光ファイバや光学ユニットのためにわざわざ冷却装置を購入することは避けたいとお考えですか?ロボット制御によるレーザプロセスの実現をお考えですか?これらの、そしてその他の数多くの用途向けに、TruFiberと周辺機器は包括的なソリューションを提供しています。

TruFiberバージョン - 19インチ、スタンドアロン、ローラー付き
ご自分に合ったタイプをお探しください

設備コンセプトに合ったTruFiberモデルをお選びください。例えば、レーザを制御キャビネット内に取り付けてスペースを節約することも、またはその隣に自由自在に配置することもできます。その際には1 kW以下であれば、チラーをレーザキャビネットに統合してスペースを節約することが可能です。

Smart View Services
インダストリー4.0に向けて準備万端

TruFiberの導入は、スマートファクトリーに向けた大きな一歩を意味します。レーザをOPC/UA経由で接続することができるため、標準化された安全で独立型のファイバレーザネットワークが最適な状態で確実に実現します。Factory Gateでは複数の装置をネットワークに接続することができるため、拠点が複数にまたがっている場合でも問題ありません。またCondition Montoringを使用することで、ダッシュボードを介して全レーザ状態に関する完全な透明性が常に得られます。更にPrecision Time Protocollでは、全センサーとリモートアクセスを時間的に正確に合わせて、どこからでもサービスを快適に行うことができます。

TruFiber 1000の背面
冷却装置を内蔵

加工光学ヘッド及び光ファイバコネクタは、レーザの冷却水を介して簡単かつ快適に冷却することができます。TruFiberの背面には、それに対応した冷却水排出口が備わっています。そのため、光学ユニット又は光ファイバ用の別の冷却装置は必要ありません。

TRUMPF固体レーザでのパフォーマンスレベルe
パフォーマンスレベルe

パフォーマンスレベルeでは、緊急停止安全回路のスイッチオフ/オン時間をそれぞれ25 msと90 msに短縮することができます。この迅速なオン/オフにより、特に搬送時に安全回路を開く必要がある部品を製造する場合に、設備のタクトタイムが短縮されます。

バッテリー技術での溶接

バッテリー技術での溶接

TruFiberはエレクトロモビリティでの多種多様なタスクに適しています。極めて優れたビーム品質は、例えばセルコネクタなどの異素材結合部を溶接する場合などに役立ちます。バスバーを溶接する際には、TruFiberでの高密度を活かして溶接深さを向上させることが可能です。

ウォブル溶接

ウォブル溶接

レーザ光線の振動と前進を同時に行うことで、プロセスで多種多様な利点が得られ、自由度が更に高まります。例えば、溶接シーム品質が向上し、シーム幅の調整が可能になり、溶接深さが均一になります。

電気モータ用ヘアピンの溶接

電気モータ用ヘアピンの溶接

電気モータ用ヘアピンのサイズとその加工に対する要件によっては、そのタスクにTruFiberが適している場合があります。接合間隙に沿ってレーザ光線を位置決めする際には、画像処理システムVisionLineとPFOスキャナー光学系がサポートします。

レーザカッティングによるチタンインプラントシステム

精密切断

卓越した収束性を誇るTruFiberでは、極めて精密でダイナミックな加工結果と精緻な構造が得られ、同時にプロセス時間も最適化されます。

精密溶接

例えば電子部品の継ぎ目を溶接する際にTruFiberをツールとして選択することで、加工品への入熱が必要最低限に抑えられ、極めて精緻な溶接シームが仕上がります。

-/-
レーザーパラメータ     
加工品のレーザ出力 500 W 1000 W 1500 W 2000 W
定格出力時の電源安定性タイプ ± 1 % アクティブパワーコントロール ± 1 % アクティブパワーコントロール ± 1 % アクティブパワーコントロール ± 1 % アクティブパワーコントロール
連続的に調整可能な出力範囲 15 W - 500 W アクティブパワーコントロール 30 W - 1000 W アクティブパワーコントロール 45 W - 1500 W アクティブパワーコントロール 60 W - 2000 W アクティブパワーコントロール
波長 1075 nm ± 7 nm 1075 nm ± 7 nm 1075 nm ± 7 nm 1075 nm ± 7 nm
レーザ光ケーブルの直径 26 μm 26 μm 26 μm 26 μm
レーザ光ケーブルの長さ - - 10 m 10 m
構成     
寸法、コンパクトバージョン(幅 x 高 x 奥) 448 mm x 568 mm x 705 mm 448 mm x 568 mm x 705 mm 448 mm x 568 mm x 896 mm 448 mm x 568 mm x 896 mm
寸法、スタンドアロンバージョン(幅 x 高 x 奥) 600 mm x 1600 mm x 850 mm 600 mm x 1600 mm x 850 mm - -
最大レーザ光ケーブル数 1 1 1 1
設置状況     
周辺温度 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C 5 °C - 45 °C
TruControlコントローラによる直感的な操作

TruControl

TruControlはTRUMPF固体レーザ向けの迅速で操作しやすいコントローラです。レーザ出力をリアルタイムで制御し、再現性のある結果を実現します。追加モジュールはTruFiberの要求に合わせた専用設計です。例えばCutAssistは、レーザパラメータをガイド装置の速度に合わせて自動調整します。製品のトレーサビリティを保証するために、データ保管モジュールに品質に関連する全データを記録します。

外部コントローラがある場合、TruControlは一般的なインタフェースを介してそれらと通信します。入力は操作パネルのタッチスクリーン又はパネルPCを介して行われます。イーサネットを介してレーザ装置をネットワークに組み込み、複数のPCを接続することが可能です。

SmartTeachアプリケーション

PFO SmartTeachアプリケーションにより、スキャナー光学系 (PFO) のレーザプログラムを素早く作成することができます。レーザ溶接、レーザカッティングやレーザクリーニングなどを問わず、直接部品で快適にティーチングすることができます。この際、PFOスキャナー光学系の内蔵カメラが、ライブ画像をアプリケーションに転送します。PFO SmartTeachを使用することにより、セットアップ時の貴重な時間を節約することができ、部品によっては従来のティーチングと比較して最大50 %まで時間を短縮できます。

TRUMPFは、お客様の既存の固体レーザを設置状況や動作状況に柔軟に適合させることができます。これはあらゆるビームガイドコンポーネント及び制御で実施できます。レーザの冷却でもいくつかのオプションがあります。様々な光学ユニット用のインタフェースは、初めからすでに装備されています。TRUMPFリモートサービスは、場所や時間を問わず、お客様の設備稼働率を確保するためのサポートとなります。

TruFiberファイバレーザのレーザ出力制御
レーザ出力制御

100 %安定したプロセス結果: 統合型レーザ出力制御が出力をリアルタイムで、+/- 1 %の精度で測定して制御します。これにより、常に同じプロセス結果が得られます。ここでのレーザ出力の制御は、環境条件に左右されることなく行われます。TruFiberは極めて堅牢なコンセプトで設計されているため、妨害要因や外側の負荷に対して極めて高い耐性を有しています。

TruFiber 1000コンプレッサー冷却器
統合型コンプレッサー冷却器

スタンドアロンモデルでは、最大1 kWのターンキーキャビネット型レーザユニット一式が、水・空気コンプレッサー冷却装置が内蔵された状態で提供されます。装置全体の設置面積がコンパクトであるため、簡単にレーザ装置に統合することができます。

高度に制御された加工品

独自のインタフェースを介して、高度な光学ユニットをレーザ装置と同期化することができます。それにより、スキャナー光学系PFOを用途に合わせて最適に利用することができます。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行うことができます。例えばウォブル形状を、直接軌道形状に重ね合わせることができます。コントローラを追加する必要はありません。

豊富なインタフェースにより簡単に統合可能

TruFiberレーザを機械または生産ラインに統合する際には、インタフェースが大きな役割を果たします。そのためTRUMPF固体レーザでは、あらゆる一般的なフィールドバスシステムに対応するインタフェースを提供しています。その他の入手可能な装備: リアルタイムインタフェース、パラレルデジタルI/O、プロセスセンサー用インタフェース、OPC UA ソフトウェアインタフェース、アナログ入力カード、インテリジェントなTRUMPF光学ユニット (CFO、PFO) 用インタフェース。

リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、リモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、この方法で異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

環境条件の拡張

TRUMPFのTruFiberは気候が過酷な地域でも信頼性の高い使用が可能です。例えばファイバレーザの熱帯仕様の場合、32 ℃で100 %の相対湿度まで対応します。

画像処理システム

TRUMPFの画像処理VisionLineは部品の特徴を検出し、確実に正しい場所を溶接するようにします。

画像処理システム、VisionLine Basic
VisionLine Basic

レーザの焦点にレチクルが設けられているデジタルカメラ画像は、加工品の観察やティーチングの際のサポートとなります。

VisionLine Detectによる特徴検出
VisionLine Detect

特徴認識により、画像処理プログラムを簡単に製造プロセスに統合できるようになります。

VisionLine Project
VisionLine Project

TRUMPFの追加サービスパッケージでは、複雑な画像処理タスク向けのコンプリートソリューションを提供しています。

キャリブレーションツール

TRUMPFのキャリブレーションツールCalibrationLineは、部品の焦点位置とレーザ出力を個別に定義可能な一定の間隔で点検及び修正します。

画像処理システム、VisionLine Basic
VisionLine Basic

レーザの焦点にレチクルが設けられているデジタルカメラ画像は、加工品の観察やティーチングの際のサポートとなります。

VisionLine Detectによる特徴検出
VisionLine Detect

特徴認識により、画像処理プログラムを簡単に製造プロセスに統合できるようになります。

VisionLine Project
VisionLine Project

TRUMPFの追加サービスパッケージでは、複雑な画像処理タスク向けのコンプリートソリューションを提供しています。

TRUMPFでは、レーザから加工品に至るまで、ビームガイドに必要となるあらゆるコンポーネントを提供しています。この他、様々な焦点合わせ光学ユニットも提供してしており、これらの光学部品の精度と信頼性は長年にわたり産業分野で実証されています。光学ユニットは、スタンドアロン型加工ステーションあるいは生産ライン内のどちらにも簡単に統合することができます。そのモジュール式構造により、光学ユニットはレーザタイプ及び様々な加工状況に適合させることができます。

スキャナー光学系

TRUMPFの堅牢な焦点合わせ光学ユニットにより、溶接、切断、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質の加工結果を確実に得ることができます!

TruFiberには、PFO 20などのTRUMPF加工光学ヘッドとの接続用インタフェースが備わってます。
PFO 14

スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

Programmierbare Fokussieroptik PFO 14
PFO 20

Schweißen und Bohren mit der programmierbaren Fokussieroptik PFO

PFO 33-2

スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection
Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.