You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

弊社の顧客Miethke GmbHのサクセスストーリー | TRUMPF

Christoph Miethke GmbH & Co. KG

www.miethke.com
Logo Miethke - TRUMPF Markierlaser

Christoph Miethke GmbH & Co. KGはポツダム市に拠点を置く医療技術会社で、水頭症患者のための革新的な脳神経外科用インプラントを開発しています。 90年代初頭に一つのアイデアから始まり、今日ではグローバルに事業を展開する企業にまで成長しました。19世紀の歴史的建造物の中、インプラントは最新の加工技術と緻密さで個別製造され、絶えず問題点を明確にしながら開発が加えられています。

Mitarbeiterzahl

200

Branche

Medizintechnik

Umsatz

15 Mio. €

さらに表示
アプリケーション
  • ブラックマーキング 金属のファインブランキング 金属(例: チタン、ステンレススチール、アルミニウム)、脆い硬質材料 (例: サファイア)、およびプラスチックのマーキング

超繊細なマーク、最高の品質 - マーキングレーザと医療技術の出会い

Christoph Miethke GmbH & Co. KGは、1992年に設立された同族企業で、水頭症の治療に焦点をあてた神経外科用インプラントを開発・製造しています。この病気では体内に吸収されるよりも多くの脳水が脳内に生成されます。外科的治療にはいわゆるシャントが使用されます。これは脳室カテーテル、弁、および体内を流れる排液カテーテルから成る排液システムです。Miethkeはチューブおよび脳水の排水を調節する細いバルブを製造しています。このハイテク医療技術でMiethkeは人生を再び価値のあるものにします。この考えが企業のすべての従業員に特別なやりがいを与えています。「我々の製品がどれだけ人々の助けになっているかを知ることが、日々ベストを尽くすための最高のモチベーションです。」Miethkeの研究&開発分野で機械技術者として従事するクリスチャン・グロイメスはこう言います。 課題 高い精度要求を満たす必要のある極小製品、湾曲した表面、大量製造、法的要件など、医療技術産業の課題は膨大です。Miethkeもまた、トレーサビリティの目的で自社のチタンバルブ上に恒久的に読取り可能な、耐腐食性のラベルを取り付ける必要があります。その際に重要となるのが、インプラントの生体適合性が損なわれることのないよう、材料に異物を付加しないことです。またバルブの大きさや形状もマーキングシステムの課題です。湾曲した表面をもつ極細バルブに、高品質のマーキングを安定して付けることができるのは、市場にあるシステムのうちほんのわずかです。また追跡可能でユニークなUDIマーク (ユニークデバイス識別) を大量のバルブに施すことも、Miethkeに課せられた挑戦です。なぜならレーザが製品の乗ったパレット全体を確実に自動でラベル付けしなければならないからです。

"高品質を生み出すには、高品質を生み出せる高品質製品を購入する必要があります。そこですぐにTRUMPFに相談することにしました。"

イェルク・クネーベル
品質管理課長

ソリューション レーザがMiethkeの多様な課題を最適に解決するツールであることはすでにお分りでしょう。その具体的な方法としてブラックマーキングが理想的であることを弊社は突き止めました。極度のパルスピークパワーにより表面構造のみが変化し、物質は除去されないからです。加工はほんの小さな熱影響ゾーンのみ非接触で行われるため、部品が変形することはなく、また金属構造もほぼ不変です。それによりチタン材の生体適合性が維持されてます。ブラックマーキングは、強く反射する手術用ライトの下でも読取り可能な埋込み方向を示す矢印といった、濃黒でコントラストの高いラベルをMiethke製バルブ上に作成します。ラベル以外にもMiethkeは、TRUMPFマーキングレーザの超短パルスを、バルブのマイクロテクノロジーコンポーネントのファインブランキングにも使用しています。TruMicro Markによって同社は両方の生産ジョブに理想的なソリューションを得ることができました。 実行 「同じ高さの目線での対話」MiethkeはTRUMPFとのパートナシップをこう表現します。"TRUMPFのアプリケーションエンジニアは&Miethkeと共同で、ディッツィンゲン市に所在するレーザ・アプリケーション・センター (LAC) において、完璧なサンプルパーツと最適なプロセスが完成するまで開発を続けました。この間、TRUMPFのアプリケーションエンジニアは多くの有用なノウハウをMiethkeに伝授し、これによって同社は将来的には独自にプロセスの開発・最適化を行うことが可能となりました。さらにTRUMPFは同社内のアプリケーションラボを訪問し、レーザの微調整および詳細なパラメータ設定をを行いました。 展望 協力、信頼、そしてTRUMPFの技術がすぐに廃れるものではないという認識。これらはMiethkeが「よし、TRUMPFは将来のパートナーになり得るだろう。そしてそれは現実となった。」と言う理由として十分です。医療技術メーカーの願いは長期的に最高の品質を生み出すことです。そのため同社の決定は当然のことでした。ポツダム市に拠点を置く同企業にとってTRUMPFは、医療技術における未来の要件と共に成長することができ、また新技術でMiethkeのポートフォリオ開発を進めることのできる重要なパートナーです。例えば将来的に同社はマーキングプロセスを中心とした統合データ処理を望んでいます。すでにTRUMPFはそのためのソリューションを提供しており、顧客の要件を最適にカバーすべく開発を続けています。

"TRUMPFからはアプリケーションコンサルティングを細部に至るまで受けることができましたが、これはとても重要であったと考えています。そのおかげで、レーザを極めて高いレベルでカスタマイズして、豊富なノウハウを獲得することができました。"

クリスティアン・グロイメス
R & Dプロジェクトリーダー
Produzierte und markierte Produkte mit dem TruMicro Mark von TRUMPF

弊社のマーキングレーザおよびマーキングレーザシステムの詳細をごらんください

- / -
問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax 045-931-7534
Eメール
サービス & お問い合わせ